1977年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1977年の音楽(1977ねんのおんがく)では、1977年(昭和52年)の音楽分野の動向についてまとめる。

出来事[編集]

日本で活躍したアーティスト[編集]

年間トップ5
  1. ピンク・レディー
  2. 沢田研二

洋楽[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

日本でのランキング [編集]

シングル[編集]

年間TOP50

1976年12月6日付 - 1977年11月28日

アルバム[編集]

年間TOP50

1976年12月6日付 - 1977年11月28日付(データはLPチャートでの集計)

イベント[編集]

開催日 タイトル
4月17日 東京フォーク・ジャンボリー '77
12月31日 スモーキン・クリーンコンサート 5th 1977-1978
12月31日 第28回NHK紅白歌合戦

日本武道館公演[編集]

主な音楽賞[編集]

受賞作・受賞者
第19回日本レコード大賞
第15回ゴールデン・アロー賞
  • 音楽賞 - 石川さゆり
  • 新人賞(音楽) - 狩人
第14回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会
  • グランプリ - 世良公則&ツイストあんたのバラード
  • 優秀曲賞
    • 広山敬子「もしもしレモン色した髪のお嬢さん」
    • 小林契「踊り子」
    • 下村明彦「自由になりたいために」
  • 入賞
    • スパイラル・ステップス「グッドバイ」
    • セカンド「じゃあね、またね、元気でね」
    • 藤根淳子とハッピー・リップス「あなたはエンジェル」
    • 上田真「夕暮れ」
    • スー・ハインズ「ニュースペーパーズ」
    • サトリ「二人の夜明け」
    • 岩井啓二「もう一度」
  • 川上賞 - 友井久美子「別れのメッセージ」、本間由里「ホワイトナイト」
第13回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会
  • グランプリ - 小野香代子「さよならの言葉」
  • 優秀曲賞
    • ピクルス「蒼い炎」
    • 木村恭子「スター」
    • アイスクリーム・ファンタジー「Shall We Dance?」
    • 心斎橋ラッシュとS・B・C親不孝バンド「Brother on a water」
  • 入賞
    • 児島由美「夢の旅」
    • 福田真奈美「愛のぬくもり」
    • シャトレII「あの頃」
    • こっとん「おじいさんの青春」
    • 津雲優「秘想(枯葉の訪れ)」
    • アグアグ「アンティック・ドール」
    • 松野美佐保「もし私が鳥になれたら」
    • 原田良樹とサクセス「南の島は今日もいヽ天気」
    • シンクタンク「恋の傷あと縫いさんへ」
    • 山田文子「アイリン」
第10回下谷賞
  • 下谷賞 - 上岡洋一「秋空に
  • 下谷賞 - 中村暁生「門出」
第10回日本有線大賞
  • 大賞 - 沢田研二「勝手にしやがれ」
第10回全日本有線放送大賞
  • グランプリ - 小林旭「昔の名前で出ています」
第10回日本作詩大賞
  • 大賞 - 沢田研二「勝手にしやがれ」(作詞:阿久悠)
第10回新宿音楽祭
  • 金賞 - 清水健太郎、高田みづえ、狩人
  • 銀賞 - 神田広美、香坂みゆき、太川陽介、榊原郁恵
  • 銅賞 - 荒木由美子、清水由貴子、川崎麻世、渥美二郎ほか
  • 敢闘賞 - ビューティ・ペア
第9回サントリー音楽賞
第8回世界歌謡祭
  • 世良公則&ツイスト「あんたのバラード」、ラッグス「燃える想い」
第8回日本歌謡大賞
  • 大賞
    • 勝手にしやがれ/沢田研二
  • 放送音楽新人賞
    • 失恋レストラン/清水健太郎
    • 硝子坂/高田みづえ
  • 放送音楽賞
    • 愛の終着駅/八代亜紀
    • 思秋期/岩崎宏美
    • ウォンテッド/ピンク・レディー
    • 津軽海峡冬景色/石川さゆり
    • 風の駅野口五郎
第7回モービル音楽賞
第7回創作合唱曲公募
  • 入賞 - 甲賀一宏「女声合唱曲「少年二題」」
  • 佳作 - 高山惇「「ことばあそびうた」-無伴奏混声四部合唱のための-」、谷川健「ポプラの歌」
第6回FNS歌謡祭
  • グランプリ・最優秀歌唱賞・最優秀視聴者賞 - 石川さゆり「津軽海峡・冬景色」
  • 最優秀新人賞 - 高田みづえ「硝子坂」
  • 最優秀ヒット賞 - ピンク・レディー「渚のシンドバッド」
  • 最優秀歌謡音楽賞 - 山口百恵「秋桜」
  • 特別賞 - 五木ひろし、ビューティ・ペア
第6回東京音楽祭
第5回銀座音楽祭
  • グランプリ - 高田みづえ
第5回ウィンナーワルド・オペラ賞
第3回全日本歌謡音楽祭
  • ゴールデングランプリ - 沢田研二「勝手にしやがれ」
  • 最優秀新人賞 - 狩人
第3回横浜音楽祭
  • 最優秀新人賞 - 狩人
第3回日本テレビ音楽祭
  • グランプリ - 石川さゆり「能登半島」
第3回日本演歌大賞
  • 大賞 - 八代亜紀
第3回ABC歌謡新人グランプリ
  • 清水健太郎
第2回南里文雄賞
第2回ライオンリスナーズグランプリ・FM東京最優秀新人賞
  • 狩人
第1回長崎歌謡祭
  • グランプリ - 村沢徹泰

デビュー[編集]

解散・活動休止[編集]

年内[編集]

再結成[編集]

引退[編集]

いずれも結婚のため[3]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シングル「アナーキー・イン・ザ・UK」なども発表
  2. ^ 1973年に「春日はるみ」の芸名でデビューしたが不発。
  3. ^ 共に1983年離婚、女優として芸能界に復帰した。
  4. ^ 吉田にとっては再婚となる。1972年6月に四角佳子と結婚したが、1975年12月に離婚。1986年12月に女優の森下愛子と再々婚した。

関連項目[編集]