女体化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女体化(にょたいか)は、男性が突然女性の体になる架空の現象のこと(後天性女体化)、または元々女性であったという設定のパロディ(先天性女体化)。やおいをはじめとする二次創作で使われる用語の1つ。

やおい系二次創作としての女体化[編集]

漫画アニメなどの物語に登場する男性キャラクター同士の関係性に同性愛を読み込んで行われる二次創作(同人誌作成など)をやおいと呼ぶが、広義でのやおい系二次創作には男女の性愛や女性同士の同性愛を描いた作品も含まれるなどの多様性がみられる。そして、その中には定番ネタのひとつとして原作での男性キャラクターを女性に変化させて描く「女の子ネタ」があり、これは日本のアニパロ文化の歴史の中でも初期の頃から存在している。[1]

やおい系二次創作では登場人物に対して「攻め」「受け」と呼ばれる役割分担が与えられるが[注 1]、「女の子ネタ」の作品では(しばしば女性的役割を担うと説明される)受けのキャラクターを女性化させて男性との性関係を描くだけでなく、(しばしば男性的役割を担うと説明される)攻めの男性キャラクターをも女性化させて描いたり、登場キャラクター全員を女性化させる場合もある[2]。受けと攻めの両方が女性化される場合、しばしば受けが身体的に未成熟な女性(少女)として、そして攻めが身体的に成熟した女性として描かれることが多く[3]。やおいに対する分析のひとつとして、それを消費している女性たちに内面化された女性嫌悪・女性性の否定の表れであるとする説があるが[注 2]西村マリは女の子ネタにおいて女性性についてマイナスイメージでない描き方がされていることが多いことなどを受け(出産育児を描いたものも定番として存在する)、それらの説に懐疑的な見方を示している[4]

女装までを含む女子化といわれるやおいのジャンルで、ブームの終焉に現れる」として阿部川キネコの「辣韮の皮」でも触れられていた。ライターの渡辺由美子は、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公の少年である碇シンジを女性化させて描く「女シンジ本」について、父子相姦などを含む様々な表現を含むシンジの同人誌が出現した後、いわば最終兵器として「女シンジ」が現れたとしている[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『アニパロとヤオイ』130-131頁。
  2. ^ 『アニパロとヤオイ』131-132頁・134頁・137頁。
  3. ^ 『アニパロとヤオイ』134頁。
  4. ^ 『アニパロとヤオイ』134-137頁など。
  5. ^ 「ショタの研究」『国際おたく大学―1998年 最前線からの研究報告』45頁。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]