鈴木史朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき しろう
鈴木 史朗
(鈴木 史郎)
プロフィール
本名 鈴木 史朗
愛称 史朗さん
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市北区
生年月日 1938年2月10日(78歳)
血液型 AB型
最終学歴 早稲田大学法学部
所属事務所 キャスト・プラス
職歴 TBSアナウンサー、テレビディレクター、記者など(1962年 - 1998年)
活動期間 1962年 - 1970年1983年 -
(アナウンサーとして)
ジャンル 報道・バラエティ・ナレーション
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
過去 JNNスポーツ&ニュース
さんまのSUPERからくりTV』(ご長寿早押しクイズ)
水戸黄門』(ナレーター)
など
備考
1970年7月より制作部・契約部(1974年2月)・報道局ニュース部(1975年8月)と異動を重ね、1989年1月にアナウンス部へ復帰(ただし、アナウンス部署を離れた間も番組に出演することはあった)。

鈴木 史朗すずき しろう1938年2月10日 - )は、日本のアナウンサータレントである。京都府京都市北区上賀茂神社社家神社を守護する武士家系出身である[1]血液型AB型TBS在職ののち、フリーアナウンサーとなる。

本名は同じ[2][3]だが、TBS在職当時より冒頭表記[4][5]と「鈴木 史郎」表記[6][7][8][9][10][11][12]の両方が見られる。愛称は「史朗さん」。

来歴・人物[編集]

父親が日中貿易会社を設立し、幼少期は仕事関係から中国大陸で暮らす[1]第二次世界大戦の終戦後は、父親が無実のスパイ容疑をかけられ中国政府に拘束、強権的に財産没収を受ける[1]。そのため母親と妹2人の4人で日本へ引き揚げることとなり、北京から天津の港まで約120kmを徒歩で移動したという[1]佐世保に着いた時、黄砂で空も空気も黄色く濁っていた中国に比べて、日本は「こんなにもきれいな国があるのか。天国みたいだ」と思ったと回想している[13]

京都市立紫野高等学校在学時は陸上競技部に所属し、三段跳で活躍。早稲田大学法学部[14]へ進学し、放送研究会に所属。会友には露木茂大沢悠里らがいた。卒業後の1962年4月にTBSへ入社し、アナウンス室に配属される(アナウンサー第8期生[15][16])。1963年に初の衛星中継を担当したが、それが日本時間11月23日ジョン・F・ケネディ暗殺(ケネディ大統領暗殺事件)の一報であった。

1966年1月よりラジオ局放送部兼テレビ編成局アナウンス部[16]、1967年11月よりラジオ局第一制作部兼アナウンサー研修室付[16]、1969年3月よりラジオ局放送部兼第一制作部兼第二制作部兼アナウンサー研修室付[16]にそれぞれ配属された。

1970年7月よりテレビ本部制作局制作部[16]に配属され、アナウンス職から離れる[17]。同制作部時代には。番組制作ディレクターを務めた[14]。以後、1974年2月より編成局契約部[16][17]1975年8月より報道局ニュース部[16][17]1977年11月ラジオ本部ラジオ局ラジオニュース部[16]1980年4月テレビ本部報道局編集部兼ラジオニュース部[16]1989年1月より報道総局アナウンス部兼報道局編集部兼ラジオ総局情報制作局ニュース・情報センター部[16]、1991年5月よりアナウンスセンター兼報道局にそれぞれ配属された[16]

その間、報道局時代には社会部記者[3][18][17]を務めた。報道局時代の1983年には、アナウンス活動へ復帰している[19](同年にアナウンス部へ復帰したとする文献[3]もあるが、誤り[16])。のちにアナウンス副部長も務めた[19]。アナウンサーとしては、報道番組の他にバラエティにも出演[19]。『さんまのからくりTV』内コーナー『ご長寿早押しクイズ』の司会者として人気を得た[19]

1998年2月に60歳で、TBSを定年退職[15][16]後、翌月よりフリーアナウンサーとなる。その一方、歌手俳優モデルテレビゲームとあらゆる分野に挑戦、講演活動を中心に活躍している。1999年には『想春譜』で歌手デビューを果たし[3]、同曲は約6万枚の売上を記録した[20]2002年には舞台俳優として『新演歌の花道』へ初出演した[3]

2000年、主にTBSアナウンサーOBのマネジメントを行う事務所であるクリエイティブ・メディア・エージェンシー(CMA。2010年7月より、キャスト・プラス)と契約[21]

趣味[編集]

テレビゲーム
TBSアナウンサー当時の1992年に発行された『TVスター名鑑』では、趣味・特技欄に「スーパーファミコン」と記されている[5]
バイオハザード』シリーズの大ファンで全作所有している。夜中にプレイする際は、妻に迷惑をかけないようにヘッドフォンをつけているという。『バイオハザード4』の最高難易度は容易にクリアーでき、比較的難易度の高いおまけステージ(Wii版のTHE MERCENARIES)では20万5370点という高得点を記録している[22]。好きなバイオハザードの登場人物はジル・バレンタインで、「彼女に惚れて、ずっとジルでプレーしている」と語っている[23]。同ゲームシリーズをクリアした加山雄三とは同好の士として情報交換している[14]。『からくりTV』ではスコアアタックモードをプレイしながら話した。Gyao特集『バイオハザード:ディジェネレーション 鈴木史朗レポート』では、本人のメモリーカード持参でニンテンドーゲームキューブ版『バイオ4』の腕前を披露している。2008年の東京ゲームショウで行われた「クリエイターズトークショウ」にて、一緒に司会を務めた有野晋哉に対して、「これからバイオハザード4を始めるなら、ナイフ攻撃が他の機種より0.5秒程速く出るWii版がオススメです」と発言し、有野を驚かせた[24]
カラオケ
ひとりカラオケ」は局アナ時代からの趣味のひとつである[25]。レパートリーは比較的古い時代の曲を中心とするが、『千の風になって』も好んで歌っている[25]。受付で一人での来店を告げるときは、「ちょっと爽やかな気持ちになる」[25]としており、「ひとりカラオケ」に対して気恥ずかしさは感じていない。「ひとりカラオケ」の効能として、鈴木は孤高の境地を得たことを挙げており、「ひとりで技を極める武士道にも通じます」[25]と語っている。

エピソード[編集]

ゲームを趣味としていることから反射神経が鍛えられ、自動車免許更新時の実習で高得点を出し教官から「あまりに反応が早すぎて逆に危険」と注意を受けるほどだった[26]

月刊誌『WiLL』2011年4月号に南京大虐殺否定論を寄稿。

名探偵コナンに、同名で、自身をモチーフとしたキャラクターが登場している。

活動リスト[編集]

出演番組[編集]

TBSアナウンサー時代[編集]

テレビ番組(報道・情報・ドキュメント)

報道情報番組のメインキャスターの経験はなく、もっぱら単独で土曜日夜のニュースを延べ14年間(日曜日夜は4年間)担当していた。

テレビ番組(音楽・クイズ・バラエティ)
テレビ番組(ドラマ)
テレビ番組(アニメ)
テレビ番組(ノンジャンル)
ラジオ番組

フリー転身後[編集]

※下記は、いずれもテレビ番組。

CM[編集]

著書[編集]

  • 鈴木史朗の健康道場 ご長寿TVで超寿のコツ(小学館文庫)

ディスコグラフィ[編集]

  • 想春譜(1999年8月25日、ガウスエンターテイメント)
  • 月と盃/生命ほとばしる(2001年6月27日、ポリドール)
  • 大江戸線音頭(2003年6月25日、日本クラウン)
  • 農家の唄(1999年6月21日、バップ。「所ジョージ&ダーツダックス」として発表)

その他[編集]

所属事務所[編集]

  • シーエムエー(1999年当時[2]
  • クリエイティブ・メディア・エージェンシー→キャスト・プラス(2000年 - )

出典[編集]

  1. ^ a b c d 週刊ポスト2013年11月8・15日号「鈴木史朗氏『国のためにとサムライ母に厳しく育てられた(2013年11月07日)』 NEWSポストセブン 小学館 2015年08月17日閲覧
  2. ^ a b 参考:『1999年版 日本タレント名鑑』(1999年4月21日、VIPタイムズ社発行)ISSN 1343-8263
  3. ^ a b c d e 2005年当時、スポニチアネックス内芸能タレント名鑑に掲載されたプロフィール - インターネットアーカイブ2005年4月5日付保存キャッシュ
  4. ^ a b c 週刊読売』1985年10月13日P139に掲載の、キャスター・アナウンサー名鑑。
  5. ^ a b c d TVスター名鑑』(『TVガイド』臨時増刊1992年10月15日号)P149
  6. ^ a b TBSラジオ番組表(昭和41年=1966年4月21日現在)…PDFファイルTBSラジオ開局60周年記念特設サイト『ラジオ東京スピリッツ』より)。日曜12:10 - 13:00の『今週のベストテン』を参照。「湯川れい子」「鈴木史郎アナウンサー」の記述あり。
  7. ^ a b TBSラジオ番組表(昭和43年=1968年4月現在)…PDFファイルTBSラジオ開局60周年記念特設サイト『ラジオ東京スピリッツ』より)。月 - 土曜15:20 - 15:50の『マツダ・ミュージック・ラリー』(「八代英太」「鈴木史郎アナウンサー」の記述あり)および日曜15:00 - 15:30の『マツダミュージック・ラリー』(「鈴木史郎」の記述あり)をそれぞれ参照。
  8. ^ 『TBS50年史』各種資料(資料編内掲載アナウンサーの活動記録・付録DVD「ハイブリッド検索編」に収録のPDF文書『TBSアナウンサーの動き』、同DVDに収録のラジオ番組・テレビ番組出演者別リスト)より参照。なお、先述DVDにPDFファイルとして再録された、1976年12月14日(報道局ニュース部社会班在職当時)発行の社内報『TBS社報』NO.437掲載記事『TBS紳士録』最終回(6回目)11ページ、1991年6月(アナウンスセンター兼報道総局在職当時)発行の社内報掲載記事『all TBS紳士・淑女録』第10回33ページ(アナウンスセンターの巻)でもそれぞれこの表記で紹介された。
  9. ^ TBS在籍当時のホームページ内プロフィール(外部リンク参照)
  10. ^ 『バイオ』15周年に、紗綾さん&鈴木史郎さん登場【TGS 2011】 - デジタル - 日経トレンディネット(2011年9月18日)
  11. ^ 外部リンク(タブ・ハウスのホームページ内インタビューのプロフィール)。
  12. ^ 日本民間放送連盟編『民間放送全職員人名簿 各年度版』(岩崎放送出版社)
  13. ^ 鈴木史朗「こんなにもきれいな国、天国みたいだ」、WiLL (雑誌) 2015年7月号
  14. ^ a b c 外部リンク(タブハウス)を参照。
  15. ^ a b c d e 『TBS50年史』資料編P237を参照。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『TBSアナウンサーの動き』P15
  17. ^ a b c d 1976年12月14日発行の社内報『TBS社報』NO.437掲載記事『TBS紳士録』最終回(6回目)11ページに掲載された鈴木の紹介文(報道局ニュース部の一員として掲載)より、「鈴木史郎。アナウンサー生活八年。テレビ制作から契約部を経て社会班に。」との記述あり。
  18. ^ 『元気の源泉』NO.37(外部リンク。TBSホームページ内同名番組公式サイト)より、社会部記者を務めたことが記されている。
  19. ^ a b c d e 『テレビ・タレント人名事典』より、「鈴木史朗」の項目を参照。
  20. ^ あの人は今こうしている 元TBSアナ鈴木史朗さんは今…ゲームの腕が「神の領域」に日刊ゲンダイ、2014年7月28日。
  21. ^ 『2013年度版芸能界ベストセレクション』P92掲載「(株)キャスト・プラス」の情報。
  22. ^ 元TBSアナ鈴木史朗さんは今…ゲームの腕が「神の領域」に”. yahooニュース (2014年7月28日). 2014年7月29日閲覧。
  23. ^ バカタール加藤のアノ人に聞きたい!”. ファミ通 (2009年). 2011年6月4日閲覧。
  24. ^ 有名クリエイターの生の声をお届け! 大盛況の「クリエイターズトークショウ」”. 電撃オンライン (2008年10月12日). 2011年6月4日閲覧。
  25. ^ a b c d 鈴木史朗「ひとりカラオケで孤高の境地を知る」『週刊朝日』114巻18号、朝日新聞出版2009年4月24日、40頁。
  26. ^ “異様な高得点を叩き出すシルバーゲーマーとして若者たちのリスペクトを一身に集めている”. ゲンダイネット. (2011年2月28日). http://web.archive.org/web/20110702180123/http://gendai.net/articles/view/geino/129109 2011年3月5日閲覧。  ※リンク先は、インターネットアーカイブ2011年7月2日付保存キャッシュ。
  27. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15では「JNNニュースデスク(86)」と明記。
  28. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15では「スポーツ&ニュース(93)」と明記。
  29. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15では「あなたにオンタイム〜史朗が行く〜」と明記。
  30. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15では「世界NO1クイズ」と明記。
  31. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15では「当たって25%」と明記。
  32. ^ TBS在職当時のウェブサイト内プロフィールでは「サンマのカラクリテレビ」、『TBS50年史』資料編P237では「さんまのカラクリTV」、『TBSアナウンサーの動き』P15では「サンマのカラクリTV」とそれぞれ表記。
  33. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15では「アッコにおまかせ」と明記。
  34. ^ 『TVスター名鑑』(『TVガイド』臨時増刊1992年10月15日号)P149のプロフィールでは、「金曜TVの星」と表記。
  35. ^ 『TBS50年史』資料編P237では「ミュージック・ラリー(1968)」、『TBSアナウンサーの動き』P15では「ミュージック・ラリー(68)」と明記。
  36. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15では「永六輔その新世界(97)」と明記。
  37. ^ 鈴木史朗さんらがゲストのXbox LIVE パーク「バイオハザード5 デイ」”. 4Gamer.net (2009年3月12日). 2011年6月4日閲覧。
  38. ^ 鈴木史朗アナ71歳の「神業」 「バイオハザード」攻略テク”. J-CASTニュース (2010年1月20日). 2011年6月4日閲覧。
  39. ^ CAPCOM:バイオハザード リベレーションズ 公式サイト|LOG BOOK 2012.01.26『祝・発売!』

参考文献[編集]

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
      • 『TBS社報』再録
        • 『TBS紳士録』最終回(1976年12月14日発行『TBS社報』NO.437より、P8 - 15に掲載)の再録
        • 『all TBS 紳士・淑女録』第10回(1992年6月25日発行『TBS社報』に掲載)の再録
  • 『テレビ・タレント人名事典』第6版(2004年、日外アソシエーツ発行・紀伊國屋書店発売) ISBN 4816918523
  • 2013年度版芸能界ベストセレクション(『oricon CREATEシリーズ』No.13。2012年、オリコン・エンタテインメントISBN 4871311120
  • 各種外部リンク

外部リンク[編集]

講演会講師派遣会社のプロフィール
CMA時代に掲載されたプロフィールの保存キャッシュ一覧(インターネットアーカイブより)
インタビュー