ラックライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラックライフ
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ロックアニメソング
活動期間 2008年 -
レーベル FIVE RAT RECORDS2011年 - 2012年
I WILL MUSIC2013年 - 2015年
Lantis2016年 - )
事務所 アイウィル
公式サイト ラックライフ OFFICIAL WEBSITE
メンバー PON(ボーカルギター
ikoma(ギター・コーラス
たく(ベース
LOVE大石(ドラムス

ラックライフは、日本の4人組ロックバンド。2013年からI WILL MUSIC所属。2007年3月までは「マキシム☆とまと」というバンド名で活動していた。「大阪、高槻のラックライフです」と自己紹介することがあるが、高槻市出身のメンバーはいない。2016年5月11日メジャーデビュー。

メンバー[編集]

PON(ぽん)
1988年9月7日生まれ。ボーカルギター、全ての曲の作詞作曲を担当。大阪府出身。身長184センチ。O型。
芸名は学生時代のあだ名「うえぽん」に由来する。
ロックよりJ-POPを好んで聴いており、KinKi Kidsが好きでカラオケでもよく歌う。
兄二人、妹の四人兄弟。
メンバー内でただ一人、お酒が飲めない。
THE ORAL CIGARETTESのボーカル、山中拓也と似ている為、二人が兄弟ではないかと噂になったことがある(実際は血縁関係はない)。
中学ではバスケ部だった。
ライブハウス高槻ラズベリーで照明スタッフのアルバイトをしていた。
カメラを向けられると変顔をしてしまう癖があったが、2014年頃マネージャーに、取材等の公式写真撮影での変顔を禁止される。
2015年までは裸眼ステージに立っていたが、現在は「お客さんの顔を見るためだけ」に、ライブ本番中のみコンタクトレンズを着用している。
矢井田瞳鬼束ちひろSuperflyなどに憧れ、以前は裸足でステージに立っていたが、2016年から靴を履いている。
地元での移動手段は主にハマーの自転車を利用していたが、2017年1月から自動車教習所に通い、運転免許を取得した。
メインギターは、先輩から譲り受けたテレキャスター。
ikoma(いこま)
1989年1月20日生まれ。ギター、コーラス、ウェブコンテンツ担当。大阪府出身。身長181センチ。体重53キロ。A型(Rh-)。
愛称はイコちゃん。
妹がいる。
父親の影響で中学生の頃にアコースティックギターをはじめる。
高校入学当初は、LOVE大石にベーシストとしてバンドに誘われるが、ラックライフの前身バンド結成時にギターに転向。
初めて買ったCDは、GLAYの「pure soul」。
高校一年生の時、10トントラックとの衝突事故に遭い、4ヶ月入院していた。輸血が必要だったが、RH-の血液がなく「(血液を)自力生産し、一命を取り留めた」とラックライフTV内で語っていた。
高校卒業後、成蹊大学へ進学した。
あまり感情を表に出さないクールな性格だと思われがちだが、PON曰わく「お酒を飲むと熱く語ることもある」。
メインギターはオーダーメイドのストラトキャスター、ギターアンプフェンダー Super Reverb。
たく
1988年6月21日生まれ。ベース、ドライバー担当。大阪府出身。身長165センチ。A型。
愛称はたくちゃん。
姉と妹がいる。メンバーによると「家族全員同じ顔をしている」
初めて買ったCDは、ポルノグラフィティの「ロマンチストエゴイスト」。
父親の影響でフォークギターをはじめ、中学の文化祭のバンドではギターを担当するが、同時期にベースに興味を持ち、転向。
前身バンド加入から、半年ほど経った頃、バンド脱退を決意し、メンバーにもその意思を伝えていたが、最後のライブ終了後の打ち上げでメンバーに引き止められ残留した。
高校を留年し、他のメンバーより一年遅れて卒業したが、メンバーいちの雑学王である。
バンドをやっていなかったら、保育士を目指していた。
バーで6年ほど働いていたことがある。
LOVE大石には「おチビちゃん」と呼ばれている。
体重の増減や、髪型の変化が著しく、一時は俳優の市原隼人に似てると言われていた。
現在はやくみつるに似ているといじられることが多い。
インタビューが苦手。
2015年、妹の結婚式の余興で、ラックライフの4人でアコースティックライブを行った。
メジャーデビュー発表時のアーティスト写真撮影では、たくの母親が着付けをした。
サッカーが得意でユビキタスのドラム・ヒロキが主宰するフットサルチームにも参加している。
LOVE大石(らぶおおいし)
1988年10月24日生まれ。ドラムス、ブッキング担当。大阪府出身。リーダー。身長175センチ。A型。
兄がいる。
小学校ではソフトボールチームのキャプテンを務め、中学では軟式野球部に入部するが退部、陸上部に入部、長距離の選手として、大会でも好成績を残した。
初めて買ったCDは、B'zの「今夜月の見える丘に」。
ラックライフの前には、女性ボーカルのSHAKALABBITSのコピーバンドを組んで、高校一年の文化祭に出演した。
2007年3月に出場した大阪の高校生バンドのコンテスト「COOLKIDS2006決勝」では、ベストドラマー賞を受賞している。
高校卒業後、大学へ進学した。
一年中、短パンを履いている。
感動屋で自主企画などで泣いてしまうことが多々ある。
DW DrumsZildjian、LERNI_STICKSのエンドーサーである。

来歴[編集]

2005年
5月、前身バンド結成。メンバー全員が大阪府立茨木東高等学校の同級生であり、結成から一度もメンバーチェンジがない。入学当初同じクラスで出席番号が前後だったLOVE大石が、PONに「一緒に軽音楽部を見に行かないか」と声を掛けたのが結成のきっかけ。PONは当時の大石の印象を「学ランの下に赤いTシャツを着ていて、見るからにヤバそうだった」と語っている。その後、大石は、軽音楽部の部室でギターを弾いていたikomaをなぜかベーシストとしてバンドに誘い、女性ボーカルを含めたSHAKALABBITSのコピーバンドを結成し、文化祭に出演し、半年ほどで解散。高二になり、軽音楽部の幽霊部員だった、たくがベースを持っていると聞き、強引にバンドに勧誘し、現在のメンバーでラックライフの前身バンドを結成。当時のバンド名は「マキシム☆とまと」。当初はPONはピンボーカルだった。
2008年
3月、高槻RASPBERRYにて初のワンマンライブを決行。200枚のチケットは完売。当日発売したデモCDは当日130枚近くを売り上げた。ワンマンライブでバンド名を『ラックライフ』に改名。以降、活動を全国に展開。
11月、1st maxi Single "スケッチブック" 全国発売。
12月、自主企画【IT'S MY LIFE】〜『スケッチブック』レコ発編〜を大阪福島2nd LINEにて開催し200人を動員。
2009年
3月、40本のツアーを経て自主企画【IT'S MY LIFE vol.4】〜『スケッチブック』レコ発ツアーファイナル〜を大阪MUSEにて決行。200人以上を動員。
7月、1st demo Single "夕焼け小道" 1000枚完売。
11月、1st mini Album "Mr." ライブ会場限定で発売。自主企画【IT'S MY LIFE】「Mr.」Release EVENT〜HOT SONIC&ラックライフダブルレコ発2マン〜を大阪福島2nd LINEにて決行し200人を動員。
12月、23本のツアーを経て自主企画【IT'S MY LIFE vol.8】〜1st mini album『Mr.』レコ発ツアーファイナルワンマン編〜、ラックライフとしては初のワンマンライブを大阪高槻RASPBERRYにて開催。
2010年
2月、大阪高槻RASPBERRYにてラックライフ企画、チケット完売。
3月、ラックライフ2周年イベントを大阪MUSEにて行い約200人を動員。
8月、2nd mini Album "IT'S MY LIFE" レコ発企画を大阪BIG CATにて開催。約400人を動員。
11月、40本近いツアーを経てツアーセミファイナルを渋谷O-Crestにて東京での初企画「GOOD LUCK vol.2」開催。ツアーファイナルを大阪福島2nd LINEにてワンマンライブ「GOOD LUCK vol.3」開催。
2011年
3月、ラックライフ3周年記念企画「GOOD LUCK vol.4」チャリティーライブを大阪MUSEにて開催。「GOOD LUCK vol.5」を渋谷O-Crestにて開催。
4月、2nd demo Single "ローグ" 1,000枚完売。
7月、初の京都での自主企画決行。DEMO先行Singleを無料配布。
8月、1st Album "World is you" を24日に全国発売。
9月、1st Album "World is you" レコ発企画を大阪MUSE、渋谷O-Crestにて開催。KANSAI LOVERS 2011に出演。
10月、MINAMI WHEEL 2011に出演。
12月、グッドモーニングアメリカ企画V.A."あっ、良い音楽ここにあります。その弐" に参加。
2012年
1月、"World is you" ツアーファイナルシリーズを全国各地7カ所で各地のバンドと共同企画で開催。
2月、グッドモーニングアメリカ企画V.A."あっ、良いライブここにあります。2012" in東京渋谷O-Eastに参加。初の北海道進出。
3月、63本のツアーを経てツアーセミファイナルを渋谷O-CrestにてGOOD ON THE REELとのツーマンライブ「GOOD LUCK vol.9」開催。ツアーファイナルを大阪BIGCATにてスリーマンライブ「GOOD LUCK vol.10」開催。
5月、1st Album "World is you Tour DVD" を発売。発売イベントを地元高槻RASPBERRYにて行う、SOLD OUT。神戸のサーキットイベントSOUND AROUND KOBE'12に出演。
6月、1st Album "World is you Tour DVD"リリースツアーファイナルを地元大阪茨木JACK LIONにて開催。東京赤坂BLITZにてチャットモンチー七尾旅人のツーマンライブにO.Aとして出演。
7月、地元が同じで同世代のPOLKADOT(ex.くりキントン)、Self-Portraitとスリーマンライブを大阪心斎橋AVENUE Aにて開催。大阪のサーキットイベント見放題2012に出演。2nd Album "キミノコト" を全国発売。
8月、2nd Album "キミノコト" レコ発企画を東名阪にて開催。
11月、34本のツアーを経てツアーファイナルを東名阪にてイベント開催。
12月、"キミノコト" リリースツアー裏ファイナルを地元大阪茨木JACK LION、高槻RASPBERRYにてPURPLE HUMPTYとの共同イベントで開催。東京下北沢にてサーキットイベント、THEラブ人間企画 "下北沢にて'12" に出演。
2013年
3月、ラックライフ5周年記念イベントを東名阪にて開催。
6月、神戸にてサーキットイベント、アルカラ企画 "ネコフェス2013" に出演。
8月、ラックライフ企画V.A."大阪の北側から。" レコ発イベントを大阪MUSEにて開催、SOLD OUT、350人動員。
9月、ラックライフ企画、2マンライブツアーを東名阪にて開催。KANSAI LOVERS 2013に出演。
11月、ラックライフ5周年記念全国5カ所ワンマンツアー名古屋編、佐賀編を開催。
12月、ラックライフ5周年記念全国5カ所ワンマンツアー米子編、東京編、大阪編を開催。
2014年
所属事務所アイウィルとマネージメント契約を締結。これにより、3rd Album "my contents" は、会場限定版と、全国流通版の二形態での連続発売となった。
3月、ラックライフ6周年記念イベントを大阪なんばHatchにて開催。
5月、1st Single "ハルカヒカリ" を全国リリース。ラックライフレコ発企画を大阪福島2nd LINEにてLACCO TOWERと2マンライブで開催。
6月、神戸にてサーキットイベント、アルカラ企画 "ネコフェス2014" に出演。
7月、東名阪にてリリースツアーファイナルをラックライフ企画3マンライブで開催。東京晴海埠頭にて開催されたMURO FESTIVAL 2014に出演。
8月、ディスクガレージ主催『MUSIC MONSTERS』に出演。TSUTAYA主催・ツタロックdigに出演。
10月、FM802主催、MINAMI WHEEL2014に出演。4th Album"正しい僕の作り方。"を全国発売。
11月、リリースツアーを東名阪3箇所にてワンマンライブで開催。
12月、大阪編を福島2nd LINEにて開催、チケット完売。
2015年
1月、名古屋の大型サーキットイベント"GRANDLINE2015"に出演。
2月、ディスクガレージ主催『MUSIC MONSTERS』に出演。
4月、ラックライフ7周年記念イベントを今年も大阪なんばHatchにて開催、800人を動員。
2016年
1月23日、横浜BAYSISでのイベントライブにて、同年5月11日にLantisよりメジャーデビューすることを発表。 

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格番号 収録曲 備考 オリコン最高位[1]
1stミニ 2009年11月2日 Mr. なし
  1. リアル
  2. C's
  3. 低空飛行
  4. Mr.
  5. ヒーローは僕の中
ライブ会場限定販売
2ndミニ 2010年8月10日 IT'S MY LIFE なし
  1. ラインセレクト
  2. クロノ
  3. でんでん虫のし
  4. 手のひら
  5. 間違い探し
  6. story
  7. ゲーム
  8. C's
ライブ会場限定販売
1st 2011年8月24日 World is you FIVER-014
  1. 未来
  2. Link
  3. ホシアイ
  4. 君と世界を
  5. そんな世界になればいい
  6. トロル
  7. それぞれの空
2nd 2012年7月25日 キミノコト FIVER-019
  1. この空の下で
  2. 泣きべそライダー
  3. ヒラケゴマ
  4. くじら雲
  5. パペット
  6. 君のこと
  7. いくつもの背に
3rd 2013年11月24日 my contents(会場限定版) なし
  1. Mirage
  2. チキンボーイ
  3. モノローグ
  4. ほんとうのこと
  5. ささやかな日々
  6. バームクーヘン
3rd 2014年3月5日 my contents IWML-022
  1. Mirage
  2. チキンボーイ
  3. モノローグ
  4. ほんとうのこと
  5. ささやかな日々
  6. バームクーヘン
  7. ノンフィクションレンズ
  8. タイムライト
DISC 2「"my contents"

ONE MAN TOUR in 渋谷TSUTAYA O-Crest」のライブ映像を収録したDVD

4th 2014年10月15日 正しい僕の作り方。 XQML-1002
  1. 雨空
  2. sing man
  3. plain
  4. ハートイズ
  5. 僕と月の話
  6. ローグ
  7. パラボラ
  8. へへもひじ
  9. ハルカヒカリ
  10. フールズ
181位
メジャー1st 2017年3月15日 Life is beautiful LACA-15620
  1. サニーデイ
  2. 初めの一歩
  3. view
  4. shutto
  5. アイトユウ
  6. 君の匂い
  7. 風が吹く街
  8. 素晴らしい世界
  9. ラブリープリティーミュージック
  10. 変わらない空
  11. モーメント
  12. 赤い糸
  13. 名前を呼ぶよ
27位

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格番号 収録曲 備考 オリコン
最高位[1]
インディーズ
1st maxi 2008年11月26日 スケッチブック ESPAD-1007
  1. スケッチブック
  2. No title
  3. 雨上がり
1st 2014年5月28日 ハルカヒカリ XQML-1001
  1. ハルカヒカリ
  2. my pace
  3. ローグ
 
2nd 2015年4月22日 アイトユウ XQML-1003
  1. アイトユウ
  2. ラングレット
  3. シネマ
  175位
3rd 2015年8月5日 変わらない空 XQML-1004
  1. 変わらない空
  2. メイキング
TVアニメ『純情ロマンチカ3』エンディングテーマ 121位
メジャー
1st 2016年5月11日 名前を呼ぶよ LACM-14469
  1. 名前を呼ぶよ
  2. ブレイバー
  3. ストレンジマン
TVアニメ『文豪ストレイドッグス』エンディング主題歌 25位
2nd 2016年7月27日 初めの一歩 LACM-14512
  1. 初めの一歩
  2. 夜の海
  3. ソライロ
TVアニメ『チア男子!!』オープニング主題歌 106位
3rd 2016年11月2日 風が吹く街 LACM-14547
  1. 風が吹く街
  2. journey
  3. デイルニハ
TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールエンディング主題歌 52位
4th 2017年8月23日 リフレイン LACA-14650
  1. リフレイン
  2. 存在証明
  3. sweet my life
TVアニメ『最遊記RELOAD BLAST』エンディングテーマ主題歌 36位
5th 2017年8月23日 僕ら LACA-14734
  1. 僕ら
  2. ライターライナー
  3. 贅沢病
映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』エンディング主題歌

デモCD[編集]

  • 夕焼け小道(2008年3月15日)
    • 収録曲
      1. 夕焼け小道
      2. コトバタラズ
      3. ヒカリの射す方へ
  • ローグ(2009年6月14日)
    • 収録曲
      1. ローグ
      2. くだらない世界にラブソングを
  • ホシアイ(2011年7月7日ライブ来場者特典)
    • 収録曲
      1. ホシアイ
  • いくつもの背に(2012年6月9日ライブ来場者特典)
    • 収録曲
      1. いくつもの背に
  • その手とこの手(2013年3月17日ライブ来場者特典)
    • 収録曲
      1. その手とこの手 (Acoustic ver.)

  (「その手とこの手」は、「放つ願い」というバンドのボーカル 前田典昭(現・ソウルフード)が2012年の夏に失踪し、1ヶ月以上行方不明だった事件のことを歌った曲である。)

  • チキンボーイ(2013年3月19日ライブ来場者特典)
    • 収録曲
      1. チキンボーイ (Acoustic ver.)
  • ノンフィクションレンズ(2013年3月21日ライブ来場者特典)
    • 収録曲
      1. ノンフィクションレンズ (Acoustic ver.)

その他[編集]

  • あ、良い音楽ここにあります。その弐(2011年12月7日)
グッドモーニングアメリカ企画V.A.。
M-7「そんな世界になればいい」で参加。
  • 大阪の北側から。(2013年8月17日)
ラックライフ企画V.A.。
M-1「その手とこの手」で参加。
  • ツタロックDIG2(2014年7月23日)
TSUTAYA企画V.A.。
M-9「タイムライト」で参加。

映像作品[編集]

  • “World is you” Release Tour LIVE DVD(2012年5月6日)規格:DVD
    • 内容 2011年9月4日から2012年3月11日までに開催されたWorld is youリリースツアーのドキュメンタリーDVD。LOVE大石監修。定点ワンアングルのライブ映像、メンバーのインタビュー、楽屋風景や打ち上げなどのオフショット、共演バンドからのメッセージなどが約90分に渡り収録されている。
    • 会場 京都MUSE、名古屋R.A.D、滋賀B♭、米子AZTiC laghs、岡山CRAZY MAMA 2ndroom、佐賀GEILS、広島Cave-Be、渋谷O-Crest(現TSUTAYA O-Crest)、大阪BIGCAT
    • 出演バンド MOLE HiLLghostnote、ポタリ、SUPER BEAVER、サムライズム、DATSUN320、コンビニマンションテクニカラー、chaqq、Civilian Skunk、スノードロップ(現snow chord)、PURPLE HUMPTY、GOOD ON THE REELGRAND COLOR STONE、 Synchronized door ほか
    • 収録曲
      1. リアル
      2. C's
      3. 低空飛行
      4. ローグ
      5. 君と世界を
      6. 夕焼け小道
      7. story
      8. トロル
      9. ホシアイ
      10. 未来
      11. いくつもの背に
      12. LINK
      13. そんな世界になればいい

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
安達昌寛 Link
大野敏嗣 君のこと
北平誠治 plain」「アイトユウ」「変わらない空
藤田大介 タイムライト」「ハルカヒカリ
矢田貝年朗(Liaroid Cinema) その手とこの手

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 「deeper deeper」(TOKYO FM:2016年6月4日 - 2016年6月25日)※6月度パーソナリティ
  • AIR-G’「FM ROCK KIDS」(AIR-G':2016年7月2日 - 2016年9月24日)※7月クールパーソナリティ
  • E∞Tracks Selection「ラックライフのせやからゆうてるやないの!」(FM OSAKA:2016年7月5日 - 2016年12月20日 )※隔週

連載[編集]

PONの月刊「ぽんすぽん」
2014年8月から10月 ディスクガレージ発行のフリーペーパー「DI;GA」
ラックライフVo./Gt.PONのお宝自慢
2014年6月から11月「JUNGLE☆LIFE」

配信[編集]

ラックライフTV
2013年4月からスタジオ練習の後、不定期で配信しているUstream番組。リスナーからの質問に答えたり、事前に募集したお便り(メール)紹介など、フリートークが中心。オープニングはLOVE大石の、エンディングにはたくの一発芸のコーナーがある。ごく希にゲストの出演もあり、過去にはBARICANG、PURPLE HUMPTY、SHE'Sのメンバーなどが出演している。
店じまい
ikomaとPURPLE HUMPTYのボーカル、井田健の二人で不定期で配信しているUstream番組。お絵描き対決などのコーナーがあった。

脚注[編集]

  1. ^ a b ラックライフの作品”. ORICON STYLE. 2016年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]