科学究明機構ロヂカ?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
科学究明機構ロヂカ?
出身地 日本の旗 日本
ジャンル エレクトロ[1]
ポップ・ミュージック[2][3]
ドラムンベース[4]
活動期間 2012年 - 2014年
2015年 -
レーベル ユニバーサルJ[5](2012年 - 2014年)
事務所 アミューズ
共同作業者 EHAMIC
メンバー 倉島研究員
岡田研究員
岡崎研究員
旧メンバー 堀内研究員
佐藤研究員
磯野研究員

科学究明機構ロヂカ?(かがくきゅうめいきこうロヂカ)は、日本音楽ユニット[6]女性アイドルグループさくら学院の部活動ユニット(派生ユニット)の1つ「科学部」として2012年9月に結成[6]

メンバー[編集]

Ver.2.0 (2016年度)[編集]

  • 倉島研究員
  • 岡田研究員
  • 岡崎研究員

Ver.1.2 (2015年度)[編集]

  • 磯野研究員(RiNon)[7][8]
  • 倉島研究員(SaRA)[7][8]
  • 岡田研究員(Mg3)[7][8]

Ver.1.0 (2012年度・2013年度)[編集]

略歴[編集]

2012年9月、さくら学院のメンバーである堀内まり菜佐藤日向、磯野莉音の三人による同グループの部活動ユニット(派生ユニット)の「科学部」として発足し、翌10月に開催されたさくら学院の単独公演「さくら学院祭☆2012」で初ステージ出演[2][3][10]。11月21日にシングル「サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ」でデビュー[2][3][6]

2014年3月30日に開催されたさくら学院の単独公演「The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2013年度 卒業〜」にて堀内、佐藤のさくら学院卒業に伴い、Ver.1.0の活動が終了。同年12月7日に開催されたさくら学院の単独公演「さくら学院☆2014 Celebration in December」にて、限定ユニットとして田口華野津友那乃、倉島颯良が「サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ」を披露した[11]

2015年11月1日に開催されたさくら学院の単独公演「さくら学院祭☆2015」にて、従来のメンバーである磯野に、倉島颯良と岡田愛を加えた3人でVer1.2として活動を再開[7]

2016年3月27日に開催されたさくら学院の単独公演「The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2015年度 卒業〜」にて磯野のさくら学院卒業に伴い、Ver.1.2の活動が終了。同年11月13日に開催されたさくら学院の単独公演「さくら学院祭☆2016」にて、従来のメンバーである倉島、岡田に岡崎百々子を加えた3人でVer2.0として活動を再開。

特色[編集]

「日常における様々な事象を、科学で論理的に究明していく」としており[9]制服の上にエレメントコートスーツ(白衣)と仮想スコープ(黒ブチ眼鏡)のスタイルで活動[1][3][6][9][12]歌詞の中に元素記号化学用語が使用されており[2]、科学監修として京都大学工学部大学院卒で科学芸人の丹佳夫が参加[要出典]。イベントなどでは丹が司会の先生役を務め、YouTubeチャンネルの番組では案内役の主任ヂーカロイド「ヂロ」を担当している[要出典]

ユニット名について、「科学究明機構」は水や二酸化炭素などの日常生活にまつわる親しみやすい科学の究明を、「ロヂカ」は科学という言葉が持つ未来感覚や可能性の意味を込めたものであり、表記を昔風にすることでオシャレなイメージを出している[9]。「?」はメンバーが未完成、成長中、究明中であるとして不可思議な可能性の意味を込めてつけられた[9]

音楽性[編集]

RPGの様なコンピューター音[12]エレクトロサウンド[1]アナログサウンドを含むポップ・ミュージック[2][3]、無機質[12]ロボティックダンスが特徴[1][3]。振付は、MIKIKOによるもの[9]。楽曲提供者のEHAMICによると、(2014年現在)日本の音楽業界で模倣が横行している「エレクトロ・サウンド」に対して真っ向から立ち向かったとしており、「打ち込み」と「ケロケロ声」の2つを禁止して、生演奏を主体にしたアレンジを施したとしている[4]。一方で、科学のイメージを想起させるデジタル音は外せないということとなり、シンセサイザーを納得いくまで何度も弾いたと述べている[4]。デビュー曲「サイエンスガール▽サイレンスボーイ」について、生演奏の緊張感がダイレクトに露呈していると振り返っている[4]。「デルタ」は、ドラムンベース歌謡として制作され、タイトルとコンセプトは、デビュー曲に対するさくら学院の先生からのアイデアであった「▽」の部分を連想したものであり[4]春の大三角夏の大三角など星座に関する内容の歌詞となっている[13]。また、3人組である事から三角形であるともしている[13]

楽曲[編集]

# タイトル テーマ 収録作品 リリース日 販売形態
1 サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ 元素記号、化学用語など サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ 2012年11月21日 CDシングル
さくら学院 2012年度 〜My Generation〜 2013年3月13日 CDアルバム
放課後アンソロジー from さくら学院 2014年5月5日
さくら学院 2015年度 〜キラメキの雫〜 2016年3月3日
2 ユメを解く理論 サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ 2012年11月21日 CDシングル
3 IMA ELEMENT with エレメントガールズ 元素、化合物など
4 デルタ 星座、恒星など さくら学院 2012年度 〜My Generation〜 2013年3月13日 CDアルバム
放課後アンソロジー from さくら学院 2014年5月5日
さくら学院 2016年度 〜約束〜 2017年3月3日
5 Welcome To My Computer コンピューター用語 顔笑れ!!」初回限定盤 タイプA 2014年2月12日 CDシングル
さくら学院 2013年度 〜絆〜 2014年3月12日 CDアルバム

出演[編集]

イベント[編集]

※さくら学院主体のイベントを除く

  • ロヂカ?labo(2012年11月23 - 25日、HMV大宮ロフト、TOWER RECORDS新宿、梅田NU茶屋町)
  • ガンプラEXPOワールドツアージャパン2013(2013年11月21日 - 24日、秋葉原UDX アキバ・スクエア)[14]

ライブ[編集]

  • LiVE GiRLPOP Vol.2〜Spring Party〜(2013年4月21日、Zepp Tokyo[1]
  • CD&DLでーた別冊girls-pedia presents『女の子図鑑 vol.1』(2013年4月30日、SHIBUYA-AX[15][16]
  • TOKYO IDOL FESTIVAL2013(2013年7月28日、お台場・青海特設会場 ENJOY STUDIUM)
  • ザンジバルナイト2013(2013年9月21日、STUDIO COAST、プール・ステージ)[17][18]
  • 冬のひな納め☆2016(2016年12月25日、Zepp DiverCity TOKYO)
  • 清竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL(2017年1月14日、STUDIO COAST)

インターネット放送[編集]

  • 究明活動報告番組『科学究明放送 ロヂカ学』(2012年11月20日 - 2012年12月27日、さくら学院 科学部 公式 YouTubeチャンネル)

雑誌[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e <LiVE GiRLPOP Vol.2>でLinQ、アップアップガールズ(仮)、Cheeky Parade、さくら学院科学部&クッキング部、bump.y、アイドリング!!!が競演”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2013年4月24日). 2015年8月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e <さくら学院祭☆2012>にて新ユニット・さくら学院 科学部科学究明ロヂカ?初お披露目”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2012年10月30日). 2015年8月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 「さくら学院祭」で“科学究明機構ロヂカ?”初お披露目”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年10月30日). 2015年8月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e さくら学院、部活動ユニットベスト盤発売 楽曲プロデューサー陣によるコメント到着”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2014年4月30日). 2015年8月13日閲覧。
  5. ^ さくら学院 - サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ[通常盤]”. ユニバーサルミュージック (日本). 2015年8月4日閲覧。
  6. ^ a b c d さくら学院 科学部 科学究明機構ロヂカ?”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年8月13日閲覧。
  7. ^ a b c d さくら学院、秋恒例学院祭に3600人 転入生がキャッチフレーズ披露 ORICON STYLE 2015年11月1日
  8. ^ a b c 5周年へ想いを繋ぐ最高のライブに さくら学院祭2日目夜ライブレポート”. エキサイトニュース. エキサイト (2015年11月5日). 2017年5月23日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 【インタビュー】 さくら学院 科学部 科学究明機構 ロヂカ?”. HMV ONLINE. 株式会社ローソンHMVエンタテイメント (2012年11月24日). 2015年8月4日閲覧。
  10. ^ BABYMETALに続け! さくら学院の新部活はエレクトロな科学部” (2013年3月6日). 2013年10月30日閲覧。
  11. ^ さくら学院、シャッフルユニット多数登場の4周年公演に卒業生も”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年12月8日). 2015年8月13日閲覧。
  12. ^ a b c 【ライブレポート/ Kawaii girl Japan】「すぅは一人じゃなかったよ」。さくら学院2012年度、涙の卒業公演をレポート!”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2013年4月12日). 2015年8月13日閲覧。
  13. ^ a b 堀内まり菜佐藤日向 (2013年4月5日) (日本語). 第1回さくら学院 もしもしお悩み放送室 第2部 パート③ (YouTube). ユニバーサルミュージック (日本).. 該当時間: 06:13 - 06:44. https://www.youtube.com/watch?v=VsAWpdnDlX0 
  14. ^ 『ガンプラEXPO ワールドツアー ジャパン 2013』開幕! 注目の新商品&ガンプラW杯のエントリー作品を一挙紹介” (2013年11月22日). 2014年1月27日閲覧。
  15. ^ 吉川 友、さくら学院、PASSPO☆出演イベント〈女の子図鑑〉開催!”. CDJournal. 音楽出版社 (2013年5月1日). 2015年8月13日閲覧。
  16. ^ さくら学院科学部&帰宅部、吉川 友、PASSPO☆出演イベント〈女の子図鑑 vol.1〉開催” (2013年2月19日). 2014年1月30日閲覧。
  17. ^ 【ほんとに最終発表】川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET)の出演、さらに当日券の販売決定!!”. ザンジバルナイト (2013年9月20日). 2015年8月4日閲覧。
  18. ^ Lily Franky’s web site” (2013年9月21日). 2014年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]