ひもパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
黒のひもパン(前)
黒のひもパン(横)

ひもパンとは下着の一種で、サイドが細いひも状またはリボンなどで結ぶデザインになっている。一般的に生地が薄くて肌に密着した下着であるため、パンツ-スタイルでもショーツラインやブリーフラインが透けづらく、アウターに響きにくい機能をもっている。

欧米では、1990年代から安定した人気を得ている。英語では、一般的にGストリングG-String)と称され、ひも状タイプの意味では、side-string panties, side-string bikini、リボンタイプの意味では、side-string sarong, tie-side bottoms などという。日本では、かつてはストリップショーなどエロティックな遊戯的意味合いが強かったようだが、近年はデザインの一種として受け容れられつつあり、比較的に嗜好性の高いデザインに属するようになってきた。

ただ日本の女性のあいだでは、Gストリングの語はソングタンガと同列の、俗に「Tバック」と総称される内の1つだと捉えられることも多く、単にサイドが紐やリボンだと区別する際、製品名に使われる横ひもショーツやストリング-ビキニと呼ぶ場面も見受けられる。

関連項目[編集]