Aestetica

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Aestetica(エステティカ)
浜田麻里スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 徳間ジャパン/メルダック
プロデュース 浜田麻里
チャート最高順位
浜田麻里 年表
Reflection -axiom of the two wings-
2008年
Aestetica
2010年
Legenda
2012年
テンプレートを表示

Aestetica』(エステティカ)は、浜田麻里アルバム

内容[編集]

  • 約2年11ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム。同じレコード会社に所属しているLOUDNESSLAZY高崎晃がギターで参加した。
  • 本作は、高崎をはじめとする国内ミュージシャン主体によるハードロック/ヘヴィ・メタル色の強い楽曲と、海外ミュージシャン主体によるポップ色の強い楽曲がバランス良く収録されている。
  • 本作の発売に伴うコンサートツアーのうち、2010年5月29日・中野サンプラザでの最終公演の模様はBSフジにて三回放送された。2011年9月7日、その模様を収録したDVD「Mari Hamada Live in Tokyo "Aestetica"」が発表され、オリコンDVD音楽ランキングで9月9日付けで1位、オリコンDVD総合ランキングで3位を記録した。

批評[編集]

BARKSの増田勇一は「想像していた以上にロックな美学が感じられる作品に仕上がっている。自身の資質を充分すぎるほどに熟知している人の強み、凄みを感じさせる」と評した[1]

CDジャーナルは「初期作品を彷彿させるハードなマテリアルが印象的に響く。豊かな表現力を伴う緊張感の高い絶唱も見事」と評した[2]

収録曲[編集]

CD
全作詞: 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里。
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「Stay Gold」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 岸井将 増田隆宣、岸井将
2. 「Somebody's Calling」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 増田隆宣 増田隆宣
3. 「Unconscious Beauty」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 増田隆宣 増田隆宣
4. 「Stella」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 浜田麻里 大槻啓之
5. 「Crescendo」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 藤井陽一、浜田麻里 藤井陽一
6. 「Steps In The Sand」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 大槻啓之 大槻啓之
7. 「TIMES」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 浜田麻里 大槻啓之
8. 「Universe After Rain」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 浜田麻里 大槻啓之
9. 「St.Radiance」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 大槻啓之 大槻啓之
10. 「Stand Out」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 浜田麻里 大槻啓之
11. 「Once Again」 浜田麻里、全ヴォーカルアレンジ: 浜田麻里 大槻啓之 大槻啓之

レコーディング参加[編集]

国内
海外

脚注[編集]