投稿!特ホウ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
投稿!特ホウ王国
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
製作総指揮 渡辺弘(チーフP)
演出 五味一男(総合演出)
プロデューサー 佐野讓顯
梅原幹
出演者

司会
笑福亭鶴瓶
河野景子
リサ・ステッグマイヤー

編集局長
内村光良
南原清隆
ナレーター 青森伸
若本規夫
来宮良子
小林清志(復活版のみ)
エンディングこの星のどこかで
投稿!特ホウ王国
放送時間 日曜 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 1994年5月1日 - 1996年12月15日
1億3000万人投稿!特ホウ王国2
放送時間 日曜 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 1997年1月12日 - 1997年9月21日
テンプレートを表示

投稿!特ホウ王国』(とうこう とくホウおうこく)は、1994年5月1日から1996年12月15日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。その後も1997年1月12日から同年9月21日まで『1億3000万人の投稿!特ホウ王国2』(いちおくさんぜんまんにんのとうこう とくホウおうこくツー)と題して放送されていた。放送時間は毎週日曜 19:00 - 19:54 (日本標準時)。

概要[編集]

内村光良南原清隆ウッチャンナンチャン)が編集局長となり、視聴者から投稿された「おもしろ仰天スクープ」を内村班と南原班に分けて報道形式で紹介していた番組。司会は、当初は笑福亭鶴瓶河野景子が務めていたが、河野は貴乃花光司との結婚のため、1995年6月からリサ・ステッグマイヤーと交代した。

投稿された特ダネの現場には、日本テレビのアナウンサーや系列局のアナウンサーなどが「特派員」として出向き、現地からのリポートを行っていた。特に「後藤です」の出だしでの登場と低音声でのシリアスなナレーション進行で一世を風靡した後藤俊哉(当時日本テレビアナウンサー)や、とにかくハイテンションに登場する藤井恒久(日本テレビアナウンサー)が有名になった。セクシーな感じのするスクープには必ず男性特派員が出向き、とても嬉しそうに取材していた。時にはウッチャンナンチャンや鶴瓶自身が特派員を務めることもあり、鶴瓶がリポートに出向く際には本名の「駿河学」(するがまなぶ)、または老婆に扮して「駿河ツル」(するがつる)の名で登場していた。なお、出向いてネタが明かされる直前、白黒に反転した映像に効果音のついた、特派員が驚く(笑うなど派生バージョンもあり)シーンが入るのがお約束であった。

テーマを発表する際に観客が「え〜!!」と驚いてみせるリアクションと、真相を目の当たりにした特派員のリアクションが定番である。テレビ雑誌[どれ?]で本番組の観客を募集した際も、特典として「『え〜!』と叫べる」と書かれたほどである。放送当時、同じく日本テレビで放送されていた『マジカル頭脳パワー!!』で、回答者の今田耕司の不可思議な行動に客がブーイングした時、「特ホウ王国じゃねーんだよ!」と本人が言い返したことがある。後期には特派員のリアクションの後に「一体何が起こったのか?『この木なんの木』のあとすぐ!」のナレーションの後に日立の樹のCMに入り、その後に続きを流すという演出があった。それより前には、ベストスクープ賞発表前にリサが「ベストスクープ賞はこの木なんの木の後すぐです」と口頭で案内し、実際にCMに入っていた。

メインスポンサーは、番組の前半30分は大塚製薬、後半30分は日立グループがそれぞれ単独提供するという、30分番組が2本放送されていた前番組の形式を踏襲したものになっていた。2時間スペシャルの回では形式が異なり、大塚製薬と日立グループが日曜19時枠を1時間通して提供し、20時以降は本来同時間帯に編成されているレギュラー番組のスポンサーが提供するという形式を取っていた。

番組の最後には前述の日立の樹が放送され、その後の提供クレジットでは次回放送されるスクープの予告をバックに日本テレビの女性アナウンサーの声で「この番組は、システムとエレクトロニクスの日立グループがお送りしました」とアナウンスされていた。これは、後に日立の樹の後にベストスクープ賞発表とエンディングを挿んでから、その週に放送されたスクープの映像をバックに提供読みするという形式に変更された。また、各スクープで証拠を見せるために空き缶を用いる場合には、ポカリスエットなどの大塚製薬の製品の空き缶を使用していた。

日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行』以降続けられていた日本テレビ系列での日立の樹の放送は本番組が最後となり、1997年10月以降はTBS系列の『日立 世界・ふしぎ発見!』で行われている。

レギュラー放送の終了後、2001年1月4日(木曜) 19:00 - 20:54 に『投稿!特ホウ王国 2001年大復活スペシャル』が放送された。

おしおきエンマ君[編集]

初期には、ガセネタや鶴瓶に「くだらない」、「つまらない」などと一蹴されたスクープ、には「おしおきエンマ君」という人形を投稿者に送り付けた上に、編集局長のギャラから10万円を没収するというルールがあった。このケースは過去に11回あった。うち1回は、UFOキャッチャーが得意のおじさんにオマケとして進呈したため、実際にガセネタで送り付けたのは10回である。

内村班・南原班の対決[編集]

毎回内村班、南原班それぞれ6 - 7本のスクープを紹介し、それを芸能人審査員5人が一人持ち点10点、計50点満点で審査していた。審査委員長は過去に高島忠夫ジャイアント馬場らが務めていた。また、1994年秋には自分の番組以外に出演しないことを明石家さんまに指摘されたタモリが出演し、審査委員長を務めたこともある。タモリは1989年に『今夜は最高!』が終了して以来、日本テレビの番組に出演する機会がめっきりと減っているため、かなり希少な出演例となっている。

各賞と特典[編集]

レギュラー放送時[編集]

審査員の審査により、毎週ベストスクープ賞を含むベスト5が決定され、入賞したスクープの提供者には下記の賞金が贈られていた。また、そのスクープを紹介した班にもポイントが入っていた。

賞金 ポイント数
ベストスクープ賞 50万円 50ポイント
第2位 30万円 30ポイント
第3位 20万円 20ポイント
第4位 10万円 10ポイント
第5位 5万円 5ポイント
  • 前述の「おしおきエンマ君」が出たネタを紹介した班については、1個に付きマイナス10ポイントとなる(第2位まで紹介した後に精算する)。
  • 発表の方法は第5位 - 第3位を河野(リサ)が、第2位を鶴瓶が、第1位を審査員長(概ね高島忠夫が担当)が口頭で発表する。
  • 開始から5か月間はベストスクープ賞に30万円、以下15万円・7万円・5万円・3万円(1つの順位が1ネタだと満点が60ポイント)となっており、1994年10月のレギュラー放送から賞金額が増大された(1つの順位が1ネタだと満点が115ポイント)。
  • 内村班と南原班は、自分達のスクープが選ばれるごとに与えられたポイントで毎週対決し、ポイントの多かった班がその週の勝者。そして勝負はステージ制となっており、先に10勝を達成すると豪華賞品がプレゼントされ、次のステージに進む事になる。
  • 番組後半では「投稿写真一発スペシャル」という、視聴者から寄せられた面白い写真を大型モニターで紹介するコーナーがあった(企画開始当時のコーナー名は「スクープ番外編」)。しかし、このコーナーで紹介された「電車のドア窓部分に広告がかぶさり、動物の目のように見える」という内容の写真が大勢の視聴者から「雑誌からのパクリ」だと指摘されて終了した。このコーナーは審査対象には含まれなかった。

2時間スペシャル時[編集]

2時間スペシャルの際には、賞金ならびにポイントもレギュラー放送時よりアップしていた。

賞金 ポイント数
ベストスクープ大賞 100万円 100ポイント
第2位 50万円 50ポイント
第3位 30万円 30ポイント
第4位 20万円 20ポイント
第5位 10万円 10ポイント

(1つの順位が1ネタだと満点が210ポイントとなった)

  • このルールは1994年の年末からだが、1994年の秋のみ各部門の中から一番支持されたスクープに「ベストスクープ大賞」の権利となるスクープとなり、投稿した記者・編集局長に「ニッコリ鶴瓶くん」1体が贈られ、エンディングでは「ニッコリ鶴瓶くん」を獲得したスクープから「ベストスクープ大賞」を1つ選出した。また、対決に勝った方には番組特製のゴールドトロフィーが贈られていた。このゴールドトロフィーを10本貯めると、世界一周旅行が贈られる予定だった。しかし、前期には春・秋・年末の3回行われていたが、後期には春・秋の特番が組まれなかった年もあったため、どちらとも達成できなかった。
  • 内村・南原両編集局発のネタが上位5位に入ってた場合、最初は両編集局にその得点の半分が加算したが、2回目は両編集局にそれぞれ該当のポイントが加算した。
  • また、レギュラー時・番組末期には、50点満点でベストスクープ賞に選ばれると賞金がさらに200万円に増えることもあった。その時のポイントも200ポイントになる。

シリーズ化されたスクープ[編集]

同じ人物が登場するスクープなどはシリーズ化され、毎週のように行われていたものもある。

謎の男 栗間太澄の新たなる挑戦シリーズ(全22回)
謎の郵便局員「栗間太澄」が、自身の持つ「手力」(てぢから)を駆使して奇想天外なマジックのような現象を起こすというもの。
名前から実はMr.マリックではないかと多くの視聴者から問われたが、本人は否定し続けていた。最終回にはついにMr.マリックと対決するということになるも、その際に手違いで栗間太澄とMr.マリックが同一人物であることが発覚した。
初登場から最終回までほぼ毎週登場し続け、2001年のスペシャルでも復活を果たした。マリックは栗間太澄名義で本も出版している。
伊東万寿男の無謀な挑戦シリーズ(全14回)
様々な無謀極まりない挑戦を繰り返す無職の男「伊東万寿男」があらゆる事にチャレンジするシリーズ。たらいに乗ってスキージャンプの台から飛んだり、風船で空を飛ぶといった挑戦を繰り返していた。
この男の正体はエスパー伊東で、伊東万寿男とは彼の本名であるが、栗間太澄と同様に正体はバレていながらもエスパー伊東であることを否定していた。ただし、栗間とは異なり、最後まで正体は明かされなかった。
初登場から最終回までほぼ毎週登場し続け、2001年のスペシャルでも復活を果たした。
仙人シリーズ
平成の仙人こと隼源史が武術の神業を披露するシリーズ。ヌンチャクを自由自在に操ったり、極寒の中、川でイワナを捕まえるなどの大技を見せた。ちなみに隼は元格闘家である。
2001年のスペシャルでは、6年の歳月で習得した新技を披露した。
○○を楽器にする人シリーズ
特ホウ王国には様々な物を楽器にする人々も多く登場した。ストロー木炭急須、果てはオナラを楽器にする男まで登場した。一度スペシャルで、南原・内村両編集局合同でそれぞれの楽器を使った合奏を行ったこともある。ちなみにその時の曲目は「We Are The World」だった。
絶対に見てはいけない花火
とある花火工場から上がる花火のシリーズ。ひらがなの文字を浮き上がらせる技術なのだが、その中には毎回ある単語が含まれていた。
2001年のスペシャルでも登場し、今度は漢字表記を実現していたが、この回においてもおなじみの単語が含まれていた。

芸能人審査員[編集]

特派員[編集]

※特記のないものは日本テレビのアナウンサー(後に転属・退社した人物を含む)。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ネット局[編集]

系列はネット終了時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢
福井県 福井放送 日本テレビ系列/テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県島根県 日本海テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送
徳島県 四国放送
香川県・岡山県 西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ
熊本県 熊本県民テレビ
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列/フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列/日本テレビ系列/テレビ朝日系列 [2]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ 日本テレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 放送ライブラリー 番組ID:006231
  2. ^ 毎年7月の『FNS27時間テレビ』の放送日のみ、当番組の放送を休止。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 日曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
おしえて!ガリレオ
【ここまで読売テレビ制作枠】
投稿!特ホウ王国

1億3000万人の投稿!特ホウ王国2
【ここから日本テレビ制作枠】
日本テレビ系列 日曜19時台後半枠
投稿!特ホウ王国

1億3000万人の投稿!特ホウ王国2
だんトツ!!平成キング
※19:00 - 19:56