相澤虎之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あいざわ とらのすけ
相澤 虎之助
生年月日 (1974-03-05) 1974年3月5日(45歳)
出生地 日本の旗 日本
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1997年 -
テンプレートを表示

相澤 虎之助(あいざわ とらのすけ、1974年3月5日[1] - )は、日本の映画監督、脚本家。空族の一員である[2]

脚本作品に『サウダーヂ[3]、監督作品に『バビロン2 THE OZAWA』[4]などがある。

フィルモグラフィー[編集]

  • 花物語バビロン(1997年) - 監督
  • かたびら街(2003年) - 監督
  • 国道20号線(2006年) - 脚本
  • サウダーヂ(2011年) - 脚本
  • バビロン2 THE OZAWA(2012年) - 監督・脚本・編集
  • バンコクナイツ(2017年) - 脚本
  • 菊とギロチン(2018年) - 脚本 瀬々敬久と共同

脚注[編集]

  1. ^ 第15回水戸短編映像祭”. 水戸短編映像祭 (2011年9月23日). 2013年8月10日閲覧。
  2. ^ 「サウダーヂ」が甲府の旅館で凱旋上映 大ヒットまでの道のり振り返る”. 映画.com (2013年2月2日). 2013年8月10日閲覧。
  3. ^ 平澤, 竹識 (2009年9月24日). “『サウダーヂ』 富田克也(監督・脚本)・相澤虎之助(脚本)新作撮入インタビュー”. 映画芸術. 2013年8月10日閲覧。
  4. ^ 高木, 佑介; 渡辺, 進也 (2012年10月21日). “『バビロン2 THE OZAWA』公開 相澤虎之助インタヴュー”. Nobody. 2013年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]