ローブ・デコルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒色のローブ・デコルテを身につけているダイアナ妃

ローブ・デコルテ[1]:robe décolletée)は、ネックラインが深く大きくカットされ、首元や胸元を露わにしたスタイル(デコルテ)のドレスのこと。イブニングドレスの代表的なスタイルの1つである。単に「デコルテ」といった場合に、この衣装を指す場合もある。 欧米では、昼と夜の礼服が区別されている。これは、欧米の晩餐会、夜会舞踏会演奏会、観劇(演劇オペラバレエミュージカル)などの夜の開催時間が日本に比べて遅く、平日でも勤務先から帰宅して軽く食事を済ませてシャワーを浴びて着替え、夜を楽しめる職住近接が出来ている都市空間であるため。日本の大都市のように通勤時間に1時間以上もかかり、勤務先から直行する都市空間では、昼と夜を着替えて出席する事は帰宅の心配が不要の宮中晩餐会など、親善・外交に出席する場合以外は困難である。[2][3][4][5]

18世紀フランスが発祥とされ、女性の正装礼服として用いられることが多かった。胸や肩を大きく露出させることで着装者の肉体的な美しさを誇示する役目を果たした。オペラ・グローブと呼ばれるパーティー用長手袋を併せて着用することが多い。

日本では、1886年明治19年)に女性の中礼服として採用され、以後社交界などで着用されるようになった。第二次世界大戦後に、本来の女性用大礼服であったマント・ド・クールが用いられなくなると、ローブ・デコルテが大礼服に替わる公式な場における女性用の正装・礼服として用いられるようになった。

皇太子徳仁親王成婚の際、皇太子妃雅子ローブ・デコルテを手がけたファッションデザイナーの森英恵は「ローブ・デコルテは勲章をつけるためのドレスであり、肌を出し、皮の長い手袋を合わせる正装[6]と述べている。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、明治以来日本語による表記法には複数例があり、例えば吉田健一が小説『瓦礫の中』で「ローブデッコルテー」と表記し、他にも「ロブデコルテ」、「ローブデコルテー」、「ローブ・デ・コルテ」など複数の表記法がある。
  2. ^ 國土潤一 『これがオペラだ 上手な楽しみ方とその知識』 音楽之友社 
  3. ^ 渡辺和 『気軽に行こうクラシック・コンサート チケットから服装まで』。 
  4. ^ ミュージカル・演劇(京劇雑技を含む)の開演時間についてはJTBパブリッシングのタビトモの「ニューヨーク」「ロンドン」「北京」「上海」「ソウル」
  5. ^ 渡辺誠 『もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学』〈角川oneテーマ21新書〉。 
  6. ^ グレイスフル・ウエディング 1994年春夏「花嫁のためのお支度」12pより引用

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]