スクール水着

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スクール水着と水泳帽を着用した男女(男子用はボックス型、女子用は競泳タイプ)

スクール水着(スクールみずぎ)とは、日本小学校中学校高等学校における体育授業水遊び水泳用に使われている水着を指す俗称である。

概要

各学校がブランドデザイン等を指定する「指定水着」がある学校と、各学校が定めたブランド・デザイン・色等の最低条件の範囲内で各自市販のスクール水着を自由に選ぶ学校がある[1]。大人用のスクール水着も制作・発売されている[2][3]短期間しか授業を行わないか全く授業を行わない北海道を除く[要出典]ほぼ全国で採用されている。

1960年代以降、学校教育における水泳の授業の位置づけが大きくなった[4]。しかし、市販の水着は学校の水泳の授業に用いるには必ずしも形状、機能が適切ではない[要追加記述]ため、当時の公式競技に用いられている水着を参考に、学校の授業で用いるに相応しい形状、機能を持った水着の制定が進められ、製造メーカーによる軽微な差異はあるものの、全国でほぼ共通の形状、機能を持ったものが「学校指定水着」として定着していった。それに伴い「学校指定」「学習用」という意味からスクール水着の呼称が発生し、俗語として定着した。

日焼け防止や体型を見えにくくするため、長袖と半ズボンを組み合わせたタイプも登場している[5]

種類

女子用

女子用の水着 競泳タイプ
女子用の水着 旧タイプ

基本形状はトップスとボトムスが一体となったワンピース型であり、年代が進むにつれてモデルチェンジが行われている。女子用のものと同じく基本は紺もしくは黒の単色だが、それに限らず様々な色が使用されているものもある。また、大人もターゲットにしたスクール水着も登場している[2][6][7]

  • 旧旧タイプ(旧旧型) - 旧タイプと似ているかもしれないので、マンガやアニメの設定で旧スクと混同されやすい。[8]
  • 旧タイプ(旧型)
  • 新タイプ(新型)
  • 競泳タイプ(競泳型)
  • セパレーツタイプ - 腰紐の代わりにウエストゴムを入れている水着がある[9]。。
  • スパッツタイプ
  • スカートタイプ - 大人のファッションに影響されて、着用する者が多くなってきている[10]
  • サーフタイプ

男子用

ジェンダーレス水着

男女問わず着用できるジェンダーレス水着も登場している[5]

脚注

  1. ^ スクール水着”最前線、今や「ワンピース型」は少数派になっていた! - ウェイバックマシン(2013年7月7日アーカイブ分)(2013年5月24日 日経トレンディネット)
  2. ^ a b オトナの女性がスクール水着を指名買い、あえて“スク水”を選ぶ3つの理由 - ウェイバックマシン(2015年5月29日アーカイブ分) 日経トレンディネット 2015年5月29日
  3. ^ 大人の女性のためのスク水誕生! シンプルで大人かわいいデザインが魅力的 とれらぼ 2016年4月21日
  4. ^ https://www.budo-u.ac.jp/laboratory/transaction/pdf/ibu_journal_25.pdf 学校プール建設の歴史と学校体育における水泳教育の変遷]『国際武道大学研究紀要』2009年号、p.39
  5. ^ a b ジェンダーレス水着を選択肢に 「悩みは男女共通」向き合った開発者:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年8月3日). 2022年8月14日閲覧。
  6. ^ 着る人を選ぶ!? オトナの女性もターゲットにしたワンピース型スクール水着 - ウェイバックマシン(2013年7月7日アーカイブ分)(2013年6月7日 日経トレンディネット)
  7. ^ オトナの需要を想定して作った新型スク水、ポイントは業界初の“襟つき” - ウェイバックマシン(2015年6月12日アーカイブ分)(2015年6月5日 日経トレンディネット)
  8. ^ コミックスドロウイング編集部, ed (2010年1月1日). 萌えキャラのファッション作り―萌えスタイルの描き方. ISBN 978-4-416810-040 
  9. ^ ひもがついていないスクール水着を発売 “腰ひもが結べない・ほどけない・手間がかかる” 子ども・親・学校の先生、3者の悩みを解決 - 2017年5月24日 SankeiBiz
  10. ^ 水着のハードルを下げた!? “洋服みたいな”スクール水着が登場した背景 - ウェイバックマシン(2014年5月2日アーカイブ分)(2014年3月28日 日経トレンディネット)

参考文献・資料

  • 『よいこの萌えっ娘!スク水!!-秋葉系コンセプトビジュアルブック(コアムックシリーズ 548)』(ISBN 978-4864361415コアマガジン 2011内 コラム「スクール水着大解剖」(著:有村悠)

関連項目