桂由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かつら ゆみ
桂 由美
生誕 (1932-04-24) 1932年4月24日(85歳)
日本の旗 日本 東京府(現・東京都
出身校 共立女子大学
職業 ファッションデザイナー実業家
配偶者 結城義人(1972年 - 1990年、死別)[1]

桂 由美(かつら ゆみ、1932年4月24日 - )は、ブライダルファッションデザイナー実業家。本名:結城 雄美子(旧姓:満生)。株式会社ユミカツラインターナショナル社長、株式会社桂由美ウエディングシステム社長、一般社団法人全日本ブライダル協会会長、全米ブライダルコンサルタント協会名誉会員、アジアブライダル協会連合会会長、NPO法人地域活性化支援センター理事、アジア・クチュール協会創立メンバー[2]

人物[編集]

この節の参考:[2][3] 東京都出身。共立女子大学卒業後、パリに留学。1964年ブライダルファッションデザイナーとして活動開始。

おとぎ話や絵本が好きで、戦時中でも白馬の王子様や美しいお城が現れる世界が頭の中を占めていたという。

母は洋裁学校を営んでおり、長女である由美に家業を継いでほしかったらしいが、「洋裁が苦手なので全くその気はなかった」という。一時期演劇にのめりこむが、才能の限界を感じるようになり、芥川比呂志の言葉もあって大学進学を決意。やがてファッション業界に身を置く決心を固める。

そして「本物」のファッションを学ぶためパリに留学した際、ウェディングドレスに身を包んだ花嫁の姿を見て、ブライダルに特化したデザイナーになることを決意。帰国後、日本で初のブライダル専門店を開く。

1987年1月、パリにおいてグランドコレクションを挙行。

1993年に、ローマ法王へ祭服を献上。3か月後の復活祭で着用される。

その後もブライダルファッションの第一人者として活動している。

略歴[編集]

桂由美ブライダルハウス(乃木坂

政治活動[編集]

著書[編集]

  • 桂由美The First Class Wedding(2011年、ユミカツラインターナショナル/世界文化社発行)
  • 桂由美MAGIC(2008年集英社)
  • 世界基準の女になる!(2007年、徳間書店(2010年、PHP出版にて再版))
  • 出会いとチャンスの軌跡(2011年、カナリア書房)

その他[編集]

  • 2015年10月7日、ダンス&ボーカルユニット・BRIDGETがリリースした楽曲「君だけ愛してる」は、桂由美監修・全日本ブライダル協会推奨・恋人の聖地公式ウェディングソング。本作品の初期限定版ジャケットには桂の写真が使用されている[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 歴史が眠る多磨霊園・結城義人
  2. ^ a b c 桂由美の道しるべ”. 日経BizGate. 2017年11月18日閲覧。
  3. ^ ストーリー YUMI KATSURA OFFICIAL WEBSITE
  4. ^ 覚悟の瞬間「桂由美」
  5. ^ 協会について”. 一般社団法人日本フォーマル協会. 2017年11月18日閲覧。
  6. ^ 桂由美特命教授と学生のOur Wedding”. 千葉商科大学サービス創造学部 (2011年6月18日). 2017年11月18日閲覧。
  7. ^ a b 遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。
  8. ^ BRIDGETオフィシャルHP

外部リンク[編集]