アンタッチャブル (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンタッチャブル
メンバー 柴田英嗣
山崎弘也
別名 アンタ
結成年 1994年
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1995年 - 2010年2月
2019年11月 -
出身 スクールJCA3期
影響 高田純次(柴田)[1]
ダウンタウン
くりぃむしちゅー
出会い スクールJCA
旧コンビ名 シカゴマンゴ
芸種 漫才コント
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 証言者バラエティ アンタウォッチマン!
アンタッチャブルのおバカワいい映像バトル
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
エンタの神様
虎の門など
同期 豊本明長東京03
かずみん
フジタ
ブラックマヨネーズ
タカアンドトシなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2004年 爆笑オンエアバトル第6代チャンピオン
2004年 M-1グランプリ優勝
テンプレートを表示

アンタッチャブルは、プロダクション人力舎に所属する柴田英嗣山崎弘也からなる日本お笑いコンビ。略称は「アンタ」。爆笑オンエアバトル第6代チャンピオン(2003年度)、M-1グランプリ2004王者。

メンバー[編集]

柴田 英嗣(しばた ひでつぐ、1975年7月15日 - )(47歳)
ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。
静岡県清水市(現静岡市清水区)出身。
山崎 弘也(やまざき ひろなり、1976年1月14日 - )(46歳)
ボケ担当、立ち位置は向かって左。愛称はザキヤマ
埼玉県春日部市出身。

略歴[編集]

1994年、人力舎が運営するタレント養成所・スクールJCAの3期生によって現在のコンビを結成。

1990年代半ば、『ボキャブラ天国』(フジテレビ)シリーズへ出演。

1990年代後半 - 2001年海砂利水魚アンジャッシュと共に結成したユニット『ゲバルト一族』のオムニバスライブで人気を博した。

1999年、『爆笑オンエアバトル』(NHK総合テレビ)に第2回から出演、毎回高KBを記録し衆目を集める。

2003年、『M-1グランプリ』(朝日放送)で敗者復活戦を勝ち上がり、最終決戦へ進出(結果3位)。これをきっかけにテレビ出演が増加。

2004年3月、2003年度末の『爆笑オンエアバトル』第6回チャンピオン大会優勝。第4回を除く全てのチャンピオン大会に最終決戦まで出場するも、毎回優勝を逃していたが第6回において優勝を果たした。北見収録回では2004年度1位・歴代2位・自己最高の541KBを獲得している。10月から『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日)へレギュラー出演。その年末に『M-1グランプリ2004』にて優勝を成し遂げる。

2005年4月から『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日)にてレギュラー出演。

2007年5月、恵比寿ザ・ガーデンルームで芸歴13年目にして初の単独トークライブ「アンタッチャブルトークライブ『っていうか、断りゃよかった。』」を開催。

2009年8月、草月ホールで「アンタッチャブルのシカゴマンゴ“他力本願”ライブ2009」を開催。

2010年2月 - 2011年1月の間、柴田が体調不良と女性トラブルにより芸能活動を一時休業した[2]

柴田の休養以降、コンビ活動は実質停止。柴田の復帰後も番組出演時は一部を除いて多くの場合でコンビ名が後ろに表記されているが、それぞれがピンで活動している状態が10年間続いた。休業前からコンビでレギュラー出演していた番組は、柴田が降板して山崎のみの出演だった。

柴田と元交際相手の女性とのトラブルで警察から事情聴取を受けた(後に冤罪と判明)柴田に対し、所属事務所・人力舎の当時の社長が謹慎処分を下した。その後社長は処分を解く前に2010年6月急逝。人力舎は会社の体制を整えることを優先し、柴田の謹慎解除が後回しになったため、休業期間は長期に渡った[3][4]
柴田の休業期間は1年であったが、アンタッチャブルそのもののコンビ活動再開までにさらに8年10ヶ月を要したのは、山崎が柴田を許さなかったこともあるという。人力舎の社長が「アンタッチャブル」に泥を塗った柴田に対して、山崎以上に腹を立てていたことと、謹慎がとけないうちに逝去してしまったことで、山崎が遺志を継ぎ「柴田が完全に更生するまで『アンタッチャブル』は復活させないと決めた。」のだという[5]

2019年11月29日放送のフジテレビ『全力!脱力タイムズ』に柴田がゲスト出演、番組終盤に山崎がサプライズで登場した(全力!脱力タイムズ#アンタッチャブルのコンビ復活参照)[6]。12月8日放送の『THE MANZAI 2019』では約10年ぶりに新ネタを披露[7]。収録後には宣材写真を更新し[8]、本格的なコンビ活動を再開させる。

エピソード[編集]

ネタは主に2人で作っている。芸人のネタ作りは基本的に大まかな内容を決めた後でボケを考え、ツッコミのワードを組み込んでいくパターンが多いがアンタッチャブルの場合は逆で、最初に柴田がツッコミのワードを考えた後でそれに合わせて山崎のボケとネタの構成を考えている。台本は存在するものの山崎がそれを覚えきれないため、台本の途中途中のキーワードに戻るまではお互いアドリブの応酬となる[9][注 1]。そのため、同じネタをやっても同じ展開とはならないのも特徴的である。伊集院光は「歌に戻れなくなるギリギリのところまでお互いが精一杯のアドリブをする」ことから、アンタッチャブルの漫才をジャズに例えている[9]

爆笑オンエアバトル[編集]

  • NHK総合テレビで放送された『爆笑オンエアバトル』は放送開始当初から出場し好成績で活躍、2003年度には先述の通り6代目チャンピオンとなる。
  • 初オンエアは1999年4月3日放送回の第2回で、498KB(キロバトル)を得て1位で通過する。4月10日放送回も出場して467KBで1位通過。2週連続で同じ芸人が1位通過したのは、アンタッチャブルが初めてかつ唯一である。
  • 1999年7月10日放送回に、312KBで初めてオフエア(オンエアなし)となったネタは「娘さんをください」であった。 その後第1回チャンピオン大会予選で同じネタを披露したが、201KBで8位敗退した。
  • その後も常連として数多く出演し、オーバー500獲得回数7回で歴代4位となった。チャンピオン大会は第4回大会を除いて第7回まで全て出場している。
  • 第5回チャンピオン大会は818KBでファイナル2位となり、チャンピオンは同じ人力舎所属のアンジャッシュだった。
  • 2003年の第6回大会では、ファイナルで954KBを獲得して第6代目チャンピオンとなった。
  • M-1優勝1か月前の2004年11月27日放送回(北海道・北見収録)に出場。パーフェクトまで1ボールの541KBを得たが演目が完成しないままで収録現場へ到着した直後に疲れた2人は眠り込み、本番1時間前ぐらいに目覚めて必死に完成させたと2008年12月30日放送回の爆笑オンエアバトル10周年企画「ヒーローたちの伝説ネタSP」で本人たちが語った。
  • M-1優勝後の第7回チャンピオン大会ファイナルにシードで出場して926KBを獲得するも、986KBのタカアンドトシに及ばず2位となった。
  • コンビでは初めて爆笑オンエアバトルとM-1グランプリの両方で優勝した。 NON STYLEも爆笑オンエアバトルの9代目チャンピオンかつM-1グランプリ2008で優勝している[注 2]
  • 当番組ではゴールドバトラープラチナバトラーの両方に認定されている[注 3]
  • 披露していたネタは主に漫才だったが第2回チャンピオン大会は予選・決勝共にコントを演じ、2001年12月22日放送回はコント「組体操」[注 4]を披露するも257KBで6位オフエアとなった。これが通常回で唯一のコントであり、連勝オンエア記録は8でストップした。

M-1グランプリ[編集]

2003年(第3回)大会[編集]

  • 準決勝進出だったが、敗者復活枠から決勝初進出を果たす。ノーシードの敗者復活も初であった。最終決戦では票が入らず3位だったものの、大会委員長の島田紳助からは「来年は本命じゃないかと思うくらい凄かった」と絶賛された。
  • 1本目「ファーストフード店」は、柴田のツッコミに対してラサール石井から「彼(柴田)のツッコミが普通ではない。僕はもう一度それを見たい」と評された。 一部分で2丁拳銃のネタと2人とも自動ドアを開けてしまうというボケが被ってしまい、「前のコンビがウケていたからそのボケを再びやっちゃった大胆なコンビ」と思われたが、実際は決勝戦本番中の2組目の後に敗者復活枠が決定するため敗者復活組が5番目前後の演目は見られなかったので単なる偶然だったことを、木曜JUNK『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』2006年8月31日、2008年12月25日などで話題にしている。

2004年(第4回)大会[編集]

  • 予選の段階では人力舎からあまり期待されていなかったが、決勝進出が決まると事務所は急に優勝を期待して M-1決勝の2日前に優勝賞金を当てにして事務所の改装工事が行われたものの、「M-1決勝のネタ合わせに事務所の稽古場を使いたい」と要望するも受け入れられず仕方なしに近所の公園でネタ合わせをした。この大会で柴田が着ていたシャツは矢作兼おぎやはぎ)が2001年大会の決勝進出時に着用した物で、「自分たちの分も」と託された。スーツは上田晋也(くりぃむしちゅー)から買ってもらい、「これで獲ってこい」と言われたのを当人が語っている。
  • 優勝候補とされた笑い飯の得点が表示され、メンバーの予想に反して点が伸びなかったため優勝候補とされるコンビのハードルの高さを知り、自分たちも同様に優勝候補とされていたことから緊張していた。
  • 決勝のネタは「娘さんをください」で、700点満点中673点を獲得。2019年大会にてミルクボーイに抜かれるまではファーストラウンド歴代最高得点だった[注 5]。 全審査員から95点以上の得点を獲得、更に全審査員から単独1位評価を受けた[注 6]。審査員の島田洋七は昨年のラサールに続いて「やっぱり、眼鏡かけてるツッコミの君上手いよ」と評すると、柴田が答えようとする前に山崎が謙遜した。同じく審査員の春風亭小朝に「これ以上のネタを持ってこれるか?」と心配されるも、「息子の万引き」で7人中6票を得て優勝を果たした。なお、史上初となる関東地方(山崎)・中部地方(柴田)出身の芸人による優勝となった[注 7]

その後[編集]

  • 2010年以来5年ぶりに復活したM-1グランプリ2015では、2010年までの歴代王者の一方が審査員に起用されたもののアンタッチャブルのみ両者ともスケジュールの都合で辞退している[10][注 8]
  • 2004年大会にアンタッチャブルが優勝して以降は、長きに渡ってプロダクション人力舎所属の芸人(コンビ)が決勝に進出する事は無かったが、2021年(第17回)大会にて真空ジェシカが13大会ぶりに同事務所所属の芸人による決勝進出を果たした。

受賞歴[編集]

  • 1998年 OWARAIゴールドラッシュII - 第11回優勝
  • 1999年 OWARAIゴールドラッシュII - 第3回 グランドチャンピオン大会優勝
  • 2003年 爆笑オンエアバトル - 第5回チャンピオン大会準優勝
  • 2004年 爆笑オンエアバトル - 第6回チャンピオン大会優勝
  • 2004年 M-1グランプリ2004 - 優勝
  • 2005年 爆笑オンエアバトル - 第7回チャンピオン大会準優勝

出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

現在の出演番組[編集]

レギュラー番組
スペシャル番組・不定期出演

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビCM[編集]

吹き替え[編集]

PV[編集]

  • NICOTINE「DON'T ESCAPE FROM REALITIES」(2006年)

CD[編集]

DVD[編集]

その他[編集]

  • LINE アンタッチャブル公式ボイススタンプ[16][17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実際、前述のコンビ復活漫才においても柴田から「お前アドリブが過ぎるぞ」とに称しながらツッコまれるほど。
  2. ^ ただし、後にトレンディエンジェルが『爆笑オンエアバトル』の後継番組『オンバト+』と『M-1グランプリ』の両方で優勝している。
  3. ^ 彼らを含めてアンジャッシュ・タカアンドトシ・トータルテンボスの4組しか認定されていない。
  4. ^ その内容は2人が一切喋らないというかなり珍しいタイプのネタだった。このネタは2008年度のみに行われたコーナー、オンバトヒーローズで一部オンエアされた。
  5. ^ 審査員の人数が異なっていた2015年(第11回)・2016年(第12回)大会を除く。
  6. ^ ただし、後にメンバー自身が指摘しているように当時大会審査委員長を務めていた紳助は自身の不祥事の影響によってこの年は審査員を務めておらず、後にも先にも多くの大会で審査員を務めている松本人志ダウンタウン)もこの年は不参加だった。
  7. ^ その後、関東地方出身の芸人による優勝は2015年(第11回)大会にトレンディエンジェル斎藤司=神奈川県、たかし=東京都)が、中部地方出身の芸人による優勝は2020年(第16回)大会に村上マヂカルラブリー愛知県)が成し遂げるまでは彼らが唯一であった。
  8. ^ 大会前の2015年11月29日に放送された「M-1グランプリ復活記念SP 王者たちの緊急サミット!」(テレビ朝日系列)においても、歴代王者の中で唯一不参加だった。
  9. ^ 2020年11月3日『お笑い二刀流 MUSASHI』にて15年ぶりのTVコントと漫才を披露した。2021年2月15日回にもゲスト出演し、番組内で、サンドウィッチマンと共に同年4月より兄弟番組『お笑い実力刃』MCに就任することを発表した。
  10. ^ 山崎は2010-2015年、2017-2019年はMC、2016年はゲストとして出演。柴田は2020年から出演。
  11. ^ 2019年12月8日、コンビ復活後初のネタ番組出演。
  12. ^ キャッチコピーは「一触即発BOYS」。
  13. ^ 活動休止前から頻繁に出演。活動休止後は山崎のみが出演。2020年1月28日放送分よりコンビとして出演することもある。
  14. ^ キャッチコピーは「迷走!パワーしゃべる」→「笑凸!パワーしゃべる」。レギュラー放送終了後の不定期特番では、主に過去にて披露したネタが再放送されている。
  15. ^ コンビ活動休止以降、声優交代となった。
  16. ^ テレビ東京系アニメ『ケロロ軍曹』の6代目エンディングテーマ・『ケロロとギロロの地球(ペコポン)侵略ラヂオ』のエンディングテーマ曲(勝利の花びら)、『うまッチ!』『スーパー競馬』エンディングテーマ曲(ハルハラリ)
  17. ^ 伊集院光森本さやか、池袋のSMクラブMARSの里緒嬢、くりぃむもVTR出演。

出典[編集]

  1. ^ アンタッチャブル柴田英嗣が語る、相方・山崎弘也との関係性とコンビ復活” (2020年6月18日). 2021年10月7日閲覧。
  2. ^ 佐々木直まる (2012年4月23日). “【エンタがビタミン♪】アンタ柴田、長期休養の理由に「女性トラブルあった」自ら認める。相方・山崎との不協和音についても言及。”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2012/04/naomaru201204231100.html 
  3. ^ アンタッチャブル柴田「実は逮捕されてた」 活動休止の真相激白
  4. ^ アンタ柴田 復帰が遅れた真相は冤罪に重なった“不慮の出来事”,東京スポーツ,2015年10月15日
  5. ^ 『アンタッチャブル』復活の場に“有田哲平の番組”が選ばれた必然
  6. ^ “アンタッチャブル、約10年ぶりのコンビ共演で漫才 『脱力タイムズ』での実現に柴田が大興奮”. ORICON NEWS. オリコン. (2019年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2149811/full/ 2019年11月30日閲覧。 
  7. ^ “アンタッチャブルがTHE MANZAIで新作披露”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年11月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911300000257.html 2019年11月30日閲覧。 
  8. ^ “アンタッチャブルがコンビの宣材写真撮影 THE MANZAI直後に”. サンケイスポーツ. (2019年12月10日). https://www.sanspo.com/article/20191210-6DBD56YVJNIPRCR5REU2VRGAIA/ 2020年1月2日閲覧。 
  9. ^ a b アンタッチャブル復活前夜の食事会とは!? 伊集院光&柴田英嗣が裏側を語る:あちこちオードリー”. テレ東プラス. 2021年1月8日閲覧。
  10. ^ M-1審査員はブラマヨ吉田、チュート徳井ら歴代王者! アンタッチャブルは辞退(2015年12月4日の記事)
  11. ^ アンタとサンドがMCタッグ「お笑い実力刃」ネタに特化した新番組”. お笑いナタリー (2021年2月15日). 2021年3月28日閲覧。
  12. ^ 「人志松本の酒のツマミになる話」レギュラー化、フジ春改編”. お笑いナタリー (2021年3月8日). 2021年3月28日閲覧。
  13. ^ アンタ新番組「品評会ばんちょー」生産者のエピソードを芸人がコントで再現”. お笑いナタリー (2020年10月23日). 2020年10月25日閲覧。
  14. ^ アンタッチャブル - オリコンCM出演情報
  15. ^ アンタッチャブルが12年ぶりCM共演、ザキヤマ踊る、柴田は「探してください」(イベントレポート / 動画あり / 写真22枚)”. お笑いナタリー. 2020年3月25日閲覧。
  16. ^ アンタッチャブル ボイススタンプ”. LINE STORE. 2021年6月1日閲覧。
  17. ^ アンタッチャブルが10年ぶりに再始動。“感動の一夜”を山崎弘也&柴田英嗣が振り返る”. livedoor NEWS (2020年5月28日). 2021年6月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]