ハイウェイスター (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ハイウェイスター
HIGHWAY STAR, Inc.
Highway Star logo Since 2021.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0012
東京都渋谷区広尾1丁目3番14号
ASAX広尾ビル1階
設立 2009年4月17日
業種 情報・通信業
法人番号 6011001060910 ウィキデータを編集
事業内容 PA Engineer
コンサート・イベント会場におけるPAエンジニアリング
PA機材のレンタルと人材派遣
音響設備の設計・施工
Artist Production
アーティストのマネージメント
コンサート・イベントの企画・制作
ファンクラブの運営業務
音源の制作業務
代表者 代表取締役社長 松村起代子
資本金 300万円
純利益 ▲1億4200万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 3億8700万円(2021年03月31日時点)[1]
主要株主 井上俊次
関係する人物 横山隆義(取締役副社長)
木川ひとみ(取締役)
森康哲(取締役)
桑垣徹(執行役員)
上野利明(執行役員)
本野信介(執行役員)
外部リンク https://highwaystar.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ハイウェイスター: HIGHWAY STAR, Inc.)は、PAエンジニアリングおよびアーティストマネジメントを主な事業内容とする日本企業

歴史[編集]

2006年2月10日、LAZYのボーカル担当でアニメソング歌手影山ヒロノブが代表取締役社長として音楽事務所の「株式会社SOLID VOX」を設立。

2009年4月17日、PAエンジニアリング会社の「株式会社アンバートーン」が設立された。

2011年8月1日、ランティスの音楽制作部が独立して「株式会社アイウィル」(: I WILL Co.,Ltd.)が設立された[2]。同社は2013年10月にインディーズレーベル「I WILL MUSIC」を設立。

2015年4月1日、アンバートーンがSOLID VOXと合併して「株式会社ハイウェイスター」へ商号を変更した[3]。SOLID VOXは同社のSOLID VOX事業部となる。同年8月、バンダイナムコホールディングスの連結子会社となる[4]

2016年7月1日付でハイウェイスターがアイウィルを吸収合併。アイウィルのプロダクション・音楽出版部門は同社のI WILL事業部となり、音楽制作部門はランティスへ継承された。また、2017年9月1日にはSOLID VOX事業部とI WILL事業部が統合した上で、アーティストマネジメント部門は「ハイウェイスター・プロダクション事業部」と改称、PAエンジニア部門も「音響事業部」となった。

2021年4月1日付でバンダイナムコグループから独立、新体制で再始動する[5]

2021年10月13日、LOGIC&MAGICと共同でバーチャルアーティストに特化した音楽レーベル「Acro」を設立。

所属アーティスト[編集]

☆はI WILL時代に自社レーベル「I WILL MUSIC」で活動。

現所属アーティスト[編集]

ハイウェイスター

Acro

過去の所属アーティスト[編集]

ハイウェイスター
旧I WILL
旧SOLID VOX

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]