出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(さらし)とは織物から不純物をとりのぞき漂白する工程、また漂白された糸でできた織物[1]。現代では過酸化水素水晒粉を用いて化学的に色素を抜く手法がとられる[2]が、積雪と日光を用いた「雪晒」(ゆきざらし)、天日と水を用いた「野晒」「天日晒」などの伝統もある[3][2]。そのままでは染色に適さない木綿に対して行われる[3]。「さらし」のみで晒木綿を指す場合もある[4]

晒の麻織物としては野州晒が有名[5]

晒木綿[編集]

晒木綿は木綿を漂白したもの[4]で、単に「さらし」とも言う[4]知多半島で生産される小幅の知多晒(ちたざらし)が有名[3]

下帯[4]襦袢[4]腹巻き[3]襦袢の下の肌着[6][7][8]の布地として用いられる。柔道整復術ではガーゼの他、晒木綿が包帯の素材として用いられる[9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『被服学辞典』p.162、安喰功「晒」
  2. ^ a b 『繊維の百科事典』「晒(さらし)」
  3. ^ a b c d 『きもの用語大辞典』p413
  4. ^ a b c d e 『日本国語大辞典』「さらし-もめん」
  5. ^ 『被服学辞典』p.162、安喰功「晒」
  6. ^ 石田節子・斉藤房江『着物ことはじめ事典』、マイナビ出版、2015年、p.29
  7. ^ a b 『きもの用語大辞典』p536
  8. ^ 六尺の長さの晒木綿を用いることから「六尺褌」とも呼ばれた[7]
  9. ^ 菅原勇勝『柔道整復治療法 I』ヘルス・システム研究所、2004年、p.58