レイジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイジー
LAZY
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル アイドル歌謡
ハードロック
ヘヴィメタル
活動期間 1973年 - 1981年
1998年 -
レーベル RCA1977年 - 1981年
エアーズ1998年 - 1999年
Lantis2000年 - )
共同作業者 藤田浩一
奥田民生
斉藤和義
JAM Project
メンバー 影山ヒロノブボーカルアコースティック・ギター
高崎晃ギター
井上俊次キーボード
旧メンバー 田中宏幸ベース
樋口宗孝ドラムス
吉田拓郎
泉谷しげる
ディープ・パープル
クリーム
など

レイジー(LAZY)は、日本ロックバンド

メンバー[編集]

再結成後はアコースティック・ギターも担当。

旧メンバー[編集]

2006年9月1日、急性心不全のため逝去。
2008年11月30日肝細胞癌のため逝去。

両人とも他界しているが、以降作成された楽曲に生前に録音した各々の演奏の音源が使用されている時がある。

活動[編集]

結成〜初のヒット[編集]

1973年、小学校からの同級生である景山・高崎・田中がバンドを結成。それぞれ別の高校に進学後、景山が井上を、高崎が2年先輩(既に文化祭を始め、何度か競演を重ねる仲)の樋口を誘いバンドに加入。ディープ・パープルの楽曲の名前をとって、バンド名を「レイジー」とする。

初期は吉田拓郎泉谷しげるのカバーを行っており、演奏技術の向上とともにハードロックのカバーを行うようになった。

1977年2月朝日放送の『ハロー・ヤング』に出演、ディープ・パープルの「BURN」を演奏。これがかまやつひろしに認められ、デビューの誘いを受ける。 同年6月、デビューのため上京。 同年7月、RCAよりデビュー。本来はハードロック志向のバンドだったにもかかわらず、制作サイドの意向によりベイ・シティ・ローラーズのようなイメージを要求されることになり(景山によると「上京してすぐに美容室に連れて行かれ、髪を切られた」とのこと)、ニックネームとお揃いのコスチュームを与えられた。かまやつはポール・ロジャースにデビュー曲を書かせるという約束をしていたのだが実現せず、実際のデビュー曲『Hey! I Love You!』は森雪之丞(作詞)、馬飼野康二(作曲)のコンビによるものとなった。なお、プロデューサーはその後角松敏生オメガトライブ等を手掛けた元グループ・サウンズアウト・キャスト藤田浩一。この方針はメンバーを困惑させることになった。しかし、「売れれば好きなハードロックができる」との説得を受け、これに応じることになる。後に景山は「生き残るということを考えれば(アイドル路線は)妥当なものだったと今なら思えるが、当時はショックの方が大きかった」と、高崎は「ロックは弾けてもポップは弾けないと分かったので、将来のことを考えて音楽性を広げるために真面目に練習したが、ストレスは溜まった」と語っている。

1978年、3枚目のシングル赤頭巾ちゃん御用心』がオリコン32位にランクインし、レイジーの名を一躍有名にする。しかし、自分たちが望まない路線でのヒットはメンバーの複雑な思いをさらに強くするものであった。

音楽性の追求[編集]

シングルではポップなアイドル路線を歩む彼等だったが、ライブでは洋楽のロックナンバーも演奏する等、自分達の原点であるロックへのこだわりを見せていた。特に高崎のギタープレイは同世代のギタリストからも注目され、1979年には遠藤賢司が会長となって「レイジー男だけのファンクラブ」が結成された。デビュー曲を作詞した森雪之丞も参加している。その後、シングルでもアルバムでもハードロック調の楽曲を発表していき、4thアルバム『Rock Diamond』では全10曲中8曲をメンバー自身が作曲している。

しかし、その一方で依然としてアイドル路線の曲の発表も続いており、彼等は「やりたい音楽」と「求められる音楽」のギャップを感じ続けていた。

ヘヴィー・メタル宣言〜解散[編集]

1980年7月から始まったツアー『DOMESTIC TOUR IN SUMMER』で「ヘヴィー・メタル宣言」が行われた。これは彼等が「本当にやりたい音楽」をやるための、宣戦布告とも呼べるものだった。その後、シングル『感じてナイト』を経て発売されたアルバム『宇宙船地球号』はハードロック調の曲で統一され、それまでのアイドルバンドとしての彼等のイメージを根底から覆した。

本来ハードロック志向だった彼等にとっての原点回帰となったのが『宇宙船地球号』であり、これが本当のスタートになるかと思われたが、その結果としてメンバー間の音楽性の違いが浮き彫りになっていった。そのため、景山の20歳の誕生日である1981年2月18日調布グリーンホールで行われたライブで解散宣言が行われ(その模様はライブ・アルバム『燃えつきた青春』に収録されている)、同年5月31日、正式に解散した。

解散後[編集]

もっとも人気のあった景山は「影山ヒロノブ」の芸名でソロデビュー。当初は方向性に迷っていたというが、1985年に「KAGE」名義で『電撃戦隊チェンジマン』の主題歌を歌い、以後多くのアニメ特撮ヒーロー作品の主題歌・挿入歌を歌うことになり、現在は「アニソン界のプリンス」の異名を持つ実力派として知られている。また、井上が代表取締役を務めているランティスでJAM Projectのリーダーを努めている。

高崎と樋口は、ヘヴィメタルバンド「LOUDNESS」を結成(初期は田中も参加していたが、正式なデビューの前に脱退した)、世界進出を果たす。樋口は1993年に一度脱退し、自身のバンド「SLY」を結成、2000年からLOUDNESSに復帰。

田中と井上は、ポップ路線のバンド「ネバーランド」を結成。ネバーランドの解散後は「HUMAN NATURE」を経て、影山をボーカルに迎えたバンド「AIRBLANCA」を結成した。AIRBLANCAの解散後、井上は同じ「トライアングル・プロダクション」所属の3人組コーラスグループ「トロワ」とのユニット「BIG BANG」に参加し1981年3月クインシー・ジョーンズの名盤『愛のコリーダ』の日本語版をRVCレコードから発表し、大阪毎日放送(MBS)「ヤングOH!OH!」などに出演している。その後音楽プロデューサーに転身。レコード会社「スターランド」「シックスティ」「エアーズ」などのディレクターになり、その事が後の再結成に繋がる。

再結成[編集]

1997年、当時放送中の『ウルトラマンダイナ』の主題歌担当だった井上が、エンディングテーマにレイジーを起用することを決断。井上の誘いにメンバーが了承し再結成が決定。翌年3月からの使用に向けて再集結した。

そして1998年3月21日、復活第1弾シングル『ULTRA HIGH』がエアーズから発売される。当初は田中が復帰しておらず、ベースは代役(高崎)が弾いていたが、3月30日放送分の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』への出演と同時に田中が復帰、完全復活を遂げた。

7月には復活第1弾アルバム『Happy Time』を発売。以後、その活動はライブを中心としたものになって行く。

新会社への移籍、その後…[編集]

1999年11月28日渋谷公会堂でのライブ『LAZY ROCK COMMUNICATION SHIBUYA. ~キタ奴の勝ち~』を最後に、井上が伊藤善之と共に立ち上げたレコード会社「ランティス」に移籍。2枚のシングルを経て、『宇宙船地球号』の続編と呼べるアルバム『宇宙船地球号II』を2002年に発売した。

再結成後はメンバー個々の活動との掛け持ちであるため、2003年以降は活動自体が途絶えがちになっていった。

2006年9月1日、田中が他界。

その後、デビュー30周年となる2007年にも活動は一切行われなかったが、デビューのきっかけの場所となった旧ABCホールが閉鎖する事になり同ホールの最終公演者にレイジーが選ばれ、2008年6月30日に『さよなら!ABCホール~LAZY一夜限りの復活祭~』が開催。数年振りにメンバーが集結した。既に故人となっていた田中と肝細胞癌が発覚し療養していた樋口を除く3人がステージに立ち、サポートミュージシャンとしてベースを日野賢二、ドラムをJanne Da Arcshujiが担当。またレイジーをリスペクトする奥田民生斉藤和義もゲスト出演した。

同年11月30日に樋口が他界。12月24日に行われた樋口の一般本葬「Last Memorial Birthday」での弔辞では、高崎より「樋口の精神を継承し、LOUDNESSとLAZYを精進していきたい」と、レイジーの活動継続が明言された。

2009年4月22日、奥田民生、斉藤和義、JAM Projectをサポートミュージシャンに迎えたスペシャルユニット「ULTIMATE LAZY for MAZINGER」として、初期シングル『感じてナイト』のリメイク曲『感じてKnight』(アニメ『真マジンガー 衝撃! Z編』主題歌)をリリース。田中及び樋口の生前のライブ音源が素材として使用された。奥田・斎藤とのコラボのきっかけは前述の『さよなら!ABCホール~LAZY一夜限りの復活祭~』である。

2009年9月27日、井上が代表取締役社長を務めるランティスが設立10周年の記念で行ったライブ『10th Anniversary Live ランティス祭り』に出演。『Burn』『感じてKnight』をプレイ。2014年に開催された設立15周年記念ライブ『15th Anniversary Live ランティス祭り 2014』では7月26日の大阪公演に出演した。

2009年11月14日、樋口の一周忌イベント『樋口宗孝追悼ライブ2009 Eternal Gift of ROCK 2009 MUROCK presents Munetaka Higuchi Forever Our Hero ~EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI~』に参加。もともとはLOUDNESSのライブだが、影山と井上がゲスト出演しレイジーとして出演した。樋口宗孝追悼ライブは2011年を除く2013年まで開催され、レイジーは2010年、2012年にも出演している。

2011年、アニメーション映画トワノクオン』の主題歌としてRecklessを発売[1]。レイジーとして歌われたシングルとしてはZone of the Enders以来実に10年ぶりのシングルである。

2012年12月1日、Zepp DiverCityで行われた『Act Against AIDS 2012「アニソンAAA Vol.1」 in Zepp DiverCity』に参加。アコースティックライブであったがレイジーのみアンプを持ち込みエレキギターで演奏された。

2013年7月7日、樋口が肝細胞癌で逝去されたことをきっかけに立ち上げられた、癌の疾患啓発や患者支援、治療研究の推進のための支援基金『樋口宗孝がん研究基金』が企画したチャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES vol.2」に出演。このライブには高崎がLOUDNESS、影山がJAM Projectとしても出演しており、レイジーはアンコールで登場。2016年12月に行われたvol.5にも出演した。

2014年からは田中の命日である9月1日に追悼ライブとなる『hiroboh forever~田中宏幸を偲んで~』をレイジーが中心となり開催。2014年は大阪、2015年は東京で開催され、2015年には田中と井上がレイジー解散後に活動していたネバーランドのメンバーが1990年の解散以来初めて全員揃い25年ぶりのステージを披露した。ライブ中「今後もレイジーやネバーランドの同窓会的なイベントとして毎年開催したい」と影山がMCで語り、翌2016年は『LAZY-NEVERLAND”re-union”LIVE』を大阪で開催。ヘヴィー・メタル宣言後の楽曲の他、アイドル時代の楽曲「愛には愛を」「地獄の天使」もレイジーとして久しぶりに演奏された。

2017年、デビュー40周年記念企画として新曲の発表とライブを行う予定[2]

逸話[編集]

景山の負傷
1979年5月22日、シングル『ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション』のプロモーション用フィルムの撮影中に景山が右足首を複雑骨折、入院するというアクシデントが発生。それから景山が復帰するまでの約1ヶ月間、ライブは4人で行われた。田中がメインボーカルを務め、他のメンバーも自分の持ち歌を歌ったりしてサポートした。
再結成
再結成を決断した井上は各メンバーへ声をかけた際、高崎は「ひぐっつあんがいいって言うなら、ええけどな」と返事。そして樋口は二つ返事で快諾し、高崎も快諾した。高崎に直接会った際には、高崎と幼なじみでレイジーをアマチュア時代からよく知る山下昌良がたまたま同席しており、山下が「それ、やったほうがいいよ」と再結成を薦めてくれたと、井上がインタビューで語っている。[3] 再結成の前年に、BURRN!に連載された喜国雅彦の漫画『ROCKOMANGA!』にLAZYがもしも再結成したら…?というネタが掲載されていた[4]
赤頭巾ちゃん御用心の封印
再結成の条件に「バンドの初ヒット曲である『赤頭巾ちゃん御用心』をライブで一切演奏しないこと」という項目がある。これは、高崎にとって一番嫌いな曲だそうで、ラウドネスが全米進出していた頃のギター雑誌でのインタビューでこの曲について触れた際に曲名を「赤ずきんちゃんクソッタレ」と冗談まじりに変えて話したことがある。またレイジー再結成当時の音楽雑誌のインタビューでも「あんな曲やるくらいなら再結成なんかせんわ!」と発言しているほどである。
1998年の赤坂BLITZでのライブでは、田中と井上が別の曲の間奏に「赤頭巾ちゃん」のイントロのフレーズを紛れ込ませ、影山が突っ込むという一幕があった。代わりに、『Happy Time』にて「黒頭巾」なるブラック・サバスを彷彿させるヘヴィな曲が収録された。
2016年の『LAZY-NEVERLAND"re-union"LIVE』ではアイドル時代の楽曲「愛には愛を」「地獄の天使」が久しぶりにレイジーとして演奏されたが、直後のMCで影山の「赤頭巾が近づいてきてる」という発言に高崎が「近づいてへんわ!」と突っ込みを入れる場面があった。
但し、レイジーとしてではなく、影山・井上が高崎が関係していないライブ等で歌うことはある。
ULTRA HIGHの作曲
1998年8月号のYOUNG GUITARの高崎晃のインタビューによれば、「ULTRA HIGH」は当時4歳だった息子と一緒に見ていた『電磁戦隊メガレンジャー』や『星獣戦隊ギンガマン』の主題歌に影響されて作曲したらしい。高崎曰く「息子と一緒に『メガレンジャー』や『ギンガマン』を見ていたから子供たちが喜ぶツボは抑えてるハズ(笑)」とのこと。「ULTRA HIGH」は高崎の息子を含む園児層のために捧げた曲、とのことである。
一夜限りの復活祭
2008年6月30日に行われた『さよなら!ABCホール~LAZY一夜限りの復活祭~』は斉藤和義が出演したラジオ番組がきっかけで実現した。斉藤が旧ABCホールとレイジーの話を番組で語り、この話を聞いた朝日放送のプロデューサーがレイジーのメンバーに出演交渉し、ライブの開催が決定した。
ライブではレイジー、奥田、斉藤のセッションも披露され、アンコールでは2年前に亡くなった田中の歌声で「LONELY STAR」が演奏された。
「復活祭」の名の通りこのライブ以前の数年間はLAZYとしての活動は行われていなかったが、このライブ以降ライブイベントにてLAZYとして参加する事が偶に行われるようになった。
ランティス祭り
2009年9月27日に行われたランティス祭りは、井上はランティスの代表取締役社長であり影山はランティスと関係が深いが、高崎はランティスでの活動は多くは無い。高崎がオファーを受けレイジーが出演する事になった経緯として、影山が「『ランティス祭りでぇへん?』と軽く誘った所『ええで』の返事一つで出演が決まった」と語っている。後に「たっかん(高崎)は絶対にアニメソングのライブである事が分かってない」とも語っている。しかしライブ後、高崎は自身のHPで「日本のアニソンパワーは強烈でっせ!」とランティス10周年を祝い、後にランティス祭りのTシャツを着用する高崎の写真もアップされた。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
Hey! I Love You! OK! 1977年7月25日 RCA
カムフラージュ クィーンにふさわしい 1977年10月25日
赤頭巾ちゃん御用心 恋のピエロ 1978年2月5日
燃えろロックン・ロール・ファイアー 二人の宝島 1978年5月5日
地獄の天使 レイジーのテーマ 1978年7月25日
ハローハローハロー 青春の1ページ 1978年10月25日
愛には愛を 失われた伝説 1979年2月5日
ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション 好きさ、好きさ、好きさ 1979年6月5日
Midnight Boxer Bye Bye Baby 1980年1月5日
悲しみをぶっとばせ ゴールデン・ゲート 1980年5月21日
感じてナイト ドリーミー エクスプレス トリップ 1980年8月21日
星のハーティー・ロード ガラスのハート 1981年4月5日 実質的には井上(A面)・田中(B面)の各ソロに近い扱いで、ジャケット写真も上記2名のみ掲載
ULTRA HIGH Everybody Wants Love 1998年3月21日 エアーズ ウルトラマンダイナ』エンディングテーマ
田中は未参加
Pray My Rest Pose 1998年12月16日 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN』オープニングテーマ
Angelique〜永遠の約束〜 LEGEND OF THE LIGHT 2001年1月24日 Lantis アンジェリーク 〜聖地より愛をこめて〜』オープニングテーマ
Zone of the Enders Shadows of War! 2001年5月23日 Z.O.E Dolores, i』オープニングテーマ
感じてKnight Unforgettable Days 2009年4月22日 真マジンガー 衝撃! Z編』オープニングテーマ
「ULTIMATE LAZY for MAZINGER」名義
Reckless Blind man 2011年7月13日 トワノクオン』主題歌

アルバム[編集]

ベスト・アルバム[編集]

すべてRCA在籍時の音源のみを収録

VHS、DVD[編集]

  • HAPPY TIME TOUR '98〜黒頭巾のなすがまま〜VHS、1998年10月21日発売、エアーズ)
    1. HAPPY TIME
    2. 感じてナイト
    3. Pray
    4. 黒頭巾
    5. DREAMER
    6. Hey! I Love You!
    7. Good-by My Baby
    8. Baby I make a motion
    9. LONELY STAR
    10. Ultra High
    11. EARTH ARK
    12. 今夜、LOVERS LANEで…
  • LAZY LIVE 2002 宇宙船地球号II〜regenerate of a lasting worth〜DVD、2003年6月4日発売、Lantis)
    1. Overture
    2. Earth Ark(宇宙船地球号)
    3. Rock on Me
    4. Respect
    5. Why
    6. PRAY
    7. Make me Wonder
    8. Angelique〜永遠の約束〜
    9. Midnight Crusing
    10. 今夜LOVERS LANEで…
    11. LONELY STAR
      • 原曲と異なり、田中がリードボーカル。
    12. 感じてナイト
    13. EVERYBODY WANTS LOVE
    14. Driving High
    15. Young & Innocent
    16. DREAMER
    17. ULTRA HIGH
    18. Ending〜遥かなるマザーランド
    • (映像特典)「Legend of LAZY」(ナレーション:速水奨、特別ゲスト:かまやつひろし)/「LAZY 1998-2002」(ミュージッククリップ)

コンピレーションアルバム[編集]

  • 魔装機神サイバスター Vocal Edition「EARTH ARK」(1999年発売、エアーズ)
テレビアニメ魔装機神サイバスター』のソングアルバム。複数のアーティストが、アニメのテーマである地球環境保護をコンセプトに楽曲を提供した。
レイジーは、オリジナルアルバム『宇宙船地球号』収録曲から「遥かなるマザーランド」「僕らの国でも」の2曲をリメイクして提供。リメイク版はレイジーのCDには未収録。

未商品化オリジナル曲[編集]

  • 天国の悪魔(1999年の渋谷公会堂ライブで初披露)

イベントライブ[編集]

  • HAPPY TIME TOUR '98〜黒頭巾のなすがまま〜
    • 1998年8月21日、福岡ドラムロゴス
    • 1998年8月23日、大阪HEART BEAT
    • 1998年8月27日、札幌ZEEP札幌
    • 1998年8月30日、赤坂BLITZ
  • 「LAZY LIVE DUAL」〜Are You Happy?〜
    • 1999年1月24日、大阪HEART BEAT
    • 1999年1月25日、名古屋ダイアモンドホール
    • 1999年1月28日、赤坂BLITZ
  • LAZY ROCK COMMUNICATION SHIBUYA. ~キタ奴の勝ち~(1999年11月28日、渋谷公会堂)
  • NEST 4th Anniversary(2000年3月5日、渋谷NEST)
  • LAZY ROCK COMMUNICATION(2000年6月4日、日比谷野外音楽堂)
  • ROCK SUMMIT 2000(2000年9月16日、日比谷野外音楽堂)
  • LAZY LIVE 2001 ~Niku-Atsu-Jigoku~
    • 2001年5月23日、渋谷AX
    • 2001年5月26日、大阪 BIG CAT
    • 2001年6月7日、表参道 FAB
  • LAZY LIVE 2002 "宇宙船地球号II ~regenerate of lasting worth~"
    • 2002年11月23日、なんばHATCH
    • 2002年11月29日、日本青年館
  • さよなら!ABCホール~LAZY一夜限りの復活祭~(2008年6月30日、ABCホール)
  • 10th Anniversary Live ランティス祭り(2009年9月27日、富士急ハイランド・コニファーフォレスト)
  • 樋口宗孝追悼ライブ2009 Eternal Gift of ROCK 2009 MUROCK presents Munetaka Higuchi Forever Our Hero ~EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI~(2009年11月14日、中野サンプラザ)
  • EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI 2010 樋口宗孝追悼ライブ vol.2(2010年11月14日、渋谷C.C.Lemonホール)
  • Act Against AIDS 2012「アニソンAAA Vol.1」 in Zepp DiverCity(2012年12月1日、Zepp DiverCity)
  • 樋口宗孝追悼ライブ vol.4 EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI 2012 5th Memorial(2012年12月2日、Zepp Tokyo)
  • Rock Beats Cancer FES Vol.2(2013年7月7日、日比谷野外音楽堂)
  • 15th Anniversary Live 2014 ランティス祭り つなぐぜ!アニソンの"わ"大阪公演1日目(2014年7月26日、万博記念公園もみじ川芝生広場)
  • hiroboh forever2014~田中宏幸を偲んで~(2014年9月1日、阿倍野ROCKTOWN)
  • hiroboh forever2015~田中宏幸を偲んで~(2015年9月1日、TSUTAYA O-EAST)
  • LAZY-NEVERLAND”re-union”LIVE(2016年9月1日、大阪 BIG CAT)
  • Rock Beats Cancer FES Vol.5(2016年12月29日、EX THEATER ROPPONGI)

権利の移動[編集]

エアーズが解散した後、『Happy Time』はトライエムから再発売された。しかし2004年以降に発売されたCDでは、「ULTRA HIGH」の権利をプリズム(日本コロムビア系列の会社)が所有していることになっている。一つの楽曲の権利を二つの会社が共有することは少なく(全くないわけではない)、トライエムからプリズムへの権利の譲渡が行われたと考えるのが妥当なところだが、円谷音楽出版もこの楽曲の権利に関わっているため原盤権の所在は不明確である。

脚注[編集]

  1. ^ Reckless - 劇場版『トワノクオン』 - LAZY Lantis web site
  2. ^ LAZY 40th Anniversary企画始動、新曲リリース&記念ライヴ開催を発表 - amass
  3. ^ 「ジャパンヘヴィメタル大全 不屈の魂」音楽専科社、2004年
  4. ^ 『ROCKOMANGA!』(2013年、リットー・ミュージック)98p(BURRN! 1997年9月号掲載分)

関連項目[編集]