小島一慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
こじま いっけい[1]
小島 一慶
プロフィール
本名 小島 一慶
こじま かずよし[2]
出身地 日本の旗 日本 長崎県[1]長崎市[3]
生年月日 (1944-10-02) 1944年10月2日(74歳)[1]
血液型 O型[4]
最終学歴 日本大学芸術学部放送学科卒業
所属事務所 フリーランス[5]
職歴 元TBSアナウンサー→テレビ朝日局契約アナウンサー
活動期間 1968年 - 2008年2014年-
ジャンル バラエティ・情報・ニュース・テレビショッピング番組
出演番組・活動
現在 なし
過去 どうぶつ奇想天外!ナレーションなど

小島 一慶(こじま いっけい、1944年10月2日[1] - )は、日本アナウンサーナレーターである。「玉藻」同人[6]。本名、小島 一慶(こじま かずよし[2][4])。長崎県[1]長崎市出身[3]

来歴・人物[編集]

母子家庭育ちで[3]、本人曰く「貧しかった」[7]。一家には、旅回りの役者だった祖父、博打打ちで「明烏のおはつ」と呼ばれていた祖母もいた[7]。祖父が時折酒乱で暴れていたことから母は耐えられず別居して、子供のころの小島も身に危険を感じると母の元へ逃げ込んでいたということもあった[7]

幼稚園時代から演劇に熱中するようになり[3]、また浪曲が好きで、子供の頃は浪曲師役者になりたいと思っていた[7][8]。中学入学後はすぐに演劇部に入部[3]長崎県立長崎東高等学校に在学していた高校生時代も部活は演劇部で、高校で生徒会長になった時には演劇部の予算を4倍にしたことがあった[9]

しかし高校3年生のある日に東京に出て来た時に、芸術座菊田一夫の右腕として[8]演出の仕事をしていたある先輩に会った時に「役者になっても、10年は食っていけないぞ」と言われた時に、貧しかった家庭で育った自分の境遇を考えて「これは辛い」と思い方向転換を決意、「サラリーマンになろう。なるにしても、面白いことが出来るサラリーマンになる」と思うようになる[10]ラジオドラマの『鞍馬天狗』で芥川隆行のナレーションに魅了されたことがあったことからナレーターになることを考え付いたが、ナレーターがサラリーマンの何物かその時はわからず、更に考えて思い付いたのが、舞台中継もナレーションも出来るだろうとしたアナウンサーだった[10]。アナウンサーを目指すようになったのは、少年時代よく聴いていた『コーセー 今週のベストテン』や『ラ・セーヌ ヒットソングアワー』(ニッポン放送)のことも頭にあったという[10]

日本大学芸術学部入学後はアナウンス研究会に入会[9]。大学4年生の時の就職活動ではTBSの他NHK日本テレビフジテレビニッポン放送など総なめにするつもりで受験するも全て不合格[10][8]卒業論文の単位だけ残して留年することにし、留年中はTBSでアシスタントディレクターのアルバイトをしていた[9][8]。そして次の年はTBSだけを受験、合格して入社に至る[9][8]

1968年(昭和43年)4月TBSにアナウンサー13期生として入社(同期には松永邦久池田園子石井和子見城美枝子郷司淑子菅原牧子[11][12]。深夜放送『パックインミュージック』の火曜日を担当したほか、『一慶・美雄の夜はともだち』のパーソナリティを先輩アナの林美雄と交替で務めたりと、ラジオにおいて精力的に活躍していた。先輩アナの久米宏が『ぴったし カン・カン』を降板した時には小島が引き継いだ。

上司から営業部門への異動を打診があったが[13][14]1990年3月にTBS退社[15][16][13][14]テレビ朝日専属契約をして、『ホットライン110番』の司会を務める。しかし、1991年の不倫騒動で全番組を降板し[1][17]、長期休養する[18]

その後はTBSを中心に他局の情報番組・ニュース番組・テレビショッピング番組などにも出演。また、TBSテレビの『どうぶつ奇想天外!』のナレーション、TBSラジオの『明日も元気!』にも出演していたが、婦女暴行容疑で刑事告訴されたことを受け、2008年12月31日で両番組の出演を降板、所属事務所の佐藤企画[4]からも契約満了と同時に退職した[19][5]。本件は示談が成立し告訴は取り下げられている。[20]

2014年に復帰。3月には赤坂BLITZでパックインミュージックのイベントを白石冬美と行った[21]。その後も、古巣のTBSラジオを中心に活動している。

妻はTBSにアナウンサーとして同期入社した同士だった池田園子[3]

趣味は麻雀で、大学生の時にアルバイト先で麻雀を覚えて以来病み付きのようになったとのこと。若手の頃は、ディレクターやスタッフ、TBSの在る赤坂の町内会の人達ともよく雀卓を囲んでいたという[3]。また、パチンコ好きなところもある[22]

俳句も趣味で[23]、俳句結社「玉藻」の星野高士に師事[6]、カルチャー教室で講師もしている[6]

出演番組[編集]

TBS[編集]

テレビ朝日[編集]

フリー[編集]

出演映画[編集]

音楽[編集]

出演映像作品[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • 僕も人前ではしゃべれなかった : 口のきき方、つき合い人間学(1988年、文化創作出版〈マイブック〉)
  • 結婚ショートスピーチ集 : 心にのこる!すぐに使える実例110 90秒・120秒(1991年、徳間書店〈トクマのP&Pブックス〉)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新訂現代日本人名録2002 2巻』p.806
  2. ^ a b 小島, 一慶, 1944- - Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)”. 国立国会図書館. 2014年12月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 週刊現代 1985年3月23日号 p.54 - 58「人間解剖 - 小島一慶の誌上DJ」
  4. ^ a b c 小島 一慶”. 佐藤企画. 2008年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月9日閲覧。
  5. ^ a b “小島一慶アナに婦女暴行疑惑”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年1月22日). オリジナル2009年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090216100139/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090122-OHT1T00051.htm 2018年9月9日閲覧。 
  6. ^ a b c 小島一慶の俳句で遊ぼう!!東京カルチャーセンター葛西、2017年12月6日閲覧。
  7. ^ a b c d 週刊宝石 1986年12月19日号 p.204 - 207「人物日本列島 小島一慶」
  8. ^ a b c d e “喜怒哀楽のサラリーマン時代 小島一慶さん<1>「いいアナウンサーを目指しなさい」と…”. 日刊現代. (2018年7月10日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/232992 2018年9月9日閲覧。 
  9. ^ a b c d 週刊宝石 1990年04月19日号 p.190 - 193「人物日本列島 小島一慶」
  10. ^ a b c d 著書『僕も人前ではしゃべれなかった : 口のきき方、つき合い人間学』「快適処世術」の章より。
  11. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「1968.4<13期生> 7人入社(男2・女5) 小島一慶 松永邦久 池田園子 石井和子 見城美枝子 郷司淑子 菅原牧子」
  12. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、23-24頁。「68.4 <13期生>7人入社(男2・女5) 小島 一慶 松永 邦久 池田 園子 石井 和子 見城美枝子 郷司 淑子 菅原 牧子」
  13. ^ a b “喜怒哀楽のサラリーマン時代 小島一慶さん<2>サラリーマンというのは上司次第ですね”. 日刊現代. (2018年7月11日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/233075 2018年9月9日閲覧。 
  14. ^ a b “小島一慶さん<4>「笑っていいとも!」の司会を依頼された”. 日刊現代. (2018年7月13日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/233212 2018年9月9日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「小島一慶[1990.3退社] R「ヤング・ポップス1010(1969)」「パック」「一慶の歌謡大放送(1986)」 TV「ロッテ歌のアルバム〜千と一慶生放送〜」「情報デスクToday」」
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、23頁。「小島 一慶…[90.3 退社] R「ヤング・ポップス1010(69)」「日産ミュージックナイター(69)」「ヤングサウンズ・フェスティバル(70)」「ヤングタウンTOKIO(70)」「パック・イン・ミュージック(70)」「TBS今週のベストテン(73)」「土曜ワイドラジオTokyo〜人間ばんざい〜(73)」「一慶のヤングポップス(73)」「りりィ一慶サタデーフォーク」「東京赤坂歌謡曲(74)」「TBS今週のポップスベスト10(75)」「TBS歌謡新人戦(75)」「一慶・美雄の夜はともだち(76)」「三枝・一慶の二人旅(77)」「森田公一の青春ベストテン(77)」「耳コミランチタイム〜ぴいぷる〜(79)」「グランドポップショウ(79)」「JAL・ミュージック・ツアー(80)」「とっておき90分〜ポップスベストテン〜(81)」「サウンドストーム(82)」「アスカ・ラジオマップ(83)」「スーパーワイド・ぴいぷる(85)」「一慶の歌謡大放送(86)」「夜はこれから(89)」 TV「モーニングジャンボ(71)」「飛べ孫悟空(77)」「ロッテ歌のアルバム〜千と一慶生放送〜(77)」「ペア対抗クイズ合戦(79)」「社長ゲーム・ハイ&ロー(82)」「ザ・チャレンジャー(83)」「情報デスクToday(84)」「ぴったしカンカン(84)」「新まんがなるほど物語(88)」」
  17. ^ 小島一慶 コールガール騒動から暴行容疑で告訴まで , 2012年10月23日, 日刊ゲンダイ
  18. ^ 『TBS「報道テロ」全記録』 晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2007年2月1日、132頁。ISBN 4-88380-591-3
  19. ^ “小島一慶アナが婦女暴行? 昨秋、被害者が刑事告訴”. 夕刊フジ. (2009年1月22日). オリジナル2016年8月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160829092414/http://www.zakzak.co.jp:80/gei/200901/g2009012208_all.html 2018年9月9日閲覧。 
  20. ^ 日刊ゲンダイ - 2012年10月23日
  21. ^ 谷口隆一, 伝説の深夜放送 パック・イン・ミュージック復活 3月生放送・「ナチチャコ」CDも発売, 2014.2.14 08:52 , MSN産経ニュース
  22. ^ 週刊現代 1994年7月11日号 p.46 - 49
  23. ^ レジェンドアナウンサー対談 第3弾ひでたけのやじうま好奇心(ニッポン放送)2017年10月17日更新、2017年12月6日閲覧。
  24. ^ 同じ長崎県長崎市出身の小島の後輩アナウンサーであった

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月
  • 『TBS「報道テロ」全記録』 晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2007年2月1日ISBN 4-88380-591-3

外部リンク[編集]

先代:
玉置宏
(1958年5月 - 1977年8月)
ロッテ 歌のアルバムシリーズ 司会者
2代目(1977年8月 - 1979年3月)
千昌夫
小島一慶
次代:
村野武範
(1985年4月 - 1986年5月)