白衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jaleco.jpg

白衣(はくい、: White Coat)は、業務等において着用する主に白色または淡色の外衣のことである。 主に医療従事者衛生調理従事者、実験従事者等が着用する。学校給食配膳などの場面では児童生徒も着用する。白衣の着用には、衛生、災害予防、制服としての機能があり、主に汚れや洗濯に丈夫なポリエステル製の白衣が多いが、薬品火傷や火に耐えるよう綿で作られているものもある。 「白衣」という名称の示す通り、その多くは白色であるが、必ずしも厳密に色が白に限定されるわけではない。研究者やエンジニアが着る物には青や緑の白衣も存在し、色が付いていても「白衣」と呼ぶ。 医師が診察時に着る白衣は患者に安心感を与えるために、淡い青がよく使われる。また、手術時に着用する白衣(手術衣)の場合、赤い術野を見続けることによる補色残像(薄緑色)が気にならないよう、緑系統の色の物が用いられる(近年は感染対策のため、使い捨ての物が多用される)。また、個人病院受付担当者や薬局医療事務スタッフ、ドラッグストアなどの登録販売者は、身分が医師や薬剤師でないことを強調するためにそれらと区別する目的で水色、黄緑色、ピンク色、クリーム色など、色つきの白衣を着用する場合が大半である。 ドイツ語では「: Laborkittel」英語でも「: Lab. coat」と呼ばれる。また、黒い白衣(: Schwarzes Laborkittel)はドイツにおける伝統的な死刑執行人の服装である。

白衣の形[編集]

コート型の長袖の白衣

一般的には長袖のコート型で丈は膝下から脛あたりまであり、主に医師・獣医師・薬剤師・臨床検査技師保健師栄養士などの医療従事者、科学者・研究者・理系教師(主に化学や生物の教師、稀に数学教師や工業科の教師の一部)・養護教諭司書教諭などの学術関係者、アロマセラピストなどの医療従事者に準じる業種の者などが着用する。 他の例では、銀行員賽銭の集計をする際に着用することもあり、これは正月の時期によく報道される光景でもある。 看護師はほとんど着ないが、上着として着用することがある。また、歯科医師歯科衛生士などもケーシー型を着用する者がほとんどであり、コート型を利用する者は少ない。 上述するように、コート型は学校において児童・生徒が給食配膳で着用することも多いが、コート型が使われるのは汁物などが肌に接して火傷しないようにする防護目的のためであり、給食配膳でケーシー型が使用されることは無い。給食配膳で使用される物は所謂「割烹着」であり、明確にはボタンを留める箇所など、形状に違いが見られる。割烹着は小学校で使用されることが多く、白衣の使用は中学校の方が多い傾向にある。 長袖のコート型はラボ・コート (: Lab. coat) とも呼ばれる。袖口は紐で縛れるようになっている物もある。
一般的ではないが、半袖のコート型白衣コート型白衣に匹敵する長さの丈を持つケーシー白衣[1]も存在する。 丈が短い物は主に歯科医師・歯科衛生士・看護師・理学療法士作業療法士・登録販売者・理容師調理師などが着用する。上下組みになっている半袖のものもあるが主に看護師などの医療従事者が着用する。

白衣を着る主な職業・立場[編集]

上述しているように、医師をはじめとする医療従事者、理系教師をはじめとする学術関係者、理工系技術者研究者調理師理容師などが主に着用する。これらの職種では、白衣の着用は所属組織において事実上の制服扱いをされている場合が多い。 実験以外でも科学者や医師は制服代わりに着用しており、大学内では理系学部の学者や研究者が着用するトレードマークともなっている。一方、民間企業の研究者は作業着を着用している場合が多い。また、海外では学生実験などにおいては衣服の保護のため丈の長い防水エプロンを着用することが多いが、日本では白衣を実験着として着用するのが一般的となっている。医師が診察時に着用する白衣の中には、短めの丈で飾りベルトなどの装飾が付き、袖口の紐を省略したもの、ブレザー形のものなど明らかに実用面よりもファッション性に重点を置いたものもある。 外科系の医師・男性看護師・臨床工学技士・作業療法士・理学療法士・理容師・登録販売者などの職種にある者は、コート型白衣の長いが業務の邪魔になるなどの理由で、ケーシー型白衣を着用する事が多い。ケーシー型白衣はアメリカの医療ドラマ『ベン・ケーシー』に出演したヴィンセント・エドワーズ演じるベン・ケーシー医師の名前に由来する。しかし、ケーシー型白衣はドラマ「ベン・ケーシー」のために発明された白衣ではなく、もっと以前より存在している。元々は理容師の制服を発祥とするセパレート型の白衣である。 近年は利便性からスクラブが着用されることがある。半袖で首元はVネック、洗濯が容易で色も青やピンクを始めとした様々な色が存在する。ところで、神職、巫女、皇族などが儀式を行う時などに白衣を着用する。この白衣は絹、綿、麻製などで、着物状であり、その下には白襦袢を着る。また白衣には白帯を用いる。これらは夏用と合用がある。なお、白衣は「はくえ」、「びゃくい」、「びゃくえ」などと読む場合もある[2]

一覧[編集]

コート型[編集]

など。
ただし、これらの業種・立場の者が必ずしもコート型を使用するとは限らない。

ケーシー型[編集]

など。
ただし、これらの業種・立場の者が必ずしもケーシー型を使用するとは限らない。

主な白衣メーカー[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 向かって右の白衣
  2. ^ 『神祭具便覧39巻』民俗工芸平成27年8月発行全438頁中72~76頁