競馬最強の法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

競馬最強の法則』(けいばさいきょうのほうそく)とはKKベストセラーズが発行する日本の競馬雑誌である。1991年9月10日創刊。定価800円(別冊付録がある場合は880円)。毎月13日発売。

概要[編集]

競馬の中でも特に中央競馬における馬券予想に関する話題を中心に扱う雑誌。なかでも競走馬の成績データを基にした予想を多く扱っており、日本におけるスピード指数の事実上の元祖ともいえる「西田式スピード指数」や競馬データベースソフト「TARGET」など、本誌に紹介されたことが契機で競馬ファンに広く普及したものは少なくない。また日刊スポーツが発表する「日刊コンピ指数」の解析に関する記事も長期に渡り連載している。一般から独自の競馬予想法(必勝法)の募集も行っている[1]

一方で日本中央競馬会(JRA)や地方競馬全国協会(NAR)の内部の運営に関する問題について鋭く切り込む記事も多く、一例を挙げると騎手騎乗依頼仲介者(エージェント)との関係に着目した記事を連載するなど、単なる馬券雑誌に留まらない。ペーパーオーナーゲーム(POG)に対しては丹下日出夫が事実上の責任者として本誌での連載に加え、毎年5月にはムック最強のPOG青本』を発行するなどしている。

公式ウェブサイトは、堀江貴文が社長を務めたオン・ザ・エッヂが運営していた競馬サイト『The Derby Square』(ダービースクエア)のコンテンツをベースとして、2001年6月に開設された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 馬券術募集のお知らせ(競馬最強の法則WEB)
  2. ^ はじめての方へ(競馬最強の法則WEB)

外部リンク[編集]