金メダル男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金メダル男
監督 内村光良
脚本 内村光良
原作 内村光良
出演者 内村光良
知念侑李
木村多江
ムロツヨシ
土屋太鳳
平泉成
宮崎美子
笑福亭鶴瓶
音楽 林祐介、リエ&パーティーモンスター、内村光良
主題歌 桑田佳祐君への手紙
制作会社 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
デジタル・フロンティア
製作会社 「金メダル男」製作委員会
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2016年10月22日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億6100万円[1]
テンプレートを表示

金メダル男』(きんメダルおとこ)は、2016年10月22日公開の日本映画内村光良が原作・脚本・監督・主演を務め、監督としては3作目の作品となる[2]2011年に上演された内村の1人舞台『東京オリンピック生まれの男』を映画化したもので、映画初主演となる知念侑李が内村と二人一役を演じる[2]

原作となる内村執筆の小説は中央公論新社より2016年6月23日に発売された。

全国210スクリーンで公開され、2016年10月22日・23日の初日2日間で興収1億579万800円、動員8万3,682人を記録し、国内映画ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位[3]ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第3位となった[4]

小説[編集]

読売新聞夕刊にて2016年4月から6月まで連載され、単行本が中央公論新社より発売。挿絵はイラストレーターの五月女ケイ子[5]。内村にとって小説の執筆は『アキオが走る』以来20年振りとなる[6]

ストーリー[編集]

東京オリンピックに沸いた1964年長野県塩尻市に生まれた秋田泉一は、小学生の時に運動会の徒競走で一等賞に輝いたことがきっかけで、一番になることの幸福感にとりつかれる。それ以来、ありとあらゆるジャンルで一等賞を獲り始めるが、中学に入ってからはすっかり一等賞から見放されてしまう。

キャスト[編集]

その他出演者

スタッフ[編集]

製作[編集]

舞台『東京オリンピック生まれの男』を当初から映画にしたいと考えていた内村は[2]、前作の映画『ボクたちの交換日記』(2013年3月23日)公開翌日に『金メダル男』の初稿脚本を書き上げる[13]

2014年に翌年秋の撮影を決定し準備を開始。内村と二人一役となる若い頃の秋田泉一役に、番組の現場で「親子に見える」と言われたことがある知念侑李の起用が決まる[13]。左利きの知念は右利きの練習をして、作中のテニスや卓球、箸を持った姿などが自然に右利きで演じられるまでになった[14]

2015年9月に映画の製作発表がされ、同年10月7日にクランクイン。長野県塩尻市[15]沖縄などでロケーションを行い、12月5日にクランクアップした[13]

2016年3月に公開日が10月22日に決定し、7月には主題歌を桑田佳祐が担当することが発表された。桑田がソロ名義として映画の楽曲を提供するのは8年ぶりであり、親交のある内村からの直筆の手紙を添えたオファーに応え、主題歌『君への手紙』を書き下ろした[12]

2016年9月13日、東京・有楽町朝日ホールにて完成披露試写会を開催[16]

備考[編集]

  • 10月9日の『世界の果てまでイッテQ』2時間SPにおいて、内村が大車輪にチャレンジした企画の時は、土屋が応援ゲストとして出演した。
  • 映画とのコラボ企画で公開直前の10月17日から21日までの5日間、『ZIP!』にて内村と知念の撮り下ろしコント5編が放送された[17]
  • 番宣も兼ねて内村が『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』に出演。所ジョージと20年ぶりの共演を果たした[18]
  • 映画の中で『ヒルナンデス!』の場面が登場することから、同番組とのコラボ企画が実現。公開直前の10月17日から21日までの5日間、キャストが日替わりでゲスト出演。最終日の21日は内村が出演し、南原清隆とのウッチャンナンチャンのコンビによる共演(2016年初共演)を果たした[19]

舞台[編集]

内村光良の一人舞台『東京オリンピック生まれの男』は、東京・サンシャイン劇場にて2011年7月7日から10日にわたって全5回上演された[20]。当初は3月の予定だったが、東日本大震災の影響により延期された[20]。 作・出演は内村光良、演出は飯山直樹、ブレーンとして内村宏幸と「世界の果てまでイッテQ!」のプロデューサーである古立善之が参加[20]

内村が自身と同じ"東京オリンピック生まれの男"秋田泉一を演じ、様々な芸を実演していく約2時間の舞台は内村の集大成と評されている[21]。DVD化などはされていないが、WOWOWにて何度か放送されている。

タイアップ[編集]

  • スポーツ庁
    • スポーツ庁とスポーツの価値の認知向上を目的として、映画キャストの内村、知念が起用されたポスターを2016年9月に全国553カ所の学校に配布[22]

関連商品[編集]

  • 映画「金メダル男」サウンドトラック(2016年9月16日、配信限定)[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.42
  2. ^ a b c “Hey! Say! JUMP・知念侑李、映画初主演作で内村光良と二人一役W主演 内村監督3作目『金メダル男』”. Oricon style (オリコン). (2015年9月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2059140/full/ 2016年5月7日閲覧。 
  3. ^ 【国内映画ランキング】「君の名は。」歴代興収ランク9位に!”. 映画.com (2016年10月24日). 2016年12月20日閲覧。
  4. ^ 天才数学者の実話を描く『奇蹟がくれた数式』が満足度ランキング1位に!”. ぴあ映画生活 (2016年10月24日). 2016年12月20日閲覧。
  5. ^ “内村光良の長編小説「金メダル男」、読売新聞で連載スタート”. ナタリー. (2016年3月30日). http://natalie.mu/owarai/news/181596 2016年7月9日閲覧。 
  6. ^ “内村光良「お笑い」の筋を通しつつ他分野の一等賞に憧れも 小説「金メダル男」文庫化記念イベント”. シネマトリビューン CINEMA TRIBUNE. (2016年7月6日). http://cinetri.jp/report/kinmedao0705/ 2016年7月9日閲覧。 
  7. ^ a b c “木村多江が内村光良監督作で元売れないアイドルのヒロイン役!”. ムービーコレクション. (2015年11月13日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=9031 2016年5月7日閲覧。 
  8. ^ a b c d e “内村光良手がける「金メダル男」にムロツヨシ、土屋太鳳、笑福亭鶴瓶ら出演”. ナタリー. (2015年11月27日). http://natalie.mu/eiga/news/167253 2016年5月7日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s “大泉洋、長澤まさみらウッチャン新作映画に出演!19名のキャスト発表”. ムービーコレクション. (2016年1月30日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=9335 2016年5月7日閲覧。 
  10. ^ a b c d e “「金メダル男」森川葵、清野菜名ら5人の女優の姿収めた劇中カット公開”. 映画ナタリー. (2016年8月26日). http://natalie.mu/eiga/news/199485 2016年8月26日閲覧。 
  11. ^ “「金メダル男」夢みるアドレセンスが5人そろって女子高校生役で出演”. 映画ナタリー. (2016年8月19日). http://natalie.mu/eiga/news/198667 2016年8月19日閲覧。 
  12. ^ a b “桑田佳祐が8年ぶり映画主題歌提供 内村光良監督、念願かない男泣き”. Oricon style (オリコン). (2016年7月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2075744/full/ 2016年7月27日閲覧。 
  13. ^ a b c 金メダル男プロダクションノート”. 公式サイト. 2016年10月19日閲覧。
  14. ^ “「金メダル男」内村光良監督「やっぱ『LIFE!』やってよかった」”. exciteニュース. (2016年10月18日). http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20161018/E1476724004977.html 2016年10月19日閲覧。 
  15. ^ 長野県塩尻市が舞台の映画『金メダル男』”. 塩尻市観光協会. 2016年10月19日閲覧。
  16. ^ “映画界の金メダルを獲りたい!「金メダル男」完成披露で内村&知念が力強く宣言”. ナタリー. (2016年9月13日). http://natalie.mu/owarai/news/201699 2016年10月19日閲覧。 
  17. ^ “内村光良&知念侑李の撮り下ろしコント「ZIP!」で5日連続オンエア”. ナタリー. (2016年10月14日). http://natalie.mu/owarai/news/205274 2016年10月19日閲覧。 
  18. ^ “内村光良 所ジョージと20年ぶり共演「スゴイ汗かいてるんです」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/19/kiji/K20161019013558810.html 2016年10月19日閲覧。 
  19. ^ “ヒルナンデスに内村登場!今年初のウンナン共演に感動の嵐”. シネマトゥデイ. (2016年10月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086916 2016年10月21日閲覧。 
  20. ^ a b c “内村光良一人舞台の振替公演が7月に決定”. ナタリー. (2011年4月15日). http://natalie.mu/owarai/news/47951 2016年5月7日閲覧。 
  21. ^ “内村光良の集大成!一人舞台でピアノにバック転、大熱唱!120分間、しゃべりっぱなし!動きっぱなし!”. シネマトゥデイ. (2011年8月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0034486 2016年5月7日閲覧。 
  22. ^ “内村光良が全力な男演じる「金メダル男」、スポーツ庁とタイアップ”. お笑いナタリー. (2016年8月27日). http://natalie.mu/owarai/news/199733 2016年8月29日閲覧。 
  23. ^ “内村光良の作詞作曲、清野菜名演じるアイドルが歌う「私のサンクチュアリ」配信”. コミックナタリー. (2016年9月14日). http://natalie.mu/owarai/news/201825 2016年9月15日閲覧。 

外部リンク[編集]