ザ・ワイドショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ザ・ワイドショーは、1994年1月14日から1994年3月18日まで日本テレビ系列で放送された、ウッチャンナンチャン主演のテレビドラマ(全9話)。20:00 - 20:54

内容[編集]

お笑い芸人から新ワイドショー番組『ラストワイド』のリポーターに転身した東山(南原)は、ストーカー化したファンに自宅マンションで強姦された新人女性アイドルの兄で、本人が所属する芸能プロダクションの社長・村上(内村)の記者会見を取材する。

村上と小学校時代の同級生だった東山は、当初は同情し、親身に付き合っていたが、村上は妹や東山の見合い相手でもある恋人の美由紀、さらには『ラストワイド』の敏腕女ディレクター・冴子をも巻き込んで奇怪な行動を繰り返す。次第にタレントの名前を売る為には手段を選ばず、妹の受難すら売名に利用する村上の本性が明らかになり、東山との対立を深めていく。どんな些細な事でもスクープにしようとするワイドショーのリポーターであることと、親友の裏切りに東山は苦悩する。やがてワイドショーとの確執のなか、自殺しようとした強姦魔を助けたことで村上はマスコミの注目の的となるが、その裏には……。

概要[編集]

  • 当番組は日本テレビのドラマ班ではなく、バラエティ班によって制作された。そのため内容はれっきとしたドラマでありながら、バラエティ番組的な要素を随所に取り入れている。しかもワイドショースタッフを主軸に置いたドラマであるため、金曜夜8時という時間帯にそぐわないほどスキャンダラスかつ陰湿な内容となった。
  • 第1話の記者会見シーンは、このドラマの制作発表の時に撮影。本物の記者達が出演している。
  • 番組内のワイドショー『ラストワイド(LAST WIDE)』は、他局がワイドショーを放送しない20時台を狙って新設されたワイドショーという設定のため、毎週ある中継シーンは放送時間中に生放送で撮影、ドラマ中に実際の生番組として挿入された[1]。司会は小島一慶角田久美子アナウンサーが務め、麹町の日本テレビ本社(当時)にあったマイスタジオから放送した。
  • 『ラストワイド』の中で取り扱った内容には時事ネタが多く含まれており、当時の芸能ニュースのほか、悪魔ちゃん命名騒動で話題となっていた一家の出演などもあった。
  • 村上が、当時日本テレビ系の看板クイズ番組であった『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』にゲスト出演するというシーンも放送された。しかし内村が村上を演じたのは、ドラマ本編でも使用されたオープニングから第1問までで、2問目以降は普通に内村として出演した。
  • 以上の点から、完全なフィクションではなく、番組の最後にも「フィクションは○%、ノンフィクションは○%…」というテロップを流した。
  • また、重要とされる一部のセリフをテロップでも表現するシステムを取っていた。
  • ただし、ノンフィクション部分、セリフのテロップ表示は話が進むほど少なくなっていき、終わりの頃には殆ど無くなった。
  • 毎回劇中に、電波子2〜28号が様々な役で出演しており、それをスタッフがオーディション形式で審査。エンディングで次回出演する電波子を勝ち残り形式で選出していた。
    • しかし、1度だけエンディングで次回出演する電波子を発表しなく、2日後の「進め!電波少年」で発表した。なお、この回は「TVおじゃマンボウ」のトトカルチョ問題だった為、結果を「電波少年」から6日後に放送した。
  • 最終回での決起集会のシーンのエキストラは事前に「ウンナン世界征服宣言」で募集されたものである。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

  • 東山一平(「ラストワイド」リポーター):南原清隆[2]
  • 村上維知夫(芸能プロダクション社長):内村光良[2]
  • 加藤冴子(「ラストワイド」ディレクター):鈴木京香
  • 小川美由紀(東山の見合い相手、後に村上と結婚):常盤貴子
  • 村上唯(維知夫の妹、新人アイドル):笹峰愛
  • 叉兵衛(謎の情報屋):神戸浩
  • 鷲見宗一郎(「ラストワイド」リポーター):小坂一也[2]
  • キャスター:小島一慶押坂忍所太郎角田久美子ほか
  • 田口刑事:河原崎建三
  • 村上睦美(維知夫の前妻と愛人の間に生まれた隠し子):電波子6号
  • 木田三郎(「ラストワイド」プロデューサー):長谷川初範
  • 倉橋薫(「ラストワイド」構成作家、後に維知夫側に寝返る):室井滋[2]

ほか

[編集]

主題歌
Rambling Rose」(作詞・作曲・歌:吉川晃司、編曲:吉田建・吉川晃司)
挿入歌
「ひとりぼっちのBirthday」(歌:笹峰愛、作詞:小山薫堂、作曲:後藤次利
作中で村上唯の楽曲として使われた。第8話でオリコンを訪れた村上に、社長(当時)の小池聰行が(村上唯のシングルとしての)CD売上の推移を見せるシーンがある。

サブタイトル[編集]

  1. 1st SCANDAL「こうしてすべてが始まった!」
  2. 2nd SCANDAL「そして彼女は復活した!」
  3. 3rd SCANDAL「だから私は殺された!」
  4. 4th SCANDAL「ついに殺人疑惑が飛び出した!」
  5. 5th SCANDAL「そして彼女は傷ついた!」
  6. 6th SCANDAL「そうして俺は恋に陥ちた!」
  7. 7th SCANDAL「そして最後の日がやってきた!」
  8. 8th SCANDAL「最後のバトルが幕を開けた!」
  9. Last SCANDAL「そしてまた逢う日まで!」

脚注[編集]

  1. ^ ただし、放送期間後期になると、諸事情もあり生放送は廃止され、ラストワイドのパートも収録となった(ただし収録時間はドラマ自体の実際の放送時間とほぼ前後していた)
  2. ^ a b c d 南原・内村・室井・小坂はこの1年後の1995年4月、ドラマ枠が廃止されてから最初の番組となった「ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!」でも共演(ウッチャンナンチャンが司会、室井、小坂もレギュラーメンバーで参加)することになる。