森本太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森本太郎
生誕 (1946-11-18) 1946年11月18日(70歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京都市
学歴 立命館高等学校
ジャンル グループ・サウンズ
職業 ギタリスト
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
オルガン
活動期間 1967年 -
共同作業者 ザ・タイガース
公式サイト 森本太郎とスーパースター
著名使用楽器
ヤマハ・SA-50

森本 太郎(もりもと たろう、1946年11月18日 - )は、京都府京都市出身のミュージシャンギタリスト音楽プロデューサー。元ザ・タイガースのメンバーでギタリストである。立命館高等学校卒業。

略歴[編集]

1967年2月5日ザ・タイガースギタリストとしてシングル「僕のマリー/こっちを向いて」でデビュー。愛称は『タロー』。 ザ・タイガースの8枚目のシングルおよびアルバム「ヒューマン・ルネッサンス」収録の『青い鳥』の作詞作曲を担当し、メンバー内でいち早くそのソング・ライティング能力を開花させ、後年プロデューサーとして活躍する才能の片鱗を既に見せていた。

1969年、メンバーの加橋かつみの脱退を受け、ベーシスト岸部一徳の弟、岸部四郎を新メンバーとして加入させる。G.S.ブームが急激に退潮していく中、1971年1月24日、日本人アーティストとしては初の単独日本武道館公演となった「ザ・タイガース・ビューティフル・コンサート」をもってザ・タイガースは解散した。

1971年に 「タローとアルファベッツ」を結成するが、シングル2枚、活動期間約1年半で解散。

1973年には「森本タローとスーパースター」を結成。シングル3枚、アルバム1枚のリリースするが、約2年で解散する。1999年5月22日、森本太郎、海老沢雄一、辺見聖の3人で再結成。同年11月13日にサポート・メンバーに村田勝美池田久枝を加えて活動し、後に彼らも正式メンバーとなる。同バンドはメンバーは逐次変更されているが、現在に至るまで活動を続けている。

「森本太郎とスーパースター」解散後は芸能プロダクションの芸映に入社。音楽プロデューサーとしても活躍し、西城秀樹レイジー河合奈保子、リフラフ(TRFSAMが在籍)を手掛けたことが知られている。

1981年 - 1982年には、再結成したザ・タイガースにも参加、自身が作曲した「色つきの女でいてくれよ」(作詞は阿久悠)がヒットチャートの上位にランクインする。1988年には、加橋かつみと岸部シローの呼びかけで「タイガース・メモリアル・クラブ・バンド」を結成し、シングル3枚、マキシ・シングル1枚、アルバム2枚、シングル・カセット1枚をリリースした。1992年には、G.S.クラブ(アイ高野、岡本信、真木ひでと、三原綱木、森本太郎)名義でシングル「元気な背番号」を、1993年には、岩本恭生、加橋かつみ、岸部シローと共にでザ・タイガースマニアを結成。シングル「涙のロマンス」をリリースした。その他、1991年加橋かつみと共にMi-Keの1stアルバム「想い出のG.S.九十九里浜」で「落葉の物語」のコーラスで参加。他にアイ高野、真木ひでと、かまやつひろしなどもそれぞれの歌で参加した。

また1997年には沢田研二、岸部一徳と共にロックユニット「TEA FOR THREE」を結成(現在活動休止中)。

1998年ソロ活動を始め、11月18日の誕生日に初のソロ・ライヴを行い、岸部一徳もゲスト出演した。、現在は「森本太郎とスーパー・スター」を率いて月に一度のペースで公演を行っており、精力的に活動している。 毎年行われるバースデーライブには沢田研二や岸部一徳のほかに、藤山直美ベンガルなど親交のある俳優も祝福にかけつけている。

※「ザ・タイガース」については「沢田研二」の項も参照のこと。

2008年に甥がクラブ系男女ユニット・Ceiling Touchとしてメジャーデビューしている。

また2009年には沢田研二、岸部一徳とともに、ザ・タイガースのドラマーで現在は中国語テキストの著者・高校教師の瞳みのると38年振りの再会を果たした。

2011年9月8日から2012年1月24日にかけて、瞳みのる岸部一徳とともに沢田研二のライブツアーにゲスト出演し、全国38か所でコンサートを行った。

2013年12月3日から12月27日にかけて、加橋かつみを加えたオリジナルメンバーによるザ・タイガース復活コンサートを全国で8公演行った。

2016年11月19日、川崎ラゾーナにて古稀祝のライブ「My Memories in My Life」を開催。客席にザ・タイガースのオリジナルメンバーが揃い、アンコールで全員登壇。太郎に祝福のメッセージを送ると共に、太郎作曲の2作「青い鳥」「色つきの女でいてくれよ」を演奏。2013年の東京ドーム以来のザ・タイガース復活となった。

2017年8月、大阪と東京で、瞳みのるとのジョイントライブ「The Tigers' songs」を開催。ザ・タイガースのオリジナルと当時演奏していたカバー曲のみのステージで客席を楽しませた。

タローとアルファベッツ[編集]

メンバー[編集]

森本タロー 元ザ・タイガース
Leader & Lead Guitar 
武田弘美 
Vocal
海老沢雄一 元ムーディ・ナイツ、元スクール・メイツ
Bass & Vocal
綿岡誠一 
Drums & Vocal
多田義人 
Side Guitar & Vocal
西信行 元レオ・ビーツ
Keyboads & Vocal

森本太郎とスーパースター[編集]

1999年以来再結成して活動を続ける森本のバンド。メンバーは常に流動的だが、脱退者を含めてGS関係者を中心に豪華で多彩な顔触れを揃える。長く銀座のライブハウスを拠点に月1のライブを活動の柱としているが、2008年に1stミニアルバムをリリース。今後はオリジナル曲の比重を高めていくとしている。2009年11月22日、再結成10周年コンサートを新橋ヤクルトホールで開催し、岸部一徳がゲストとして登壇した。2010年、2枚目のアルバム「TO MY LOVE」をリリース。2012年11月19日、瞳みのるとのジョイントコンサート「Childhood Friend」を中野サンプラザで開催。2014年11月21日、新橋ヤクルトホールで「再結成15周年コンサート」を開催。岸部一徳と長男岸部大輔岸部四郎がゲスト出演した。

メンバー[編集]

森本太郎ザ・タイガース、元タローとアルファベッツ、元タイガース・メモリアル・クラブ・バンド
Guitar & Vocal
速水清司 元ジプシー・ブラッド、元井上堯之バンド、元大野克夫バンド、元萩原健一&Donjuan Rock'n'Roll Band
Guitar & Vocal
清水仁 元オフコース
Bass & Vocal
村田勝美 元ハイソサエティー、元スーパーエイジス
Drums & Vocal
遠山裕 元ローズマリー、元リューベン&カンパニーL⇔R黒沢健一のサポートメンバー
Keyboards & Vocal

旧メンバー[編集]

海老沢雄一タローとアルファベッツ、元九官鳥、元アルファルファ
Vocal & Bass
辺見聖 元アルファルファ
Guitar & Vocal
和田泰三 元アルファルファ、元(再結成の)ザ・タイガースのサポートメンバー
Keyboads
山本真澄 
Bass & Vocal
江原剣二 
Drums
池田久枝 
Keyboads & Vocal
ヒロ[要曖昧さ回避]Jeff[要曖昧さ回避]
Vocal
鈴木洋行 元ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
Drums
柳光和博 元プロボクサーOPBFスーパーフライ級チャンピオン
Vocal

主なレパートリー[編集]

ほか。

メンバー・チェンジによるやめてしまったレパートリー[編集]

など。

主な出演作[編集]

映画[編集]

主な提供曲[編集]

  • サリー&シロー - 「白い街」、「サンシャイン・フォー・ユア・スマイル」
  • 吉沢京子 - 「幸せってなに?」、「知らない人の群のなかを」、「雨あがりの恋」、「そっとしといてネ!」、「星を買いにゆこう」、「見ないでネ」
  • アルファード - 「涙の想い出」、「帰らぬ少年」
  • ジェフ[要曖昧さ回避] - 「涙の想い出」(アルファードと同一曲)
  • 加橋かつみ - 「ひとり」
  • 沢田研二 - 「ブルーバード・ブルーバード」、「Long Good-by」
  • 青山裕司 - 「She's Miss」

など

ディスコグラフィ[編集]

ザ・タイガース[編集]

タローとアルファベッツ[編集]

シングル
  • ふるさと/二人だけの結婚式
  • ママのいない朝

森本太郎とスーパースター[編集]

シングル
  • 望郷の旅(朝日放送TBS系テレビドラマ「助け人走る」主題歌)/幸橋のたもとで
  • 若すぎた愛/太陽のロマン 
  • さよならは僕のもの
アルバム
  • 若すぎた愛
  1. 若すぎた愛
  2. 太陽のロマン
  3. 君を忘れて
  4. 白い船
  5. 愛の輝き
  6. 青春
  7. イエスタディ・ワンス・モア
  8. やさしく歌って
  9. すべてわかる
  10. ウィズアウト・ラブ
  11. ユア・ソング
  12. わかれ
  • J.S.T. ROCK'N'ROLL
  1. J.S.T. ROCK'N'ROLL(作詞・作曲・編曲:森本太郎)
  2. 坊や祈っておくれ(作詞:岸部一徳 作曲:森本太郎 編曲:遠山裕)
  3. 夢追いかけた若い日(作詞・作曲・編曲:森本太郎)
  4. Long Good-by(作詞:岸部一徳/沢田研二 作曲・編曲:森本太郎)
「ザ・タイガース」をテーマに制作されたミニ・アルバム。タイガース時代の未発表曲などを収録し、「Long Good-by」は元メンバーの瞳みのるに捧げた楽曲で、沢田研二のアルバム「ROCK'N ROLL MARCH」にも沢田のヴァージョンで収録。タイトルは「JulieSally、TaroのROCK'N'ROLL」の意味。
  • To My Love
  1. 深愛(作詞・作曲:森本太郎)
  2. 夢の中の君(作詞:森本太郎 作曲:遠山裕)
  3. 愛に答えられなくて(作詞:森本太郎 作曲:清水仁) 
  4. 真の友(作詞:森本太郎 作曲:速水清司)
  5. Kiss(作詞・作曲:森本太郎)
  6. いつかきっと(作詞・作曲:森本太郎)
  7. 哀愁のあの街(inst.)(作曲:森本太郎)

タイガース・メモリアル・クラブ・バンド[編集]

シングル
  • 懐かしきラブ・ソング
  • 君よ女神のままに
  • ブルー・シャトゥを君だけに/G.S.が好きさ好きさ好きさ
  • 未来への花束
  • OH OH OH 〜We are the Winners〜
アルバム
  • タイガース・メモリアル・クラブ・バンド
  • タイガース・メモリアル・クラブ・バンド Ⅱ 「ぼくと、ぼくらの夏」
ビデオ
  • G.Sフェスティバル
  • 懐かしきラブ・ソング

G.Sクラブ[編集]

シングル

ザ・タイガースマニア[編集]

シングル
  • 涙のロマンス

TEA FOR THREE[編集]

シングル
  • 君を真実に愛せなくては他の何も続けられない
その他
  • 沢田研二のシングル「来タルベキ素敵」のC/W、「愛にしよう」、「僕の空」

その他[編集]

外部リンク[編集]