白石冬美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しらいし ふゆみ
白石 冬美
プロフィール
本名 白石 芙美子
しらいし ふみこ
愛称 チャコ
出生地 中華民国の旗 中華民国北京
生年月日 (1941-10-14) 1941年10月14日(75歳)
血液型 A型
身長 155cm
事務所 賢プロダクション
活動
活動期間 1964年 -
デビュー作 ニーナ・ベルトン(ビッグX
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

白石 冬美(しらいし ふゆみ、1941年10月14日 - )は、日本女優声優ラジオパーソナリティ。本名、白石 芙美子(しらいし ふみこ)。賢プロダクション所属。静岡県出身。生まれは中華民国北京

身長155cm。血液型A型星座てんびん座

人物[編集]

静岡雙葉学園東宝芸能学校卒。在学中に東宝ミュージカルの初舞台を経験し、その後日劇ダンシングチームを経てデビュー。1960年代から活動する。後年は専門学校の声優科の講師を務め、後進の指導に専念しているため、現場から遠ざかっている。

TBSラジオの深夜放送番組『パックインミュージック』においては、1967年から野沢那智とのコンビでパーソナリティーを務め、『ナチ・チャコパック』または『ナッチャコパック』と呼ばれ、同番組最長の15年間のロングランを記録した。ちなみにナッチャコの由来は野沢のあだ名“ナッチャン”と白石のあだ名“チャコ”に由来している。『月刊愛川欽也・キンキンのパックインミュージック』ではキン・チャコパックという名で親しまれていた。

少女役より少年役の方が演じていて楽しいと語っている。思い出に残る作品として、真っ先に『怪物くん』と『パタリロ!』の名を挙げている。その理由は「暴れられるから」。

1980年に『怪物くん』がリメイクされたときは自分にやらせてほしいと作者の藤子不二雄(当時名義)に直訴の手紙を出したが、結局野沢雅子が怪物くん役に決定。野沢は白石に役を奪ったことを詫びたという[1]

Dr.スランプ アラレちゃん』の主人公則巻アラレ役も小山茉美と二人でオーディション最終選考まで残り、当初は白石でほぼ決定していたそうだが、最後の最後で小山にアラレ役が決まってしまったそうで「とてもやりたかった役なので、茉美ちゃんに決まってしまったと聞いた時には正直言うと悔しかった」とアニメージュ内のインタビュー等で語っている。ちなみに白石は『Dr.スランプ アラレちゃん』第53話「アン子ノン子のディスカバー・いなか」で、アラレそっくりのあん子役をやっている。

あしたのジョー』で1作目からサチ役を務めており、あおい輝彦演じる矢吹丈同様、ほぼ全ての媒体でサチの声を務めている息の長い役となる。[2]

多くのベテラン同様に「声優は俳優の一部」という姿勢を持っており、「声だけで演じるのは難しいから、演技ができなければならない」という芝居の基本ができていないと意味がないという旨の見解を持っている。そのため肝付兼太に声優の専門学校の講師に誘われたときには「声優のいろはだけを教えるなんて私にはできない」と感じていたが、「自分の歩いてきた道を、そのまま生徒に教えてくれればいい」と言われ、その言葉を胸に声優になるための技能だけでなく、俳優としての技術も後進に指導を行っている[3]

クリスチャンであり、洗礼も受けている。ちなみに洗礼名は「マリア・セシリア」という[4]

2015年、第九回声優アワード「功労賞」を受賞[5]

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1964年

1965年

  • W3ボッコ隊長

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

  • イーグルサム(グズラン)
  • 吾輩は犬である ドン松五郎の生活(お銀)

1984年

1985年

1988年

1989年

1991年

2003年

2008年

2011年

  • 日常(第11話予告ナレーション)

2013年

2014年

OVA[編集]

1984年

  • BIRTH(モンガー)

1989年

1992年

劇場アニメ[編集]

1969年

1970年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

  • オバケのQ太郎 進め! 1/100大作戦(ドロンパ)

1988年

1999年

2005年

2006年

  • 機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-(ミライ・ノア)

ゲーム[編集]

1992年

1993年

1995年

1997年

1998年

2000年

2001年

2005年

2007年

2009年

2011年

吹き替え[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

パチスロ[編集]

音楽[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野沢雅子『ボクは、声優。』(オプトコミュニケーションズ、1995年)
  2. ^ ただし、2003年に発売したPS2のゲーム「あしたのジョー 〜真っ白に燃え尽きろ!〜」では堀江ゆきが演じていた
  3. ^ 講師特別対談[白石冬美×増岡 弘]”. 東京アニメーター学院. 2015年10月2日閲覧。
  4. ^ 『パックインミュージック』[いつ?]での本人の発言。
  5. ^ 第九回声優アワード 授賞者先行発表”. 声優アワード. 2015年2月18日閲覧。
  6. ^ ビッグX”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  7. ^ パーマン”. メディア芸術データベース. 2016年10月10日閲覧。
  8. ^ ピュンピュン丸”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  9. ^ リボンの騎士(パイロット)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  10. ^ a b c d 「白石冬美の声優道」『声優グランプリWEB』”. 2013年8月31日閲覧。 『all cinema』”. スティングレイ. 2013年8月31日閲覧。
  11. ^ 巨人の星”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  12. ^ a b 『all cinema』”. スティングレイ. 2013年8月31日閲覧。
  13. ^ あしたのジョー”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  14. ^ イルカと少年”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  15. ^ アラビアンナイト シンドバットの冒険”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  16. ^ 新巨人の星”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  17. ^ ジェッターマルス”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  18. ^ 日本サンライズ「機動戦士ガンダム記録全集」第2巻キャスト&声優リスト・180頁
  19. ^ 新巨人の星II”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  20. ^ 釣りキチ三平”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  21. ^ EPISODE16”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年7月20日閲覧。
  22. ^ 巨人の星 血ぞめの決勝戦”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  23. ^ 巨人の星 行け行け飛雄馬”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  24. ^ 巨人の星 大リーグボール”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  25. ^ 巨人の星 宿命の対決”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  26. ^ 巨人の星(劇場版)”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  27. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  28. ^ パタリロ! スターダスト計画”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。
  29. ^ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア”. メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]