萌え擬人化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィキペディアを萌え擬人化したウィキペたん
ルイス・ウェイン画。本来の擬人化。猫が猫の姿のままで人間のようにゴルフをしている。

萌え擬人化(もえぎじんか)は、現代の日本漫画アニメゲームなどにおいて人間以外の生物や無生物を人間(の姿)に見立てて萌えと結びつける概念、及びそうした創作物のこと。

概要[編集]

生物・無生物を人間に近い姿にした(擬人化イラストを描く際に、“萌え属性”を追加したもの。一般的に美少女美女化が多く見られるが、漫画『Axis powers ヘタリア』の様にイケメン化している作品も存在する。

本来の擬人化はもとのものに人間の特徴(表情・二足行動力・会話力など)を加える事だが、日本のサブカルチャーにおける擬人化の場合バニーガールの様な“該当する事物のイメージを反映した人間”として描かれる事も多い。もとの事物の特徴を殆ど外見に反映していないものも存在するが、その場合はキャラクターの性格や人間関係などにモチーフの特徴が反映される[1]

ただし服を着ているキャラがもとの場合は、それと同じ服を着用(コスプレ)した人間として描かれる事が多い。

歴史[編集]

同人二次創作の世界では古く(1980年代頃)から擬人化ジャンルが存在しており、その題材は漫画・アニメの動物キャラまたは無生物が中心であった。どちらの擬人化も同人・二次創作文化全体ではマイナーなものであったが、後者は2001年頃からInternet Explorerの中止ボタンを擬人化したキャラ“しいたけちゃん”がインターネット上で人気を集め、「擬人化」というジャンルを広く知らしめる事となる。かつては同人誌などで見られた手法だったが、2000年代からは商業ベースの作品も発表されており、現在では日本のサブカルチャーにおいて重要なジャンルの一つとなっている。

2003年には漫画『びんちょうタン』が誕生し、人気を集める。翌2004年には日本オタク大賞において大賞を受賞、このヒットを萌え擬人化ブームの発端とする意見もある[1]

2007年、萌え擬人化の先駆けとなる兵器擬人化ゲーム『萌え萌え2次大戦(略)』がパーソナルコンピュータで発売。

2013年軍艦を萌え擬人化したブラウザゲーム艦隊これくしょん -艦これ-』が運営開始され話題に。以降様々な萌え擬人化作品が登場し、擬人化ブームが始まる。

2015年1月14日、日本の名刀をイケメン化したブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』が運営開始され人気に。

2017年には哺乳類鳥類爬虫類などを萌え擬人化したアニメ『けものフレンズ』が放送され社会現象となった。

2021年競走馬を萌え擬人化したモバイルゲームウマ娘 プリティーダービー』が運営開始、ヒットを記録している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]