小山薫堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小山薫堂
プロフィール
本名 小山 薫堂
別名 うどん熊奴
誕生日 (1964-06-23) 1964年6月23日(59歳)
出身地 熊本県本渡市(現天草市
主な作品
テレビドラマ東京ワンダーホテル
映画おくりびと
受賞
日本アカデミー賞
読売文学賞
テンプレートを表示

小山 薫堂(こやま くんどう、1964年6月23日 - )は、日本放送作家脚本家ラジオパーソナリティ

株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長 兼 N35 inc代表、株式会社下鴨茶寮代表取締役社長、京都造形芸術大学副学長・芸術学部教授。前東北芸術工科大学教授。一般財団法人今日庵評議員。

料理の鉄人』以来、別名としてうどん熊奴(くまやっこ、「こやまくんどう」を逆さにしたアナグラム)の作家名を使い分けている。

経歴[編集]

熊本県本渡市(現天草市)出身。天草市立本渡中学校熊本マリスト学園高等学校日本大学藝術学部放送学科卒業。

小学生の時に初めて訪れた映画館が本渡第一映劇であると語っている[1]。高校時代は中原中也が好きで、ラブレターを書いて送ったことがある。父親から防衛大学校の入学試験に合格すれば車を買ってやると言われて防衛大学校を受験したが失敗。いろいろなホテルに宿泊したくて日本各地の私立大学を受験したが、友人(平田輝だとされる[注 1])の薦めで受験した日本大学藝術学部に合格した。当の友人は不合格だった。

大学の先輩に文化放送ADをしないかと勧誘されたことがきっかけで、大学在学中より文化放送の番組制作アルバイトを経験。それを経て、ラジオ番組の放送作家になった。大学では3年までの間にほとんどの卒業単位を取得し、大学4年生では卒業制作に専念。卒業制作は、姫路 - 東京間を往復する放送作家長谷川勝士と、北海道帯広に住むソーセージ職人との往復書簡を軸に描いた「普通の生活」というタイトルのビデオ作品を制作し提出した。

大学3年生の頃にラジオ番組『吉田照美のてるてるワイド』の企画で、吉田照美と共同でファッションブランド「バナナトリップ」を立ち上げ。原宿竹下通りに出店し、店長となるが、10か月で閉店の憂き目に遭った。その後、約1年間吉田照美事務所に所属し吉田のマネージャーも兼務した。

大学4年生の頃(1985年〈昭和60年〉)、放送作家長谷川勝士の紹介で、初めてテレビ番組『11PM』の作家として参加。その後、放送作家として独立。

深夜番組の構成を中心に活動しているが、『カノッサの屈辱』や前述の『料理の鉄人』などといった数多くの名番組も手掛けている。また、TVドラマ・映画脚本や小説の執筆、作詞、プロモーション企画の立案方面でも活躍している。

2009年4月に、東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科の新設に伴い教授 兼 学科長に就任。東北芸術工科大学では月に1日程度、講義と演習を担当。

2017年4月1日より京都造形芸術大学副学長・芸術学部教授。

2024年、モスフードサービス社外取締役[2]

人物[編集]

母親は美容師で、父親はその美容院を経営する一方、貸金業不動産業、貸衣装など幅広い商売をしていた[3]ダウン症の弟がおり、小学2年生のとき、父親に「お前は弟の分まで引き受けて、ふたり分頑張って生きていかなければならない」と話をされている[4]

若い頃からの憧れの地であったという京都古民家をリノベーションした別邸がある[5]。また長野県軽井沢を「こよなく愛する」と述べ、よく通っているという[6]

お風呂愛好家であり、入浴文化を探求する「湯道」を提唱・実践している[7]自動車愛好家であり、これまでシトロエン・BXポルシェ・911ランドローバー・レンジローバーアストンマーティン・DB9等、輸入車を中心に数多く乗り継いでいる[8]。また多数のグルメ本を出版するほどの食べ歩き好きであり、大のホテル好きでもある[9]

自称「誕生日プレゼントマニア」であり、人に誕生日プレゼントをあげたときの喜んでもらえた喜びというのが好きで、そういった人の喜びを自分の喜びとして感じるために番組やプロジェクトの制作に関わって仕事をしていると話している[10]。また、「仕事という言い訳で趣味を広げているという感覚はある」とも述べている[10]

モノに対して感情移入するような妄想癖があると話し、愛車に名前をつけたり、愛用したパンツの最後の迎え方を考えたり、また「この(履き古した)靴とは一生会えない」と思うと涙が出てくるという[11]

担当番組[編集]

脚本[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

放送中:
放送終了

テレビ[編集]

作詞[編集]

連載[編集]

連載中

連載終了

その他活動[編集]

著書[編集]

著作・翻訳[編集]

発売順

スタッフ[編集]

  • お厚いのがお好き?(扶桑社 ISBN 9784594042028、2004年5月)
  • カノッサの屈辱(フジテレビ出版 ISBN 9784594047665、2004年8月)
  • なおかつ、お厚いのがお好き?(フジテレビ出版 ISBN 9784594047924、2004年10月)
  • 「ニューデザインパラダイス」永久コレクションブック(フジテレビ出版 ISBN 9784594048778、2005年1月)
  • 「ニューデザインパラダイス」永久コレクションブック 2(フジテレビ出版 ISBN 9784594049973、2005年7月)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 平田は日本大学工学部を卒業した。

出典[編集]

  1. ^ 小山薫堂 シアタールームより、ミニシアターを買いましょう! Forbes 2016年5月14日
  2. ^ モスフードサービス 放送作家・小山薫堂氏を社外取締役に起用”. FNNプライムオンライン. 2024年2月27日閲覧。
  3. ^ 【小山薫堂】普通じゃない家庭環境で自由に育つ News Picks(2018.09.09)
  4. ^ 【小山薫堂】「普通の生活」とは何か? 弟の分まで生きる News Picks(2018.09.13)
  5. ^ 小山薫堂「アイデアを熟成させる京都の家」【隠れ家特集】 GOETHE(2020.12.20)
  6. ^ 軽井沢をさらなる文化リゾートにするための「別荘」活用案 Forbes JAPAN(2017.07.08)
  7. ^ 湯道 ORANGE
  8. ^ #303 小山薫堂 BS日テレ おぎやはぎの愛車遍歴(2020.04.04)
  9. ^ 旅は人生を豊かにする「種まき」。小山薫堂が1か月旅に出た理由 OnTrip JAL(2017.12.22)
  10. ^ a b (1)「小山薫堂さんの言い訳」 OPENERS(2015.05.14
  11. ^ 【最終話・小山薫堂】すべての価値は感情移入から生まれる News Picks(2018.09.22)
  12. ^ ORICON NEWS 小山薫堂 TV出演情報” (2020年12月3日). 2020年12月3日閲覧。
  13. ^ にっぽん再発見 九州・沖縄物語「豪華列車で旅する九州・美しの国」”. NHK (2013年10月23日). 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月15日閲覧。
  14. ^ a b 情熱大陸|2014/08/17(日)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年8月19日閲覧。
  15. ^ 令和2年度地域文化功労者表彰名簿

外部リンク[編集]

WEB[編集]

番組(テレビ・ラジオなど)[編集]