ベルボトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルボトム

ベルボトム(bell-bottoms)とは、衣服のうち、ズボンのデザインの一種。またそのようなデザインのズボンそのものを指す。

脚の筒の形が、腰から膝までは身体にフィットし、膝から裾に向かって広がっているものである。

金管楽器のベルの形に似ていることから「ベルボトム」と呼ばれている。日本では「パンタロン」や「ラッパズボン」と呼ばれたこともある。丈の長いブーツを下に履けることから「ブーツカット」という呼び方も一般的である。

現在は裾の広がり方によって区別するのが一般的になっており、やや広がっているものをブーツカット、大きく広がっているものをベルボトムとすることが多い。両者を総称して「フレア」とも言う。

着方はとくに決まっていないが、やや丈を長めにしてかかとの高い靴と合わせるとさらに脚を長く見せることができる。 このような着こなしがしやすいよう、裾にスリットが入っていたり、裾をボタンやファスナーで開閉できるものもある。

長所として、ヒザ下を長く見せることができる、ある程度脚の体型をカバーできることがある一方、短所として、着用時に裾を引っ掛けたりしやすい、裾を引きずったりして汚しやすいことがある。

歴史[編集]

ベルボトムの発祥はアメリカ海軍の制服である。1960年代以降、アメリカのヒッピー文化の代表的なファッションスタイルの一つとして定着し、1970年代後半まで、男性・女性を問わず世界中の若者の間で大流行した。なお、単にジーンズだけでなく、プレスラインの入ったスラックス型やプリント柄のものも多かった。エルヴィス・プレスリーはジャンプスーツにベルボトムを採用していた。

日本での歴史[編集]

ヒッピー文化と共に1960年代末期より日本でも爆発的に流行した。日本では当時「パンタロン」と呼ばれていた。パンタロンはフランス語でパンツの意だが、日本ではベルボトムを指す語として定着した[要出典]。現在では廃語(俗に言う「死語」)と化している。

その後1980年代にはスリムジーンズの流行に置き換わったが、1992年頃からの古着ブームによりベルボトムが再び流行するものの数年で沈静化した。

同時期より、女性向けでは、その脚を長く見せる効果に注目が集まり、デザインに工夫が凝らされて脚の長さだけでなくお尻をスリムに見せるなどの効果をうたった、いわゆる「美脚パンツ」のブームが起こった。この流行はジーンズだけでなくパンツ全般に広まり、スーツなどのスラックストレーニングパンツなどにもベルボトムのデザインが取り入れられたものが多く売られるようになった。

1995年頃より20代のOLを中心としてフレアパンツが流行する。

2006年頃からはスキニージーンズなどスリムがまた流行しているが、依然ベルボトムも高い需要がある。現在女性向けではベルボトム・フレアパンツは定番化している。男性向けでは、ロック系、パンク系の人々の一部で根強い人気があるが、現在、トルネードマートなど一部のブランド以外流通量は極めて少ない。

宮城県の常盤木学園高等学校では、防寒対策としてスカートの代わりにパンタロンを導入した。

ベルボトムの一覧[編集]

関連項目[編集]

  • ボトムス
  • 仮面ノリダー - 主題歌において、主人公が着用する白いパンタロンを「今時売ってない」と歌っている(制作開始は1988年)。