皇達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皇 達也(すめらぎ たつや、1941年5月4日 - )は、元・テレビ朝日プロデューサー、元・テレビ朝日サービス社長、元・東映監査役で ジャパン・コンテンツ・コンサルティング代表取締役社長。

広島県出身。父は元広島大学学長で教育学者(教育行財政学)の皇至道(すめらぎしどう)、叔父も東北大学名誉教授、後に玉川大学文学部長を務めた教育学者の皇晃之(すめらぎきらゆき)(教育行財政学が専門)[1]

来歴・人物[編集]

広島大学附属中学校・高等学校慶應義塾大学文学部卒業[1]。慶應在学中からNET(現・テレビ朝日)でアルバイトをし卒業後、同局入社(社員に登用)。

ドラマスタッフを経てバラエティ番組担当となりその後、同局の人気番組を手がける看板プロデューサーとして活躍。映画、演劇、新聞といったあらゆるジャンルから集まって、テレビという怪物に立ち向かった先輩たちを"テレビ第一世代"と名付け、自らを純粋テレビ育ちの"テレビ第二世代"を自認[1]

外部との交際が上手でないといわれたNETの社風を破り、プロダクションレコード会社、他局の同業者と交際を広げた[1]。その積極姿勢が実り、皇は萩本欽一タモリ武田鉄矢ビートたけしなど、当代のテレビスターの中でも、最もテレビ的なタレントを掌中に収め[1]、同時期に情報・報道系番組のプロデューサーとして活躍していた小田久栄門とともに「テレ朝の天皇」の異名を奉られた。

同局制作局長、スポーツ局長、事業局長などを経て1999年に取締役に就任。その後、子会社のテレビ朝日サービスに社長、顧問を経て現在はジャパン・コンテンツ・コンサルティング社長。一般社団法人日本美術アカデミー理事。Friends of the United Nations One Woman Campaign委員会特別顧問。株式会社北斎プロジェクト代表取締役会長。東京ガールズコレクション実行委員会特別顧問。東京メトロポリタンテレビジョン株式会社コンテンツアドバイザー。

略歴[編集]

  • 1964年昭和39年)4月、日本教育テレビ(現・テレビ朝日)入社[2]
  • 1993年平成5年)10月、スポーツ局長
  • 1996年(平成8年)2月、事業局長
  • 1997年(平成9年)6月、制作局長
  • 1998年(平成10年)9月、編成・制作副本部長、制作局長
  • 1999年(平成11年)6月、取締役編成・制作本部制作局長
  • 2000年(平成12年)2月、編成本部副本部長
  • 2001年(平成13年)6月、顧問、テレビ朝日サービス代表取締役社長
  • 2003年(平成15年)6月、東映株式会社監査役就任
  • 2006年(平成18年)6月、テレビ朝日サービス特別顧問
  • 2006年(平成18年)8月、株式会社ジャパン・コンテンツ・コンサルティング 代表取締役社長
  • 2010年(平成22年)6月29日、東映株式会社監査役退任[3]

担当した番組[編集]

レギュラー番組[編集]

スペシャル番組[編集]

  • ’79翔べ!!青春 森昌子熱唱

映画[編集]

その他[編集]

皇の元で育ったスタッフ[編集]

()内は現在の肩書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 伊東弘祐『ブラウン管の仕掛人たち―テレビ最前線・現代プロデューサー事情』日之出出版、1983年、53-60頁
  2. ^ 東映株式会社 第86期 有価証券報告書
  3. ^ 東映株式会社 第88期定期株主総会招集ご通知
  4. ^ 石塚千明が語る 怪物ランド・サーガ・エピソード4

参考文献[編集]

  • 伊東弘祐『ブラウン管の仕掛人たち―テレビ最前線・現代プロデューサー事情』日之出出版、1983年、53-60頁