浅野杏奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あさの あんな
浅野 杏奈
プロフィール
愛称 アンナ、あんちゃん
生年月日 2000年12月25日
現年齢 18歳
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 B型[1]
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
活動
デビュー 2016年
ジャンル 女優アイドル
所属グループ マジカル・パンチライン
活動期間 2016年 -
事務所 ボックスコーポレーション
公式サイト 公式サイト
アイドル: テンプレート - カテゴリ

浅野 杏奈(あさの あんな、2000年12月25日 - )は、日本のアイドル。女性アイドルグループ・マジカル・パンチラインのメンバー。東京都出身。ボックスコーポレーション所属。

略歴[編集]

2016年1月22日、「佐藤麗奈 新アイドルグループ特設カウントダウンサイト」に3人目のメンバーとして登場。グループ名の「マジカル・パンチライン」も浅野の登場とともに発表された[1]。同年7月20日、ポニーキャニオンよりメジャーデビュー。

2017年4月2日よりBSフジで放送される「ポンキッキーズ」に2代目シスターラビッツ(初代は安室奈美恵鈴木蘭々)としてレギュラー出演[2]

2018年4月3日から2019年3月26日までNHKEテレで放送のテレビで中国語の生徒役としてレギュラー出演。

人物[編集]

3人姉妹の次女で4歳上の姉と12歳下の妹がいる。

マジカル・パンチラインでのキャッチフレーズは「マジパンの魔力コントロールナンバーワンこと浅野杏奈です。」[3]。4人体制になってからは「マジパンの熱血担当メラメラ~こと浅野杏奈です。」になる。ファンの名称は"Anna"と"Saints"(聖人)より「AntS」(アーンツ)[4]

グループ内では優等生キャラ[5]として知られ、「ぽにきゃん!アイドル倶楽部」MCとしてメジャーデビュー以前から浅野をよく知る吉田尚記も「異常に優秀」と評価している[6]。吉田が司会を務めたTIF2018アイドルクイズ王決定戦(2018年8月4日)では、予選で1位[7]となり高校生で唯一出場。

高校では第二外国語として中国語を勉強しており[8]、2017年に台湾広州でマジカル・パンチラインのライブを行った際には中国語でグループ紹介を行った。

趣味はギリシャ神話、映画鑑賞音楽鑑賞ピアノ。特技はバスケットボールラグビー[9]水泳マラソン(フルマラソン出場経験あり)。

好きな俳優はムロツヨシ。好きなアイドルグループはベイビーレイズJAPAN

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

雑誌掲載[編集]

ラジオ[編集]

配信番組[編集]

イベント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ラジカントロプスNEXTの月替りパーソナリティ
  2. ^ メンバーは週替り。

出典[編集]

  1. ^ a b c 佐藤麗奈参加の「マジカル・パンチライン」、新メンバーに浅野杏奈”. BARKS (2016年1月22日). 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ 「マジカル・パンチライン」浅野杏奈、二代目シスターラビッツに「鈴木蘭々さんの『元気』を受け継ぎます!」”. GirlsNews (2017年3月28日). 2017年3月29日閲覧。
  3. ^ FRESH IDOL マジカル・パンチライン”. HUSTLE PRESS (2016年7月11日). 2017年9月12日閲覧。
  4. ^ マジカル・パンチライン ファン愛称決定!”. マジカル・パンチライン公式サイト (206-07-24). 2017年12月27日閲覧。
  5. ^ マジパン佐藤麗奈「若さも負けていない」ポニキャン所属アイドルにメラメラ”. マイナビニュース (2016年10月3日). 2017年3月29日閲覧。
  6. ^ マジパン佐藤麗奈「小5のときGLAYの『誘惑』が流れたおかげで徒競走で1等賞取れました」!?”. yoppy (2017年1月30日). 2017年3月29日閲覧。
  7. ^ 「TIF2018アイドルクイズ王決定戦」 開催決定!!”. TOKYO IDOL FESTIVAL (2018年7月22日). 2019年4月8日閲覧。
  8. ^ マジパン、中国・広州で初の海外ワンマン開催。現地ファンからサプライズ祝いも”. BARKS (2017年11月22日). 2017年12月27日閲覧。
  9. ^ Biography”. マジカル・パンチライン 公式サイト. 2017年4月21日閲覧。
  10. ^ 福原遥、M!LK、「Popteen」ゆらゆら、マジパンら豪華コラボ ももクロ名曲でキレキレダンス”. モデルプレス (2017年2月5日). 2018年9月1日閲覧。
  11. ^ 月刊バスケットボール2016年12月号”. 日本文化出版. 2017年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]