ナベシャツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナベシャツは、乳房を目立たなくし胸板風に見せることを目的として考案されたシャツ[1]。「オナベの人が着るシャツ」の意である[1]。男装趣味の女性や、女性の身体に違和感を覚える人が利用し、胸を小さく見せる、胸を潰して平らに見せる効果がある[2]

ナベシャツを製造販売する「洋服のオカ」は「元祖ナベシャツオカ」を掲げており、同社に依れば、昭和47年に大阪の水商売のオナベの人に依頼されて、考案し誕生した商品で、命名も同社によるとのこと[3]

出典[編集]

  1. ^ a b インパクション』第131号、インパクト出版会、2002年、175頁。
  2. ^ 平安寿子 『こんなわたしで、ごめんなさい』 実業之日本社、2016年、[要ページ番号]ISBN 978-4408552873
  3. ^ ナベシャツの製造、販売 元祖ナベシャツ 洋服のオカ”. 洋服のオカ. 2018年4月16日閲覧。