アヒル口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アヒル口をした女性。

アヒル口(アヒルくち、アヒルぐち、: Duck face)とは、鳥類のアヒル嘴(くちばし)に似た形状を持つ人間を指す言葉。アヒル口は先天性のものと、意図してそうした口の形状を作り上げるものに分類される。「ドナルドダック唇」「アヒル唇」などと呼称されることもある。

口角が上がり、口先をやや突き出したような形状であることが一般的で、アルファベットWのように見える。タラコ唇おちょぼ口のように口の特徴を表す言葉である。近年では女性の魅力の一つとして認知されるようになっている。

由来と歴史[編集]

「アヒル口」という名称そのものは1998年にデビューした歌手・鈴木亜美に対して用いられたのが最初とされ[1]、それ以降はこうした口の形状が女性の「キュートさ」や「セクシーさ」を表す特徴のひとつとして、広く知られるようになった。2005年には『現代用語の基礎知識』に、2006年には『大辞林』に掲載され、一過性の流行語ではなく、一般用語として浸透していくこととなる[2]

当然ながら、この言葉が発生する以前にも、酒井法子(1986年デビュー)や岩井由紀子(1985年デビュー)など、こうした口を持つ者は存在したが、当時は女性の魅力を体現する特徴には数えられておらず、むしろコンプレックスのひとつとして捉えられていた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 野村2010、p.18。
  2. ^ 野村2010、p.20。

参考文献[編集]

関連項目[編集]