合田雅吏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ごうだ まさし
合田 雅吏
本名  合田雅史
生年月日 1970年1月9日(44歳)
出生地 日本の旗日本神奈川県 秦野市
民族 日本人
身長 183cm
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 1995年-
配偶者 既婚
主な作品
超力戦隊オーレンジャー
水戸黄門

合田 雅吏(ごうだ まさし、1970年1月9日 - )は、神奈川県秦野市出身の俳優である。神奈川県立小田原高等学校早稲田大学教育学部卒業。所属事務所は、株式会社スターダストプロモーション所属。身長183cm。血液型はO型。趣味・特技はサッカー日舞ビリヤード料理

略歴[編集]

学生時代から男性ファッション誌「メンズノンノ」などのモデルとして活躍した。証券会社勤務を経て、1995年超力戦隊オーレンジャー』三田裕司 / オーブルー役で俳優デビュー。2003年から2010年までTBSドラマ『水戸黄門』に5代目渥美格之進役でレギュラー出演していた。ドラマ以外にも舞台やバラエティ、クイズ番組など幅広く活躍している。

人物[編集]

  • 1970年、神奈川県秦野市で生まれる。
  • 学生時代は神童だったらしく、中学2年生の途中から成績はオール5でサッカー部のキャプテンでもあった。
  • モデルとして活躍をしていたがそれを仕事にする気は無く、就職活動を経て大手の証券会社へ入社する。
  • 超力戦隊オーレンジャーのオーディションには、百貨店のトイレでスーツから私服に着替えて行った。
  • オーディションには受かったが、上司や支店長にまで引きとめられ、撮影直前まで会社を辞められなかったという。
  • 2002年、『ドレミソラ』で大城武を演じる。主人公と対立する嫌な教師役だったが、共演者とは何度か飲みに行ったらしく、その際親父ギャグや下ネタをよく言っていたとのこと。
  • 2003年、『水戸黄門』の5代目渥美格之進役に抜擢され、2010年の第41部まで出演。
  • 2004年、3月 松下政経塾「日本の課題を考える合宿研修」にゲスト参加。
  • 2004年、6歳年上の一般女性と結婚。
  • 2006年2月18日に行われた340(特撮好きとして有名な鈴木美潮のこと)プレゼンツ「青祭」に、かつてオーレンジャーで共演した宍戸勝と共に登場。その頃、水戸黄門が京都で撮影中にもかかわらず、わざわざ東京までやってきたという。
  • 2009年8月、『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』に初代シンケンレッドこと志葉烈堂役として、Vシネマ激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー』以来、12年ぶりに東映特撮作品に出演した。また、この映画ではかつて『水戸黄門』で合田に先じて“格さん”を演じた伊吹吾郎大和田伸也らと共演し“トリプル格さん”が実現した。(ただし、大和田は声の出演のみなので直接共演ではない)
  • 時代劇専門チャンネルがプロデュースする時代劇ファンの部活サイト時代劇うぇ部でコラムを連載
  • 12月3日、ラジオ日本真夜中のハーリー&レイス」収録ではラジオ番組であるにもかかわらずミル・マスカラスの覆面&ロングタイツ、シューズを着込むフル装備で出演。カト・クン・リーの巻いた王者ベルトも持参するディープなプロレスヲタクっぷりを披露した(持ち込んだグッズはすべて自前)。
  • 2014年4月、「小田原ふるさと大使」に就任。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • にっぽん釣りの旅 大ヤマメを追って~合田雅吏 栃木県鬼怒川~(2011年7月10日、NHK BSプレミアム)
  • UZUMASAの火花(2014年1月9日、NHK BSプレミアム)
  • 奇跡の地球物語 放送200回記念・マダガスカルPart1,2(2014年1月12日,19日、テレビ朝日)

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • 12人の正しい内閣
  • ハムレット
  • リア王
  • グリークス 10本のギリシャ劇によるひとつの物語(蜷川幸雄演出)
  • 舞台「水戸黄門」(明治座・御園座)
  • 朗読劇「苦情の手紙」
  • りんご〜木村秋則物語〜
  • 歌舞劇「綺譚・桜姫」
  • ロミオとシラノとジュリエット
  • 乃木坂倶楽部「スペシャル・ディナー」
  • 名探偵ポワロ~ブラックコーヒー~
  • 舞台「水戸黄門」(博多座・新歌舞伎座)
  • 劇団NLT「恋の冷凍保存」-主演(俳優座劇場)

その他[編集]

外部リンク[編集]