武藤彩未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武藤 彩未
別名 AYAMI
出生 1996年4月29日(19歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県
ジャンル J-POP
職業 アイドル
歌手
モデル
活動期間 2004年 -
レーベル SHINKAI
事務所 アミューズ
共同作業者 可憐Girl's(2008年 - 2009年)
さくら学院(2010年 - 2012年)
公式サイト www.mutoayami.jp

武藤 彩未(むとう あやみ、1996年4月29日[1][2][3][4] - )は、日本の女性アイドル[1][5]歌手[1][3]モデル[1]アミューズ所属[4]茨城県出身[1][3][4]可憐Girl's及びさくら学院の元メンバーであり[1][2][4][5]、さくら学院では初代生徒会長(リーダー)を務めた[1][2][3][4][5]。レーベルはSHINKAI[注 1]

略歴[編集]

キッズモデル〜さくら学院[編集]

自身が8歳の頃に、母が子供服ブランドのカタログモデルに応募し、モデルデビュー[6]。母によると、この頃の身長は123cmくらいであり、当時は照れ屋で恥ずかしがりやであった為、撮影が苦手であった[7]。その後、子供ファッション雑誌『Kids Style』(オリコン)の専属モデルとなり[6][2]、アミューズに所属。DAISY LOVERS paradise kids(ナルミヤ・インターナショナル)の広告モデルもしていた。2007年2月号から2009年3月号まで少女マンガ誌『ちゃお』(小学館)のメインCMモデルを務め、多くのCMに出演[6]。また、ちゃおスタイル専属モデルも務める。

2008年、アニメ『絶対可憐チルドレン』(テレビ東京系列)の放送に合わせて1年間限定で結成されたユニット、可憐Girl'sAYAMI名義で参加し、同番組の主題歌「Over The Future」を発売[6]。2009年3月31日に番組終了とともに活動も終了した[8][9]。2010年5月から2012年3月25日まで女子小中学生で構成されるユニット「さくら学院」の初代生徒会長(リーダー)として活動。中学卒業と同時にグループを卒業した[注 2][10][11]

ソロ活動[編集]

さくら学院卒業後はトレーニングやプロジェクト開始の準備に時間を費やしていた[12]為、1年以上公の場に姿を見せなかった[13]。ソロ活動開始の布石として2013年3月に東京国際フォーラムで開催されたさくら学院の2012年度卒業ライブ会場で「武藤彩未2013.4.29」とウェブサイトのアドレスだけが書かれた真っ白の葉書が配布されていた[12]。2013年4月29日、1980年代のアイドル楽曲を現代に再生させるソロプロジェクト「DNA1980」の開始を発表[6][12]。なお、アミューズ初のソロアイドルとなった[14][15]。7月19日にShibuya O-EASTでライブ「武藤彩未 LIVE DNA1980」を開催し、ライヴ会場限定盤CD『DNA1980 Vol.1』・『DNA1980 Vol.2』を同時発売[6][12]

2014年4月23日、ソロとしてのデビュー・アルバム『永遠と瞬間』でメジャーデビュー[16]。作詞は1980年代のアイドルの作詞を手がけた三浦徳子森雪之丞、作曲はポルノグラフィティいきものがかりのプロデュースを手がける本間昭光などが担当[17]。同日にタワーレコードのTOWER REVOLVE PROJECTによる番組「南波一海のアイドル三十六房」に出演[16]

2015年2月25日、アルバム『I-POP』を発売。同年夏、ライブハウスツアー「TRAVELING ALONE」を開催[18]。7月の下北沢GARDENでのライブでは、TOEICに挑戦する事を宣言し、700点を目標とした[18]

人物[編集]

身長149cm[3][4]。目標とする歌手は、両親の影響で幼少のころから憧れていた松田聖子[13]。父は日本中央競馬会調教師(元騎手)の武藤善則であり[19]、家族でカラオケに出掛けた際に松田聖子の曲を歌い、聴いて育つ[13]。弟が騎手を目指しているため、夢は「父親が育てた馬に弟が乗って、自分がプレゼンターをすること」としている[13]。ライブでは、「チェリーブラッサム」や「青い珊瑚礁」をカバーしている[20]。振付師のMIKIKOは武藤の振り付けを小学校時代から手がけており、ソロ活動のステージ演出も手がけている[12]

百人一首」好きであり、さくら学院の新曲をさくら学院のメンバーで作る事になった際に百人一首をテーマにした楽曲にする事を提案し、採用され「さくら百人一首」が制作された[21]

作品[編集]

アルバム[編集]

# リリース日 タイトル チャート
オリコン
販売形態 MV 備考
最高
順位
登場
回数
- 2013年7月19日 DNA1980 Vol.1
DNA1980 Vol.2
CD 会場、ネット限定版
LPサイズのジャケット仕様
1 2014年4月23日 永遠と瞬間 16 1 CD+CD+DVD(セブンティーン盤)<初回限定盤>
CD(永遠盤)<通常盤>
CD+カード(瞬間盤)<数量限定盤>[注 3]

永遠と瞬間
Seventeen[注 4]
2 2015年2月25日 I-POP 40 1 CD+CD+DVD(Anniversary盤)<初回限定盤>
CD+CD+DVD(Yell盤)<初回限定盤>
CD(Music盤)<通常盤>
パラレルワールド

映像作品[編集]

# リリース日 タイトル チャート
オリコン
規格品番 トレーラー映像 備考
最高
順位
登場
回数
1 2014年11月26日 (2014-11-26) A.Y.M Live Collection 2014〜変化〜 AZBS-1024 「RUN RUN RUN」 from DEBUT LIVE "BIRTH"
2 2014年12月17日 (2014-12-17) A.Y.M Live Collection 2014〜進化〜 AZBS-1025 「A.Y.M.」 from SUMMER TRIAL LIVE "20262701"

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品 実施時期
Seventeen グリコセブンティーンアイス」キャンペーンソング 永遠と瞬間(セブンティーン盤) 2014年
カラフル日和 サニクリーンウォーターサーバー「ディスティオ」「ロフェオ」CMソング 2015年

ライブ[編集]

開催期日 公演タイトル 会場 備考
2013年7月19日 武藤彩未 LIVE DNA1980 東京・Shibuya O-EAST 初のワンマンライブ
2013年9月27日 LIVE DNA1980 〜Version.2.0〜 東京・SHIBUYA-AX ワンマンライブ
2013年10月30日 はじめての旅は彩の国 〜成功させたい!!天使のウィンク〜 埼玉・西川口Hearts 武藤彩未ライブハウスツアー2013
「TRAVELING ALONE」
2013年11月14日 秋なのに!?BEACHの少女A 〜飾りじゃないのよステージは〜 神奈川・新横浜NEW SIDE BEACH
2013年11月24日 PART1:今日この谷で輝け乙女!!! 〜なんてったって学園天国♪〜 東京・渋谷eggman
2013年11月24日 PART2:成功の天使再び!! 〜公園通りの秘密の花園〜 東京・渋谷eggman
2013年11月29日 静かなる禁断の夢 〜MUTO・う…彩っぽい〜 千葉・稲毛K'sDREAM
2013年12月29日 Part1:ファン感謝スペシャル 〜リクエスト・ザ・ベストテン〜 赤坂BLITZ
2013年12月29日 Part2:新たなる旅立ち 赤坂BLITZ
2014年 4月29日 BIRTH 東京・TSUTAYA O-EAST メジャーデビュー初のワンマンライブ
2014年6月10日 610の日 Special LIVE「A.Y.M. Ballads」 shibuya duo MUSIC EXCHANGE 本間昭光(P)、坂井“Lambsy”秀彰(Perc)、柏木広樹(Vc)[22]
2014年7月20日 武藤彩未 SUMMER TRIAL LIVE「20262701」 埼玉・西川口LIVE HOUSE Hearts nishi-ken(key)、楠瀬タクヤ(Dr)[23]
2014年7月26日 横浜BAYSIS
2014年7月27日 下北沢GARDEN
2014年8月1日 渋谷CLUB QUATTRO
2014年12月27日 OWARI WA HAJIMARI 赤坂BLITZ nishi-ken(key)、楠瀬タクヤ(Dr)、SHINJI OHMURA(G)[24]
2015年4月29日 BIRTH 渋谷公会堂 nishi-ken(key)、楠瀬タクヤ(Dr)、山本陽介(G)、須長和広(B)[25]
2015年6月9日 A.Y.M. ROCKS 〜ROCKな夜〜 渋谷CLUB QUATTRO nishi-ken(key)、山本陽介(G)、マシータ(Dr)、野田耕平(B)[26]
2015年6月10日 A.Y.M. ROCKS 〜MUTOな夜〜
2015年7月18日 武藤彩未ライブハウスツアー2015「TRAVELING ALONE」 埼玉・西川口LIVE HOUSE Hearts
2015年7月20日 神奈川・新横浜NEW SIDE BEACH!!
2015年7月25日 下北沢GARDEN
2015年7月26日 千葉県・稲毛K'sDREAM
2015年10月4日 「A.Y.M. Ballads」 日本橋三井ホール

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

スチール・広告[編集]

  • 伊勢丹「花々祭」キャンペーン(2014年2月26日 - 3月11日)[28]
  • グリコ「セブンティーンアイス」セブンティーンプロジェクト(2014年4月26日、マルイシティ渋谷・店頭プラザ)[29][30]

PV[編集]

ネット配信[編集]

  • STOLABO TOKYO『スピカの夜』(2014年12月11日、Ustream
  • LoGiRL『武藤彩未のIroDOLi』(2015年1月21日 - 、テレ朝動画)

イベント[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

ムック[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アミューズとA-Sketchによる新レーベル。「新しさと懐かしさの出会いが面白さを生み出し、新たな航海を旅する姿を想像できる言葉」として名付けられた。
  2. ^ さくら学院は中学校を卒業すると同時にグループからも卒業となる。
  3. ^ タワーレコード/HMV限定商品
  4. ^ セブンティーン盤のみに収録されている楽曲

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 武藤彩未”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 武藤彩未:プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2015年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e 武藤彩未のプロフィール”. ORICON STYLE. オリコン株式会社 (2015年4月2日). 2015年8月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 武藤 彩未”. アミューズ オフィシャル ウェブサイト. 株式会社アミューズ. 2015年8月20日閲覧。
  5. ^ a b c 武藤彩未の記事まとめ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2015年8月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 元さくら学院、武藤彩未の新プロジェクトが発表!”. CDJournal. 音楽出版社 (2013年4月30日). 2015年8月20日閲覧。
  7. ^ 専属モデルOBOGインタビュー 2:kids style モデルズ”. オリコン株式会社 (2007年7月30日). 2008年12月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月20日閲覧。
  8. ^ 2008年のJ-POPを牽引するのは、可憐な小学生?”. BARKS (2008年6月11日). 2014年4月8日閲覧。
  9. ^ 任務完了!さようなら可憐Girl's”. BARKS (2009年2月18日). 22014-04-08閲覧。
  10. ^ 女子小中学生10人組ユニット・さくら学院がデビュー”. ナタリー. ナターシャ (2010年10月19日). 2014年4月8日閲覧。
  11. ^ 「夢に向かって旅立ちます!」さくら学院、涙の卒業式”. ナタリー. ナターシャ (2012年3月27日). 2014年4月8日閲覧。
  12. ^ a b c d e さくら学院初代メンバー武藤彩未、新プロジェクトを発表”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2013年4月30日). 2015年8月22日閲覧。
  13. ^ a b c d 【ブレーク予報】武藤彩未、ソロ歌手で再出発!ライバルは弟”. 株式会社報知新聞社 (2014年4月17日). 2014年11月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月20日閲覧。
  14. ^ 武藤彩未 アミューズ初のソロアイドル!”. デイリースポーツ online. 株式会社デイリースポーツ (2013年4月30日). 2015年8月20日閲覧。
  15. ^ さくら学院OG武藤彩未、80年代再現プロジェクト始動”. ナタリー. ナターシャ (2013年4月30日). 2013年8月29日閲覧。
  16. ^ a b 武藤彩未が『南波一海のアイドル三十六房』に初登場!”. CDJournal. 音楽出版社 (2014年4月17日). 2015年8月20日閲覧。
  17. ^ 武藤彩未デビューアルバム発売決定、原点のO-EAST再び”. Barks (2014年2月10日). 2014年4月8日閲覧。
  18. ^ a b 武藤彩未「たったひとりのライヴツアー」で聴かせた確かな〝成長の跡〟”. エンタメNEXT 徳間書店 (2015年7月29日). 2015年8月2日閲覧。
  19. ^ “武藤彩未に父・善則師もエール”. デイリースポーツ. (2013年4月30日). http://www.daily.co.jp/gossip/2013/04/30/0005941645.shtml 2013年8月29日閲覧。 
  20. ^ 【ライブレポート】武藤彩未、80年代アイドルのDNAを伝える2ndソロライブで初のライブハウスツアー&赤坂BLITZ公演を発表”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2013年9月28日). 2015年8月23日閲覧。
  21. ^ “インタビュー「さくら学院」”. De☆View. (2011年12月22日). http://deview.co.jp/Interview?am_interview_id=38&set_cookie=2 2014年10月10日閲覧。 
  22. ^ “武藤彩未、610の日ライブで「これからも歌っていきたい」”. ナタリー. (2014年6月11日). http://natalie.mu/music/news/118656 2014年10月10日閲覧。 
  23. ^ “武藤彩未、“自分の殻を破った”真夏の単独公演”. ナタリー. (2014年8月4日). http://natalie.mu/music/news/122737 2014年10月10日閲覧。 
  24. ^ “武藤彩未、新たな一面魅せた[OWARI WA HAJIMARI]”. ナタリー. (2014年12月28日). http://natalie.mu/music/news/135011 2015年1月17日閲覧。 
  25. ^ “武藤彩未、憧れの渋谷公会堂で迎えた19歳の誕生日”. ナタリー. (2015年4月30日). http://natalie.mu/music/news/145857 20115-04-30閲覧。 
  26. ^ “武藤彩未、ROCKな2DAYSライブに幕「一緒に夢を叶えたい」”. ナタリー. (2015年6月12日). http://natalie.mu/music/news/150272 20115-06-15閲覧。 
  27. ^ “あの少女の正体は武藤彩未!ウォーターサーバーCMに出演”. ナタリー. (2015年6月15日). http://natalie.mu/music/news/150604 2015年6月15日閲覧。 
  28. ^ “武藤彩未、伊勢丹の春を彩る「花々祭」モデルに抜擢”. ナタリー. (2014年2月26日). http://natalie.mu/music/news/110651 2014年4月8日閲覧。 
  29. ^ “関根光才、ライゾマ、MIKIKOらがコラボ、武藤彩未と踊れるアイス自販機が1日限定登場”. CINRA. (2014年4月8日). http://www.cinra.net/news/20140408-mutoayami 2014年4月8日閲覧。 
  30. ^ “武藤彩未が「セブンティーンアイス」とコラボ 渋谷に「アイドルと踊れる自販機」登場”. リアルサウンド. (2014年4月8日). http://realsound.jp/2014/04/post-388.html 2014年4月8日閲覧。 
  31. ^ 武藤彩未がアルバム発売日に1時間の長尺トークに挑戦!”. exciteニュース (2014年4月16日). 2014年4月20日閲覧。

外部リンク[編集]