ベストセラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベスト新書から転送)
Jump to navigation Jump to search
株式会社ベストセラーズ
KK Bestsellers
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
170-8457
東京都豊島区南大塚2丁目29番7号
設立 1967年11月10日
業種 情報・通信業
法人番号 5013301017748
事業内容 雑誌・書籍類の出版
代表者 塚原浩和[1]代表取締役社長
資本金 3千万円
売上高 91億円(2016年)[2]
従業員数 100名(2016年12月現在)
主要株主 株式会社ベストセラーズ・ホールディングス 100%[3]
主要子会社 株式会社ベストセラーズピーアール社
株式会社ハローケイエンターテインメント
株式会社インター通信社
株式会社ベストセラーズ倉庫
株式会社ベストセラーズメディアアソシエイツ
株式会社ワニ情報社
株式会社ケイエスティー
株式会社ベストメディア出版
株式会社ベストセラーズブックス社
関係する人物 岩瀬順三(創業者)
平田昌兵(元社長)
栗原幹夫(元社長・前会長)
菅原茂(元社長)
栗原武夫(前社長)
栗原慎典(前常務取締役)
外部リンク http://www.kk-bestsellers.com/
テンプレートを表示

株式会社ベストセラーズ(KKベストセラーズ)は、東京都にある出版社

河出書房新社の子会社河出ベストセラーズとして岩瀬順三1967年に設立。1990年に、経理担当の幹部だった栗原幹夫らがベストセラーズグループ(ワニマガジン社ワニブックス)を分割排除した。

類似した社名の株式会社ロングセラーズとは関係のない別会社である。

特徴[編集]

ワニのイラストがシンボルマークの中堅出版社。「ワニの本」の愛称で知られ、かつてはツービート『ツービートのわッ毒ガスだ―ただ今、バカウケの本』(1980年)や江本孟紀プロ野球を10倍楽しく見る方法』(1982年)など、大ヒット作を刊行。これらのタレント本は創業者であり野坂昭如の盟友だった編集者・岩瀬がゴーストライターを起用したことで生み出されたものだった。

岩瀬死去後、岩瀬夫人(当時会長)から株を取得した栗原幹夫が社長に就任して以降は、占い師細木数子の『六星占術 あなたの運命シリーズ』、桐生操『本当は恐ろしいグリム童話』、曽野綾子『老いの才覚』といったベストセラーの単行本が刊行されている。またヘアヌード全盛の1990年代後半から2000年代初頭までは『ザ・ベストMAGAZINE』および『ザ・ベストMAGAZINE Special』などのアダルト雑誌が主力になっていた。KKベストセラーズ最大のヒット本である細木数子の『六星占術 あなたの運命シリーズ』は、2012年に「占い本世界一」としてギネス認定され、2017年8月に発売された平成30年版までの累計が1億部を突破した。

2009年2月に栗原幹夫の長男栗原慎典・財務経理課長を常務取締役に据えた。2012年には栗原幹夫社長が会長となり、菅原茂・副社長が新社長となるも、2014年12月には新たに栗原幹夫の次男栗原武夫が社長となった。栗原幹夫は会長になったとはいえ一線を退いたわけではなく、会社のオーナーとして引き続き経営のトップにあった。しかし2015年前後から栗原幹夫によるパワーハラスメントなどが伝えられるようになり、東京管理職ユニオンによる過激な労働運動や、経営を度外視した要求に経営者が耐え切れずに売却。原因は経営不振ではなく、[要出典]2018年1月31日をもって栗原幹夫会長・栗原武夫社長・栗原慎典常務取締役以下全役員が退任。同年2月1日、新たに公認会計士の塚原が代表取締役社長となった[4]

『長友佑都体幹トレーニング20』が63万部を突破。中高生に大人気の、恋愛ポエムを綴った0号室シリーズが累計17万部を突破するなど、ベストセラーを連発しているとされるが、一方で看板シリーズの一つである細木数子の『六星占術』シリーズの打ち切り(飛鳥新社へ移籍)が決まるなど、経営面での問題も指摘されている。

刊行物[編集]

発行雑誌[編集]

かつて発行していた雑誌[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベストセラーズ、経営権譲渡で社長交代”. 新文化通信社. 2018年2月7日閲覧。
  2. ^ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54482
  3. ^ 2.6組合報告”. ベストセラーズユニオン. 2018年2月7日閲覧。
  4. ^ 社長が消えた!? 老舗出版社が突如「解体の危機」 - 現代ビジネス・2018年2月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]