山本陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本陽介
生誕 (1986-03-06) 1986年3月6日(31歳)
出身地 日本の旗 日本,東京都
ジャンル J-POP
アニメソング
職業 作曲家
編曲家
ギタリスト
担当楽器 ギター

山本 陽介(やまもと ようすけ、1986年3月6日 - ) は、日本作曲家編曲家ギタリスト。東京都生まれ[1]。元ROSARYHILL、元OLDCODEXのメンバー。

来歴[編集]

父親の影響で幼少期より音楽に触れ、3歳でアコースティック・ギターを始めた[1]。 その後エレキ・ギターへ転向し、ギターの他、ギターボーカルやベースドラムなど多様な楽器でのバンド経験を経た後、2007年頃からプロギタリストとしての活動を開始[2]。 以降、様々なアーティストのライブ・サポートやレコーディングへの参加、作曲・編曲等の楽曲提供などを行っている。 2009年から2010年2月にかけてはOLDCODEXの初期メンバーとして,また2009年にはROSARYHILLの正式メンバーとしてバンド活動も行っていた。 2015年にテレビアニメ『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』のエンディングテーマに起用されたインストゥルメンタル曲「The Beginning」でアーティスト・デビューを果たした。

人物[編集]

山本の父が大のビートルズ党であったため、山本は幼少期よりビートルズの楽曲に触れていた。 当時3歳の山本がジョン・レノンを気に入ったため、父からアコースティック・ギターを渡されたことがギターを始めたきっかけである[1]

ビートルズの他、ギルバート・オサリバンローリング・ストーンズビリー・ジョエル等に影響を受け音楽観を築いた[3]。山本が最も尊敬するギタリストはキース・リチャーズである[1]

2010年以降は作曲家・ベーシストの黒須克彦と共に仕事をする機会が多く、黒須がオファーできる立場にいるレコーディングやライブにおいては、2014年4月の時点で約8割の現場でギターを任されていた[4]

2016年8月に開催された「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」では、2005年より始まった同ライブ史上初めて、ギタリストのアーティスト名義としての出演を果たしている[5]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

'山本陽介' feat.玉置成実名義

発売日 タイトル 規格品番
2016年5月25日 ALL-WAYS LACM-14486 (アーティスト盤),LACM-14487 (アニメ盤)

コンピレーション[編集]

  • TVアニメ『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』神化・傑作曲集(LACA-15533)
    • 2015年12月23日発売(ランティス
      • The Beginning(instrumental)
        • テレビアニメ『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』エンディング・テーマ

提供作品[編集]

ライブサポート[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 目指すはキース・リチャーズ!29歳の骨太ギタリスト山本陽介とは。” (2015年12月17日). 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ ギター・マガジン連動「プロのペダルボー道」第7回 山本陽介のペダルボー道” (2015年5月13日). 2016年6月11日閲覧。
  3. ^ PROFILE”. 2016年6月11日閲覧。
  4. ^ 山本陽介という男” (2014年4月25日). 2016年6月11日閲覧。
  5. ^ NEWS 山本陽介「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」出演決定!!”. 2016年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]