親愛なるジョージ・スプリングヒル・バンド様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
親愛なるジョージ・スプリングヒル・バンド様!!
チェッカーズ(キュート・ビート・クラブ・バンド)スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル キャニオン・レコード
チャート最高順位
チェッカーズ(キュート・ビート・クラブ・バンド) アルバム 年表
毎日!!チェッカーズ
(1985年)
親愛なるジョージ・スプリングヒル・バンド様(キュート・ビート・クラブ・バンド)
(1985年)
FLOWER
1986年
テンプレートを表示

親愛なるジョージ・スプリングヒル・バンド様』(しんあいなるジョージ・スプリングヒル・バンドさま)は、日本ロックバンド チェッカーズが、『キュート・ビート・クラブ・バンド(英字表記:Cute Beat Club Band)』の名義で発売した企画アルバムである。

解説[編集]

1985年12月21日キャニオン・レコードより、チェッカーズの変名バンド「キュート・ビート・クラブ・バンド」(以下、C.B.C.B.と記載)名義で、CDとカセットのみの完全限定販売でリリースされた。 その後メンバーの意向とは関係なく、1995年12月16日にCDのみが再リリースされている。

B5サイズの大型ボックスに、CDおよびカセットと、B5サイズの30ページカラーブックレットがセットで収納されている。 また1985年に発売されたCDはスリムケースに収納されていたが、1995年の再発版は通常のCDケースに収納されている。

収録されている内容は、『藤井郁弥がニューヨークへ行き、1本のカセットを見つける。そのカセットの中には、60年代に成功を目の前にしてリーダーの死亡という不運に見舞われた伝説のバンド「ジョージ・スプリングヒル・バンド」(英字表記:THE GEORGE SPRINGHILL BAND)の音源が3曲収録されていた。そのカセットをメンバーが聞き、「もう一度蘇らせよう」と企画』し、その企画が出来上がるまでを、「スネークマンショー」ばりの音声によるコントと共に、ジョージ・スプリングヒル・バンドのオリジナル音源と、C.B.C.B.のカバー音源が収録されている。

尚、コントには上記のストーリーには関係無いコントも収録されている。

しかしジョージ・スプリングヒル・バンドというバンドは、架空のバンドであり、実際には存在せず、収録されている曲も実際にはメンバーが作曲したオリジナル曲である。 発表当時はインターネットの普及していない時代だったため、「ジョージ・スプリングヒル・バンドは、すべて自分達で作り上げた架空のバンド」という発表を行うまで、中古レコードショップには『「ジョージ・スプリングヒル・バンド」のレコードは無いか?』との、オリジナル音源を捜し続けるファンからの問い合わせが多かった。 ちなみに「ジョージ・スプリングヒル・バンド」バージョンのヴォーカルは、元ゴダイゴトミー・スナイダーが務めている。

このアルバムの発売前である1985年11月24日、チェッカーズが出演したバラエティ番組「チェッカーズンズン」にてC.B.C.B.名義で出演し、収録曲3曲を披露した。尚「NEXT GENERATION」は、チェッカーズ名義のベストアルバムに収録されたり、その後のライブなどでも多く歌われた。

収録曲[編集]

収録曲の「★」は、アルバムのブックレットに記載されている製作者クレジット。「☆」は、実際に製作した製作者。[1]

  1. LOVE(3分10秒)
    ★(オリジナル)作詞・作曲:Michael Kenner(オリジナルバージョンの編曲:記載無し)
      (カバー)訳詞:秋元康、編曲:後藤次利、Cute Beat Club Band
    ☆作詞:秋元康、作曲:武内享、編曲:後藤次利、チェッカーズ
  2. CLOSE YOUR EYES(4分14秒)
    ★(オリジナル)作詞・作曲:Michael Kenner(オリジナルバージョンの編曲:記載無し)
      (カバー)訳詞:秋元康、編曲:後藤次利、Cute Beat Club Band
    ☆作詞:秋元康、作曲:藤井尚之、編曲:後藤次利、チェッカーズ
  3. NEXT GENERATION(4分30秒)
    ★(オリジナル)作詞・作曲:Michael Kenner(オリジナルバージョンの編曲:記載無し)
      (カバー)訳詞:秋元康、編曲:後藤次利、Cute Beat Club Band
    ☆作詞:秋元康、作曲:藤井尚之、編曲:後藤次利、チェッカーズ

収録内容[編集]

  1. オープニング
  2. HOTEL
  3. 望郷
  4. 酒場
  5. NEXT GENERATION(ジョージ・スプリングヒル・バンド)
  6. インタビュー 黒人の工作員
  7. インタビュー ゲームセンターの女の子
  8. インタビュー オフィスの紳士
  9. CLOSE YOUR EYES(ジョージ・スプリングヒル・バンド)
  10. ジョージ・スプリングヒル・バンド
  11. LOVE(ジョージ・スプリングヒル・バンド)
  12. 部屋
  13. ミーティング
  14. 出前
  15. LOVE(C.B.C.B.)
  16. 発音
  17. スキャンダル
  18. CLOSE YOUR EYES(C.B.C.B.)
  19. 思い入れ
  20. NEXT GENERATION(C.B.C.B.)
  21. エンディング

注釈[編集]

  1. ^ 実際の製作者は、ファンクラブ会報「CUTE BEAT PRESS」1987年9月号(第15号)に掲載されている