向井康介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

向井康介(むかい こうすけ、1977年 - )は、日本の脚本家徳島県出身。

経歴[編集]

大阪芸術大学在学中に山下敦弘と知り合い、二人で共同で脚本を書き始める。最近は、単独での脚本も手がける。 『リアリズムの宿』で長塚圭史が演じた坪井小介は、自身がモデルであった。

キネ旬の「オールタイムベスト映画遺産200」で山根貞男と対談した。

2014年文化庁新進芸術家海外研修制度にて北京に留学。

2017年咲くやこの花賞受賞。

作品[編集]

特記しないものは、全て脚本での参加。

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 不詳の人(2004年)
  • 道(2005年)撮影兼任

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

  • リンダリンダリンダ (ノベライズ
  • あと一匙(文學界2014年11月号掲載)
  • 猫は笑ってくれない(ポプラ社)

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 映画芸術:ときどき寄稿したり対談、鼎談に参加したりする。

外部リンク[編集]