ホーザリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストッキングの構成部位
ホーザリーの広告イラスト

ホーザリーen:hosiery)とは、靴下類を総称する英語であり[1]広義では男性用の靴下やレギンスなどのレッグウエアも全て含む意味であるが、一般的にはタイツストッキングなどの女性用の長い靴下[2]を特に示すことが多い。イギリスではニット製品をこの言葉で呼び[3]、ホーズ(hose)と同義語であり、ホーズは靴下類のすべてを意味する。日本でいうパンティーストッキングを英語圏では「パンティーホーズ」(pantyhose)と呼称する。

英語の「hosiery」(編物)は「hose」(靴下)の派生語とされ[4]、靴下はニット製品の起源と考えられている[5]。同様にニットの旧称である「メリヤス」の語源はスペイン語のメディアス(medias)やポルトガル語のメイアス(meias)であり、いずれも靴下の意味である[6]

今日の日本では、「ストッキング」という呼び名がやや古くさく感じられてきており、透け感のある従来のストッキングを「シアータイツ」[7]など新味を出す呼び方としてファッション雑誌などが使い始め[8]、さらに厚手のリブタイツなどを指す呼び方としても用いられている[9]

歴史[編集]

ホーザリーは、カバーまたはカバーすることを意味する古いアングロサクソンの用語「hosen」に由来し、タイツ靴下レギンスストッキングサイハイパンストなど、さまざまなレッグウェアを含む用語である。発見された最も初期のホーザリーはエジプトで発見された赤いニットの靴下であり、9世紀までさかのぼって存在してきた。

ホーザリーは今日女性が着用しているが、もともとは男性の衣服であり保護と装飾の両方の目的で着用されていた。女性がホーザリーを着始めたのは18世紀のことで、その時からホーザリーは女性によって着用され、男性はストッキングやブリーチではなくズボンや靴下を着用し始めた[10]

1920年代は、合成繊維の発明によりホーザリーの新時代の到来を告げた。綿のような天然素材とは対照的に合成繊維はホーザリーの耐久性を上げ製造と着用を容易にしました。「ナイロン」は40年代に製造されたすべてのホーザリーの総称になり、ナイロンの生産が第二次世界大戦の取り組みに移行したとき女性はナイロンを着用しているように見せるために脚に縫い目を描くこともあった。

50年代には、フルカバータイツが市場に導入され、タイツ/パンストは1960年代に非常に人気があった。これは主に、メアリークォント(en:Mary Quant)が開拓したミニスカートとタイツの組み合わせによるものである。それ以来、テクノロジーは醜いしわの寄った足首を止めたライクラのようなホーザリーや繊維を進歩させ、複雑なパターンをホーザリーに織り込む能力による産物はスタイリッシュな女性のクローゼットの中で永続的な作品になった。

2000年代には、特に夏のホーザリー、そして今ではこれまで以上にカジュアルな職場が今やパスアイテムになっている。これは一時的なフェーズであり、ファッションが一時的に必需品に昇格するにつれて、ホーザリーが時々戻ってくると思わせる。さらに、が完璧ではない女性にとってホーザリーは脚を日焼けしていないときの自分がどのように見えるかに違いをもたらす。

タイプ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 靴下を究める:靴下の英語
  2. ^ イミダス現代人のカタカナ語辞典:ホーザリー
  3. ^ ApparelFashionWiki:ホージャリーとは
  4. ^ スーツやファッション関係の用語:ホージャリー
  5. ^ hose(ホーズ):Windsor-Heritage for Gentleman
  6. ^ 塚越秀也「靴下とその性能」『繊維製品消費科学』第24巻第12号、日本繊維製品消費科学会、1983年、 537-541頁、 doi:10.11419/senshoshi1960.24.537ISSN 0037-2072NAID 130004008710
  7. ^ 昔パンスト、今ホーザリー:名称刷新おしゃれに変身
  8. ^ イミダス時事用語事典:ホーザリー
  9. ^ 大人の「ホーザリー」これが正解!…「ホーザリー」って?
  10. ^ ALL ABOUT HOSIERY

関連項目[編集]