絶対チェッカーズ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
絶対チェッカーズ!!
チェッカーズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1984年5月8日5月17日
KAWAGUCHIKO STUDIO
ジャンル J-POP
時間
レーベル キャニオン・レコード
チャート最高順位
チェッカーズ 年表
絶対チェッカーズ!!
(1984年)
もっと!チェッカーズ
(1984年)
『絶対チェッカーズ!!』収録のシングル
テンプレートを表示

絶対チェッカーズ!!』(ぜったいチェッカーズ)は、日本ロックバンドチェッカーズのファースト・アルバムである。

1984年7月21日キャニオン・レコードよりリリースされた。 後発でCDとマスターサウンドLPがリリースされており、その後2004年3月17日にCDが再リリースされている。

解説[編集]

  • オリコンLPチャート(1989年廃止)において、週間推定売上枚数の最多記録を樹立(1984年7月30日付)。この記録はオリコンLPチャートの廃止まで破られることはなかった。

収録曲[編集]

  1. 危険なラブ・モーション
  2. HE ME TWO(禁じられた二人)
    鶴久がリードボーカル。ゲイをテーマにした曲。全編ファルセットで歌われている。後に再録音され「THE CHECKERS BEST」に収録された。
  3. ウィークエンド アバンチュール
    • 作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:芹澤廣明
    サビ部分で「麻薬さ」と歌っているが、歌詞カードには「魅惑さ」と書かれている。
  4. 渚のdance hall
    • 作詞:藤井郁弥/作曲・編曲:芹澤廣明
  5. ギザギザハートの子守唄
    • 作詞:康珍化/作曲・編曲:芹澤廣明
    デビューシングル曲。発表後は全く話題にならず、同曲をヒットさせたいと考えたレコード会社側の手によって、タレントの松居直美が後に同曲をリリースした。しかし、後に発表したシングル「涙のリクエスト」がヒットしたのをきっかけに、この曲の知名度も上り、チェッカーズの曲として認知されるようになった。
  6. 涙のリクエスト
    • 作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明
    セカンドシングル曲だが、再録音されたバージョン。この曲のヒットによって一躍チェッカーズの名が世間に知れ渡った。
  7. MY ANGEL (I WANNA BE YOUR MAN)
    高杢がリードボーカル。
  8. ガチョウの物語
    アマチュア時代からの曲。テレビ番組『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ系列)にて使用された。
  9. ひとりぼっちのナタリー
    • 作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明
  10. ムーンライト・レヴュー50s'
    • 作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明
    アカペラ曲。レコーディング中、メンバーがアマチュア時代を思い出して涙したというエピソードがある。