ドジっ娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドジっ娘の例1: 完成間近の立体ジグソーパズルを崩してしまっている[注釈 1]
ドジっ娘の例2: 料理を運ぶ最中に蹴躓き,体勢を崩した結果料理が溢れている。

ドジっ娘(ドジっこ)とは,ドジな女性を総称する[1]オタクカルチャー用語。

概要[編集]

家事一般、スポーツ競技、通常の歩行を含む運動全般などにおいて、可愛らしいあるいは憎めない失敗を繰り返す女性キャラクターを指す[1]

ドジっ娘が行う所作の一例[編集]

アニメゲームをはじめとするサブカルチャー系作品における萌え属性のひとつで、男性読者・視聴者の愛好対象となるよう設計されることが多いが、『エースをねらえ!』の岡ひろみや『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎなど、少女マンガの主人公キャラクターにもこの属性が付与されることがしばしばある[1]

ドジっ娘に対し好意を抱き、惹かれるさまを「ドジっ娘萌え」と呼ぶ[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 登場している女性キャラクターはウィキペたん

出典[編集]

  1. ^ a b c 新城, p. 150.
  2. ^ a b 架神, p. 67.
  3. ^ a b c オタ文研, p. 87.
  4. ^ 青木, p. 115.

参考文献[編集]

  • 新城 カズマ『ライトノベル「超」入門』ソフトバンク新書、2006年。ISBN 4797333383
  • 架神 恭介『少女マンガから学ぶ恋愛学』シンコーミュージック、2007年。ISBN 4401630904
  • オタク文化研究会『オタク用語の基礎知識』マガジンファイブ、2006年。ISBN 4434073966
  • 青木 敬士『世界はゴミ箱の中に』現代図書、2005年。ISBN 4434056786

関連項目[編集]