小池聰行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小池 聰行(こいけ そうこう、1932年10月15日 - 2001年1月20日)は、日本実業家オリコン・エンタテインメント株式会社 (旧・株式会社オリジナルコンフィデンス)創業者

北海道三石郡三石町(現:日高郡新ひだか町)出身。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業。

来歴・生涯[編集]

大学卒業後、雪印乳業宣伝部に勤務し、その後会社経営を経て、1967年オリジナルコンフィデンス(オリコン)を創業し、業界・一般向け音楽エンタテインメント情報提供の草分けとして尽力。レコード売り上げの公査部数を発表する機関として注目を集めた。

オリコン・ウィークリー』の編集長として音楽雑誌らしくない誌面づくりを進めた猪股昌也を庇護し続けた。無類のおもちゃ好きで、オリコン社内に「童心ランド」と称するおもちゃ部屋を作った。

1980年代半ば、アイドル歌手などに対し「アーティスト」という呼称を用いた。カラオケ十八番矢沢永吉の「時間よ止まれ」であった[1]。 

ものまね王座決定戦』(フジテレビ)の審査員など、メディアに自ら出演する機会も多かった。小池のものまねを持ちネタにしていたダチョウ倶楽部は「ゲゲゲの鬼太郎に出てくる一般市民と同じ顔」とネタにしていた。

2001年1月20日に急逝した。享年70(満68歳没)[2]。小池の没後、株式会社おりこんダイレクトデジタル設立者である、小池の長男・小池恒が株式会社オリコンを約17億でM&Aし、代表取締役社長に就任した。

関連番組[編集]

  • 小池聰行のオリコン童心ランド - 1999年10月から2001年1月まで文化放送で日曜日に放送していた音楽批評番組。

出演番組[編集]

脚註[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]