Return to Myself (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Return to Myself
浜田麻里スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル インビテーション/ビクター音楽産業
プロデュース Greg Edward
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1989年度年間23位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • 浜田麻里 年表
    Heart and Soul
    1988年
    Return to Myself
    (1989年)
    Sincerely
    1990年
    『Return to Myself』収録のシングル
    テンプレートを表示

    Return to Myself』(リターン・トゥ・マイセルフ)は、浜田麻里の10枚目のアルバム。

    アルバム内容[編集]

    浜田の最大のヒットシングルとなった同名のタイトルトラックを収録し、初のオリコンアルバムチャート1位を獲得したアルバムである。

    マイケル・ランドウをはじめとするロサンゼルスの演奏陣をフィーチャーした、コンパクトではあるが、豪華なロック/ポップスサウンドを展開しており、一部ではAOR的な楽曲にも挑戦している。

    アルバム収録曲[編集]

    • 全作詞:浜田麻里(特記以外)
    1. Return to Myself
      作曲:大槻啓之
    2. Separate Lives
      作曲:原一博
    3. Emotion in Motion
      作曲:大槻啓之
    4. Walking on the Borderline
      作曲:大槻啓之 ※全英語詞
    5. Second Wind
      作曲:増田隆宣
    6. Only in My Dreams
      作曲:大槻啓之
    7. Take Me to Your Heart
      作詞:Steve Diamond,Chris Farren,浜田麻里(日本語詞) 作曲:Steve Diamond,Chris Farren
    8. We Should Be So Lucky
      作曲:Greg Edward,Randy Kerber ※全英語詞
    9. With All My Love
      作詞:Mark Mueller,Bruce Gaitsch,浜田麻里(日本語詞) 作曲:Mark Mueller,Bruce Gaitsch
    10. Restless Kind
      作曲:大槻啓之

    参加ミュージシャン[編集]

    • Guitars
    • Bass
      • John Pierce
    • Keyboards
      • Randy Kerber
      • Charles Judge
    • Drums
      • John Keane
    • Percussion
      • John Keane
      • Denny Fongheiser
    • Chorus