Seven Heaven

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Seven Heaven
チェッカーズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1989年4月7日 - 5月30日
HITOKUCHIZAKA STUDIO
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース チェッカーズ
チャート最高順位
チェッカーズ 年表
SCREW
(1988年)
Seven Heaven
(1989年)
OOPS!
(1990年)
『Seven Heaven』収録のシングル
  1. 素直にI'm Sorry
    リリース: 1988年10月21日
  2. Room
    リリース: 1989年3月21日
テンプレートを表示

Seven Heaven』(セブン・ヘヴン)は、日本ロックバンドチェッカーズの7枚目のアルバムである。

1989年7月19日ポニーキャニオンよりリリースされた。

その後、2004年3月17日に再リリースされている。

解説[編集]

前作から1年ぶりのアルバム。

収録曲[編集]

  1. Welcome to my planet earth!!
    16ビートを目指したものの結局は8ビートになってしまい、メンバーは自分達の力不足を痛感した曲であるという。
  2. IT'S ALRIGHT
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:武内享/編曲:THE CHECKERS FAM.
    高杢がリードボーカル。間奏では徳永以外の6人がフォーメーションダンスを見せていた。
  3. Prologue
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    シングル「Jim&Janeの伝説」のプロローグ。
  4. That's why my darling
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:武内享/編曲:THE CHECKERS FAM.
    イントロとラストの口笛は尚之。
  5. Room
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    20枚目のシングル。
  6. HEART IS GUN〜ピストルを手に入れた夜〜
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:大土井裕二/編曲:THE CHECKERS FAM.
    コンサートでは後半のロックンロールメドレーやアンコールでよく演奏された。曲中で郁弥が他のメンバーを銃で撃ち殺していく寸劇が行われていた。
  7. 80%
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:鶴久政治/編曲:THE CHECKERS FAM.
    鶴久がリードボーカル。間奏では6人が三猿をモチーフにしたダンスをしていた。
  8. 素直にI'm Sorry
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:THE CHECKERS FAM./弦アレンジ:井上鑑
    19枚目のシングル。のちにフミヤが2002年10月9日発売のセルフカバーアルバム「Re Take」にてセルフカバー。
  9. Love Song
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:武内享/編曲:THE CHECKERS FAM.
  10. サ・ヨ・ウ・ナ・ラ
    • 作詞 :藤井郁弥/作曲:大土井裕二/編曲:THE CHECKERS FAM.
    子供のコーラスは素人らしさを出すため、「ポニーキャニオンの誰さんの子供とかの、そこらへんのガキ」を使ったとのこと。