安田康彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安田康彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県栗太郡栗東町
(現・栗東市
生年月日 (1972-10-19) 1972年10月19日(44歳)
身長 163cm
体重 52kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
初免許年 1991年
免許区分 平地
騎手引退日 2006年4月30日
重賞勝利 14勝
G1級勝利 2勝
通算勝利 4729戦402勝
テンプレートを表示

安田 康彦(やすだ やすひこ、1972年10月19日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の元騎手。現在は競馬評論家

騎手時代の通算成績は4729戦402勝。

滋賀県栗太郡栗東町(現・栗東市)出身。愛称は「ヤスヤス」「ヤスヒコ」。父は安田伊佐夫調教師[1]

経歴・人物[編集]

幼少時には喘息の持病を抱えていた[1]

競馬学校騎手教育課程第7期の同期には藤田伸二四位洋文郷原洋司らがいる。藤田は著書『競馬番長のぶっちゃけ話』(2009年 宝島社)で「康彦は競馬学校内での勉強も良くできた男」と評価していた。

栗東宇田明彦厩舎所属でデビュー。初騎乗は1991年3月2日中京競馬第2競走でロンググレート。同年3月16日の中京競馬第3競走で同馬にて初勝利を飾る。

重賞初勝利は1992年札幌3歳ステークステイエムハリケーン騎乗にて挙げた。1994年に宇田が死去、厩舎は解散し、父の伊佐夫厩舎に移籍。

1999年秋華賞ブゼンキャンドルに騎乗し、単勝12番人気の低評価を覆して、自身初のGI勝利となった。レース後の勝利騎手インタビューでは「穴を開けてしまってすみません」と笑顔で話した。2002年菊花賞でも16番人気のファストタテヤマを2着に導くなど、重賞競走での穴男的存在であった。

2000年には前年のデビュー時から主戦騎手を務めていたメイショウドトウがGIでたびたび連対するほどに成長。和田竜二騎乗のテイエムオペラオーと幾度たる死闘を繰り広げた。2001年宝塚記念では先行策を取り、テイエムオペラオーの追撃を振り切っての勝利を挙げた。

父譲りの高い騎乗センスを持ち「穴ジョッキー」として人気のある騎手だったが、当時は酒癖が極めて悪く、また素行にはかなりの問題があり、調教に酒を飲んだまま参加したり、調教を無断で休み、厩舎関係者や調教助手からクレームや叱責が相次ぐなど数々の問題を起こしていた[2]。ただし、酒癖が極めて悪いと言っても、それは調教時の安田の態度についてのみを問題視したものであり、安田自身は酒に酔って暴れたり危害を加える行為は一切なかった。

2005年ごろから素行不良が原因でGIジョッキーにも関わらず急激に騎乗数が減った。父の伊佐夫厩舎からの騎乗依頼も激減するなど厳しい状況になり、2006年4月30日をもって騎手を引退した。引退届は父の伊佐夫が出した。

引退後、一時表舞台から姿を消していたが、2007年9月に同年8月京都市内のコンビニエンスストアにて店員を脅したなど恐喝の疑いで逮捕され、図らずも現況が報道される。

その後も父親すら消息を知らない状態が続いていたが、2013年競馬最強の法則増刊号に掲載の対談記事「競馬ブラックジャーナル」の取材で久し振りに公の場に姿を現した。その対談内では酒を飲んでいる写真も掲載されていたが、騎手時代とは異なり、酒癖が著しく改善していることも取材者側から評価されていた。競馬最強の法則2013年6月号で宝塚記念の展望を執筆し、本格的に競馬評論家として再出発した。翌月発売された同紙の同年7月号にもコラムを執筆した。

重賞競走勝利一覧及び当該競走における騎乗馬(年度別)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小林常浩 「安田康彦 父・安田伊佐夫調教師の胸のうち」『競馬騎手名鑑』 宝島社別冊宝島〉、2000年、152-153頁(日本語)。ISBN 978-4796695176
  2. ^ 藤田の『競馬番長のぶっちゃけ話』では栗東トレーニングセンターでの調教に出て来なかった安田を調教助手らで捜索したエピソードが書かれている。

参考文献・出典[編集]

  • 藤田伸二「競馬番長のぶっちゃけ話」(2009年)、「番長の話」(2010年) - 宝島社