ファーリー・ファンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一部のファーリー・ファンは「ファースーツ」と呼ばれる着ぐるみに身を包み、キャラクターになりきる。

ファーリー・ファンダム: Furry fandom)は、擬人化された動物を愛好するサブカルチャー文化、および愛好者の集団(ファンダム)のことである[1][2][3][4]日本における同様の概念としてケモナーがある[5]

歴史[編集]

擬人化された動物キャラクターが登場するサイエンス・フィクションファンタジーカートゥーンは、しばしばファンダム形成のきっかけとなったと言及される[6]。2007年の研究によると非ファーリーの対照群と比較して、大多数のファーリーは幼少期「はるかにずっと」カートゥーンを愛好しており、これらの作品をよく見ていたことを記憶しているほか、ファンダム外の集団よりもSF作品を鑑賞している確率が高かった[7]

研究者のフレッド・パッテン英語版によると「ファーリー」という概念が生まれたのは1980年SFコンベンションでのことであった[6]。この催しの中でスティーブ・ギャラッチ英語版の『Albedo Anthropomorphics英語版』に登場する擬人化キャラクターについての話題が俎上に載せられ、SF小説における擬人化キャラクターについての議論が始まった。このことにより、SFコンベンションやコミック・コンベンション英語版では擬人化キャラクターについての議論グループが作られるようになった。

「ファーリー・ファンダム」という用語が同人誌(ファンジン)で使われるようになったのは早くは1983年のことである。この言葉は1990年代中盤ごろには定着し、「『ファーリー』ないし擬人化された哺乳類のキャラクターを表した絵や散文を作成したり鑑賞したりする集団」という定義を与えられている[8]。しかし、ファーリーが愛好する作品としてしばしば例に出されることがある『ジャングル大帝』が1965年、『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』が1972年(映画版は1978年)、ディズニー映画の『ロビン・フッド』が1973年の作品であることなどから、ファンダムの起源はさらに遡られるのではないかと考えるファンもいる[6]。1990年代のニュースグループは、混同による障害を避けるためファニー・アニマルのファンとファーリー・ファンの議論場所を隔離した[9]1980年代、ファーリー・ファンは同人誌の出版を始め、いくつかの集団が交流会を開くようになっており、1989年にはファーリー単体のコンベンションを開くのに十分な気運が生まれていた[10]。この催しは『カンファーレンス・ゼロ』(Confurence 0)と呼ばれ、カリフォルニア州コスタメサのホリデイ・イン・ブリストル・プラザ(Holiday Inn Bristol Plaza)にてホリデイシーズンに開かれた[11]。 1990年代にはインターネットが普及し、ファーリー・ファンが交流するもっとも一般的な手段としても使われるようになった[12]。ニュースグループの『alt.fan.furry』が1990年の11月に開設されたほか、TinyMUCK英語版がファーリー・ファンが交流する主要な場として使われた[13]

活動[編集]

2008年の調査によると、ほとんどのファーリーは、ファンダムにとって重要なものとして絵や動画、小説、インターネット上およびコンベンションにおいての交流などを挙げた[14]

工作[編集]

Further Confusion英語版で展示されているフィギュア。

技能を持つファンはぬいぐるみや、ファースーツと呼ばれる着ぐるみを作ることがある[15]。こうした着ぐるみはパレードやコンベンション内で着られる[16]。ファースーツにはシンプルな構造のスポーツチームのマスコットキャラクターを真似たものから[7]、顎を動かせるギミックやオーディオアニマトロニクス、特殊メイクなどを実装した洗練されたものまでさまざまなものがある。ファースーツの価格には開きがあり、500ドル程度の安価なものからアニマトロニクスを組み込んだ10000ドル以上のものまである[17]。80パーセント以上のファーリーが全身を覆うタイプのファースーツを持っておらず[18][14][7]、購入費用の高さがその理由のひとつとして挙げられがちである[7]。大多数のファーリーは着ぐるみや、着ぐるみイベントに好意的印象を持っている[18][14]。一部のファーリー・ファンは耳だけ、手だけ、尻尾だけといった一部分だけのファースーツを持っている[7]

ファーリー・ファンのなかには操り人形に興味を持ち、『Rapid T. Rabbit and Friends英語版』や『Funday PawPet Show英語版』のような人形劇の上映やビデオの撮影を行うものもいるほか、獣耳や尻尾といった装身具を作成するものもいる[19]

ファーソナ [編集]

ファーリー・ファンによって作られた擬人化動物キャラクターのことを「ファーソナ(Fursona)」と呼ぶ[20]。このようなキャラクターはMUDや、メーリングリストでのなりきりに使われたりする[21][22]。ファーソナの原型として選ばれる生き物は様々であるが、2007年に行われた調査によれば、その60パーセント以上は食肉目の動物であった[23][24]。ファーリーのなりきりサイトとして最も長い間使われているのは1990年開設の『FurryMUCK英語版』である[25]。人気がある他のソーシャルゲームとしてはドラゴンズ・アイ・プロダクション(Dragon's Eye Productions)制作の『Furcadia英語版』がある。ほかに、『Second Life』にはファーリーを主題とするエリアがいくつかあり、コミュニティが作られている[26]

コンベンション [編集]

『Midwest FurFest 2006』において競走に参加するファーリー・ファン。

ファーリーの人口が十分に揃っている北アメリカヨーロッパにおいては、多くのファーリー・コンベンションが開かれる。ファーリー・ファンはこのような催しを通じて、作品を売買したり、ワークショップに参加したり、着ぐるみに身を包んだりすることにより交流を深める[27] 。毎年6月にピッツバーグで開かれる、世界最大のファーリー・コンベンションである『Anthrocon英語版』は5861人以上の参加者を集めている[28][29]。2008年の試算によると、Anthroconはピッツバーグに約300万ドルの経済効果をもたらしている[30]サンノゼで毎年1月に開かれる『Further Confusion英語版』はAnthroconに匹敵する規模と参加者数を誇り、2000年から2009年までの間に47万ドルのチャリティ資金が集められた[31]。最初のコンベンションとして知られている『ConFurence英語版』は現在開かれていないが、同じく南カリフォルニアを拠点とする、事実上の後継イベントとして『Califur』がある。カリフォルニア大学デービス校の調査によると、40パーセントのファーリーが少なくとも1回はこうしたコンベンションに参加したことがある[18]

インターネット上での交流[編集]

インターネット上にはファーリーを主題とするウェブサイトやオンラインコミュニティがいくつもある。絵の投稿サイトとしては『Fur Affinity』『Inkbunny』『SoFurry』『Weasyl』があるほか、交流サイトとしては『Furry 4 Life』『FurNation』、情報集積のためのウィキとして『WikiFur』がある[32]。『FurNet』や『Anthrochat』といったIRCはファンダムの中枢を担っているほか1990年代中盤から2005年までは『alt.fan.furry』や『alt.lifestyle.furry』といったニュースグループも盛んに使われていた。このようなニュースグループはトピック別のフォーラムやメーリングリスト、LiveJournalのコミュニティなどに取って代わられた。

動物キャラクターを中心に取り扱うウェブコミックサイトもあり、これらはファーリー・コミック英語版と呼ばれることがある。1986年CompuServeを通して公開されたT.H.E. Fox英語版は最初のファーリー・コミックと呼ばれている。これはWorld Wide Webの実装に先立つ時代のことであった[33]。ファーリー・コミック作者のケビン・アンド・ケル英語版や、ビル・ホールブルック英語版Web Cartoonists' Choice Awards英語版、Ursa Major Awardといった賞に選ばれたことがある[34][35]

生き方としてのファーリー [編集]

「ファーリー・ライフスタイル(英語: furry lifestyle)」「ファーリー・ライフスタイラー(英語: furry lifestyler)」は1996年6月、ニュースグループのalt.fan.furryにおける議論中に初出した言葉である。同じくニュースグループのalt.lifestyle.furryはアートワークと文章作品にとどまらない議論を行い、何がファーリーであり、何がファーリーでないかの定義をはっきりさせるために作られた。同グループのメンバーはいち早く「ファーリー・ライフスタイラー」という用語を受け入れ、さらに「生き方としてのファーリー」とファンダムを異なる社会的存在と捉えた。このグループはファーリーという言葉に「現実ないし架空・象徴的な動物(あるいは動物たち)と重要な感情的/精神的つながりを持つ人」という特殊な意味を付け加えた[36]

Gerbasiらは2007年「ファーリーとは何か」を明らかにする研究を行い、ファーリーをいくつかの派閥に分類した。研究対象の38パーセントと最も多数派であったグループは、ファンダムに関心を持つ最大の理由を「擬人化キャラクターや着ぐるみといった、共通の趣味を持つ人と交流できること」と答えた[37]が、自分たちを「人間ではない」と考えている者や、人間ではなく、自分たちが同一視している毛皮の生物(ファーリー)そのものになりたいと考えている者もいた[12][7]

性的側面 [編集]

一般集団と比較して、ファーリー・ファンが同性愛者ないし両性愛者を表明している率は10倍高い[7]。2011年のカリフォルニア大学ロサンゼルス校による研究によれば、アメリカの全人口中、両性愛者を自認する者は約1.8パーセント、同性愛者を自認する者は約1.7パーセント存在する[38]。これに対して、4つの異なる研究によればファーリー・ファンのうち14パーセントから25パーセントが同性愛者、37パーセントから52パーセントが両性愛者、3パーセントから8パーセントがその他の性指向を表明している[18][39][40][41]。また、ファンのおよそ半分が交際関係を持ち、その内76パーセントがファーリーファン同士での交際であった[18]。ファーリーにおける性的側面の例としては、性的要素を含むアートワークやファーリー同士のサイバーセックスなどが例示される[42][43]

「yiff」という用語がファンダム内での性行為ないし性的コンテンツを表すため使われることがある。この言葉はファンダム内での性的行為・性的交流であれば、バーチャル/非バーチャルを問わず用いることができる[44][45]

ファーリー・キャラクターに性的関心を感じるかどうかは意見の分かれる問題である。4300人のファーリーを対象とする調査によると、ファーリーの活動において性的関心が「重要である」と答えたのが37パーセント、「どちらともいえない」と答えたのが38パーセント、「ほとんど、もしくはまったく重要でない」と答えたのが24パーセントであった[41]。オンライン上で行われた異なる調査によると、33パーセントが「ファーリーに強い性的関心を持つ」、46パーセントが「弱い性的関心を持つ」、21パーセントが「まったく性的関心を持たない」と答えた。この調査はバイアスを防ぐため、成人向けサイトを避けるかたちで行われた[39]。もうひとつの調査では、ファーリー・ファンのうち男性の96.3パーセント、女性の78.3パーセントがファーリーのポルノグラフィを鑑賞していた。また男性の50.9パーセント、女性の30.7パーセントはポルノグラフィ以外のファーリー・アートを鑑賞しなかった。ファーリーは全年齢向けのアートワークよりも成人向けアートワークをわずかに強く好み、男性の17.1パーセントが鑑賞するポルノのすべて、あるいはほとんどすべてがファーリーのものだと答えた。ファンのうち、ポルノグラフィがファンダムの最も重要な要素だと答えたものはわずか5パーセントであった[46]

ファーリー・ファンの一部は動物性愛者英語版でもあるが、大多数は獣姦に対して否定的な印象を持っている。2008年に行われた匿名の調査によれば、17パーセントの回答者が自らは動物性愛者であると答えた。1997年から1998年にかけて行われた初期の調査によると、回答者の2パーセントが動物性愛に興味があると答え、1パーセント未満がぬいぐるみ性愛英語版であると答えた。一般集団と比較してもより低いこの調査結果は、一対一での面談という調査法が社会的望ましさのバイアス英語版を引き起こしたことが原因と考えられている[40][47]。ファンダム外の人物を対象とした研究を見ると1974年1980年に行われた、ノーザン・アイオワ大学英語版の学生を対象とする研究によると、サンプルとなった生徒の7.5パーセントが動物性愛者であった[48]。ほかの研究では、2.2パーセント[49]から5.3パーセント[50]という結果が出ている。

メディア露出と社会受容[編集]

ファーリーが雑誌に取り上げられた初期の例としては、『WIRED[51]Loaded英語版[52]Vanity Fair[53]、通信社のセックスコラム『Savage Love英語版』などがあり、いずれもファンダムの性的側面を主に報道した。フィクション作品では『ER緊急救命室[54]CSI:科学捜査班[55]The Drew Carey Show英語版[56]MTVの『Sex2K』[57]アントラージュ★オレたちのハリウッド[58]1000 Ways to Die英語版[59]Tosh.0英語版[60][61]30 ROCK/サーティー・ロック[62]などの作品にファーリーが登場した。多くのファーリー・ファンは、メディアによるファンダムの取り上げ方は誤解に満ちたものだと主張しており[63][64][65]、近年の報道はファンダムにつきまとう虚像やステレオタイプを取り払うようものが中心となっている[66]。「Anthrocon 2006」を取材したリポーターは「ヴァニティ・フェアやMTV、CSIの作り上げた馬鹿馬鹿しいイメージとは異なり、ファーリー・コンベンションは異常者が狐の着ぐるみに身を包み、変態セックスをするようなイベントではなく、この催しの出席者は私達よりもセックスに縁がない」と述べ、「このイベントは参加者どうしが話し合ったり、動物や漫画のキャラクターをスケッチブックに描いたりする」ようなものであると記した[67][44]

2007年10月、『Advocate Weekly Newspapers英語版』の記者は取材制限が敷かれていた「FurFright 2007」に隠密裏に参加した。しかしコンベンション中では記者が予期していたようなスキャンダラスな行為は起こらず、記者は取材制限がデマ報道を防ぐためのものであったことを理解した[68]。近年のファーリーに関する報道はよりバランスの取れたものとなっている。2009年英国放送協会が出した記事である『ファーリーとは誰か?(Who are the furries?)』は、擬人化に関する賞であるUrsa Major Awardに選出された初めてのジャーナリズム媒体であった[12][69][70]

プロ野球チームミルウォーキー・ブルワーズのキャスターであるジム・パウエル英語版は「Anthrocon 2007」の開催前日のホテルに宿泊してしまい、ファーリーについて否定的な感想を述べた[71]。Anthrocon開催地であるピッツバーグ中心街では、会期中ファーリーを歓迎する企業もあり、Tシャツを作成したり、店頭にチョークで動物の手足を描いたりすることによって参加者を呼び込んでいる[72]。Anthroconの最高経営責任者であるサミュエル・コンウェイ英語版は「たいていの人は私達に好奇の視線を送るが、それは良い性質をもつ好奇心旺盛な視線だ。私達は楽しむためここに来ている。人々は私達と共にいることを楽しむ。すべての人が勝利する」と語っている[73]

2016年にバンクーバーで行われたファーリーコンベンションでは、会場となったホテルがシリア難民の宿泊施設としても使われていた。ホテルの従業員は2つのグループが接触した場合、深刻かつ否定的な文化衝突が起こるかもしれないと懸念、警告したものの、難民の児童はカートゥーンキャラクターのように見える大会参加者の着ぐるみと会って喜びを見せた[74][75]。半数のファーリー・ファンは「社会は自分たちを否定的な視線で見ている」と考えている[14]。ファーリー・ファンには「性依存者のように描かれることが多い」という理由からメディアや社会調査を信用しない傾向がある[12]

社会学的側面 [編集]

擬人化されたメスのキツネ。典型的なファーリー・キャラクターの例。

Plante、Reysen、Roberts、Gerbasiらが主導する社会科学者のチーム「国際擬人化研究プロジェクト(International Anthropomorphic Research Project)」では、多くの方法論を用いてファーリー・ファンダムについてのデータを収集している。同チームによつ2016年の出版物では、査読済みのもの・自費出版のものを含む複数の論文が1冊にまとめられている[76][77]。成人のファーリー・ファンを対象とした同プロジェクトの調査によると、ファーリー・ファンの平均年齢は23歳から27歳であり、全体の75パーセントが25歳以下、88パーセントが30歳以下であることがわかった。未成年については倫理上の理由から調査対象には含まれなかった[77]:4–7。ファーリー・ファンのうち78パーセントから85パーセントの性自認男性で、2パーセントがトランスジェンダー、残りが女性であった[77]:10。83パーセントから90パーセントが自分を白人と認識しており、アジア人(2–4パーセント)黒人(2–3パーセント)ヒスパニック(3パーセント)は少数派であった[77]:7–10

ファーリーの21パーセントはブロニー(マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜のファン)、44パーセントはアニメファンで、11パーセントはスポーツのファンであった[77]:32–33。集団としてのファーリー・ファンはリベラル的思想を持っており、宗教心は低い場合が多い[77]:18。しかし、一部にはネオナチオルタナ右翼といった論争の多い思想を信条とするものもいる[78]。ファーリーの54パーセントは無神論者ないし不可知論者、23パーセントはキリスト教徒、4パーセントはペイガニズム信者、2パーセントがウイッカ信者、残りはその他の宗教を信仰している[77]:16。成人のファーリーのおよそ70パーセントは大学教育を受けている[77]:12

ファーリー・ファンが行う普遍的な行動のひとつとして、擬人化キャラクター(ファーソナ)の作成がある。ファーリーの95パーセントが自分のアバターとしてのファーソナを持っている。半数ちかくのファーリーはファーソナを1つしか持っておらず、3~4つ以上のファーソナを持っている人は比較的少ない。ひとつの理由として、多くのファーリー・ファンにとって、ファーソナとは自分の理想の姿を個人的に意味のある形で表現したものであるという事実がある。ファーソナの原型に選ばれる動物として人気なのはオオカミキツネイヌ、大型ネコ科動物、ドラゴンなどである。データは、個人の性質とファーソナの種には何ら関連性がないことを示唆している[77]:50–74。しかし、ファーリー・ファンはスポーツファンなどと同様、日常においての自分について考えるときと、ファンとしての自分について考えるときとである程度異なる人格的特徴を報告する[77]:129–133。ファーリー・ファンのうち35パーセントは自分が部分的に人間ではないと感じ(非ファーリーの場合は全体の7パーセント)、39パーセントはできることなら人間でいたくないと答えている(非ファーリーの場合は全体の10パーセント)[77]:78

一体性・帰属性はファーリー・ファンダムの中心的なテーマである。アニメやファンタジー、スポーツなどのファンと比べてファーリー・ファンはコミュニティ中の他者と同一視されやすい傾向が大きい。平均すると、ファーリー・ファンの友人の半分はファーリーである[77]:123–133。ファーリーは(対照群である他のコミュニティと比べて)、自分たちの国際感覚、グローバル公民権の感覚、持続可能性についての意識の程度を高く評価しがちである[77]:18

参考文献[編集]

  1. ^ Staeger, Rob (2001年7月26日). “Invasion of the Furries”. The Wayne Suburban. http://www.furryfandom.info/invasion-furries-furry-fandom.htm 2009年5月20日閲覧。 
  2. ^ Matthews, Dylan (2015年3月27日). “9 questions about furries you were too embarrassed to ask”. Vox. https://www.vox.com/2014/12/10/7362321/9-questions-about-furries-you-were-too-embarrassed-to-ask 2016年8月7日閲覧。 
  3. ^ More Than Just a Pretty Face: Unmasking Furry Fandom”. 2019年10月19日閲覧。
  4. ^ Kurutz, Daveen Rae (2006年6月17日). “It's a furry weekend”. Pittsburgh Tribune-Review英語版. http://triblive.com/x/archive/1391374-74/archive-story 2006年6月30日閲覧。 
  5. ^ 猪口智広「キャラクターとしての動物愛好 : ケモナーとファーリー・ファン」『ヒトと動物の関係学会誌』第33巻、ヒトと動物の関係学会、2013年1月、 74-76頁、 NAID 40019604523
  6. ^ a b c Patten, Fred英語版 (2012年7月15日). “Retrospective: An Illustrated Chronology of Furry Fandom, 1966–1996”. Flayrah. http://www.flayrah.com/4117/retrospective-illustrated-chronology-furry-fandom-1966-1996 2012年7月15日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g Gerbasi, Kathleen; Paolone, Nicholas; Higner, Justin; Scaletta, Laura; Bernstein, Penny; Conway, Samuel; Privitera, Adam (2008). “Furries From A to Z (Anthropomorphism to Zoomorphism)”. Society & Animals 3 (3): 197–222. doi:10.1163/156853008X323376. http://www.animalsandsociety.org/wp-content/uploads/2016/04/gerbasi.pdf. 
  8. ^ Patten, Fred. “The Yarf! reviews”. ANTHRO. http://www.anthrozine.com/site/lbry/yarf.reviews.b.html 2007年9月24日閲覧。 
  9. ^ Sandler, Kevin S. (1998). Reading the Rabbit: Explorations in Warner Bros. Animation. New Brunswick, N.J.: Rutgers University Press. ISBN 0-8135-2537-3. OCLC 37890394. "[The distinction between "furry" and "funny animal"] is largely because of the baggage the term 'furry' carries with it, as a number of people see 'furries' [to be] obsessed with the sexuality of their fictitious characters." 
  10. ^ Patten, Fred (2017). Furry Fandom Conventions, 1989-2015. McFarland. ISBN 9781476663814. https://books.google.com/books?id=6EMODgAAQBAJ. 
  11. ^ Klee, Miles. “Here’s some amazing raw footage from the world’s first furry convention”. The Daily Dot. https://www.dailydot.com/unclick/first-furry-convention-1989/ 2018年6月28日閲覧。 
  12. ^ a b c d Winterman, Denise (2009年11月13日). “Who are the furries?”. BBC News Magazine. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/8355287.stm 2009年11月29日閲覧。 
  13. ^ Stamper, Chris (1996年3月29日). “Furry Muckity-Muck”. The Netly News. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月13日閲覧。
  14. ^ a b c d Alex "Klisoura" Osaki. “Furry Survey”. 2008年8月8日閲覧。
  15. ^ Riggs, Adam (2004). Critter Costuming: Making Mascots and Fabricating Fursuits. Ibexa Press. 
  16. ^ Larson, Alina (2003年1月23日). “Animal Instincts: Fans of Furry Critters Convene to Help Mankind”. Tri-Valley Herald (ANG Newspapers英語版). http://www.furryfandom.info/trivalley-herald-furry-fans-help-mankind.htm 2009年5月20日閲覧。 
  17. ^ “Furries Descend On Pittsburgh”. KDKA-TV. (2006年6月16日). オリジナルの2007年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070126105803/http://kdka.com/local/local_story_167193226.html 2006年6月30日閲覧。 
  18. ^ a b c d e University of California, Davis Department of Psychology (2007年5月5日). “Furry Survey Results”. 2007年5月5日閲覧。
  19. ^ Irwin, Charles; Watterson, Summer (2002年4月24日). “A 'furry' tale for a foxy college student”. The Olympian英語版. http://en.wikifur.com/wiki/A_%27furry%27_tale_for_a_foxy_college_student 2008年9月3日閲覧。 
  20. ^ Gaudio, Greg (2008年8月23日). “Lions and foxes and cat-dragons walk on two legs in Beach”. The Virginian-Pilot英語版. http://hamptonroads.com/2008/08/lions-and-foxes-and-catdragons-walk-two-legs-beach 2008年9月7日閲覧。 
  21. ^ Mitchell, Don (1995年3月23日). “From MUDs To Virtual Worlds”. Social Computing Group, Microsoft. 2009年11月6日閲覧。
  22. ^ Howells, Shelley (2002年10月1日). “Secret lives of strange and furry”. The New Zealand Herald 
  23. ^ Gerbasi, Kathleen; Paolone, Nicholas; Higner, Justin; Scaletta, Laura; Bernstein, Penny; Conway, Samuel; Privitera, Adam (2008). “Furries From A to Z (Anthropomorphism to Zoomorphism)”. Society & Animals 3: 205.. 
  24. ^ Werner, Christian. “Och, sind die süüüüß!” (German). Zeit Online Zuender. Zeit Online. 2008年9月6日閲覧。
  25. ^ Mulligan, Jessica; Patrovsky, Bridgette (2003). Developing Online Games: An Insider's Guide. New Riders. pp. 452. ISBN 1-59273-000-0. "1990 [...] FurryMUCK opens. It features avatars who are anthropomorphic animals." 
  26. ^ Peralta, Eyder (2006年5月28日). “In Second Life, the World is Yours”. Houston Chronicle. http://www.chron.com/CDA/archives/archive.mpl?id=2006_4125271 2007年8月13日閲覧。 
  27. ^ Jorgensen, Karl. “What is a furry convention like?”. Furry Fandom Infocenter. 2019年10月19日閲覧。
  28. ^ Editor in chief, Craig Glenday (August 7, 2007). Guinness World Records 2008. Guinness. p. 123. ISBN 1-904994-19-9. https://archive.org/details/guinnessworldre000guin. 
  29. ^ Anthrocon website official”. Anthrocon英語版. 2014年9月21日閲覧。
  30. ^ Brandolph, Adam (2008年6月28日). “Furry convention a $3 million cash cow for city businesses”. Pittsburgh Tribune-Review英語版. オリジナルの2009年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090414201132/http://www.pittsburghlive.com/x/pittsburghtrib/news/cityregion/s_575023.html 2008年7月4日閲覧。 
  31. ^ Parry, Laurence (2010年1月17日). “2009 charity donations down; $470,000 raised this decade”. Flayrah. 2010年2月2日閲覧。
  32. ^ Melissa Meinzer (2006年6月29日). “Animal Passions”. Pittsburgh City Paper英語版. 2012年4月8日閲覧。
  33. ^ The Commodore 64/128 RoundTable (1994年). “Interview with Joe Ekaitis”. 2007年1月12日閲覧。
  34. ^ 2001 Winners and Nominees”. Web Cartoonist's Choice Awards (2001年2月19日). 2009年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月4日閲覧。
  35. ^ Award Winners 2003”. Ursa Major Awards. 2007年11月9日閲覧。
  36. ^ alt.lifestyle.furry - Frequently Asked Questions” (2001年5月8日). 2006年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月26日閲覧。
  37. ^ Gerbasi, Kathleen; Paolone, Nicholas; Higner, Justin; Scaletta, Laura; Bernstein, Penny; Conway, Samuel; Privitera, Adam (2008). “Furries From A to Z (Anthropomorphism to Zoomorphism)”. Society & Animals 3: 220.. 
  38. ^ Gary J. Gates (2011年). “How many people are lesbian, gay, bisexual, and transgender?”. 2015年4月23日閲覧。
  39. ^ a b Kyle Evans (2008年). “The Furry Sociological Survey”. 2013年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月1日閲覧。
  40. ^ a b Alex Osaki (2008年6月27日). “State of the Fandom”. Furry Research Center. 2015年3月22日閲覧。
  41. ^ a b Gerbasi (2011年). “International Online Furry Survey: Winter 2011”. 2012年9月1日閲覧。
  42. ^ Bardzell, Jeffery, and Shaowen Bardzell. Sex-Interface-Aesthetics: The Docile Avatars and Embodied Pixels of Second Life BDSM. Indiana University, 2005.
  43. ^ Stuttaford, Thomas英語版; Godson, Suzi英語版 (2007年12月8日). “I like dressing up as a bear during sex”. The Times (London). http://women.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/women/body_and_soul/article3016114.ece 2007年12月11日閲覧。  (further details)
  44. ^ a b Meinzer, Melissa (2006年6月29日). “Animal Passions: The furries come to town — and our correspondent tails along”. Pittsburgh City Paper英語版. http://www.pittsburghcitypaper.ws/gyrobase/Content?oid=oid%3A28606 2007年5月25日閲覧。 
  45. ^ Padva, Gilad. Dreamboys, Meatmen and Werewolves: Visualizing Erotic Identities in All-Male Comic Strips. Sexualities 8:5 (2005). 587–99
  46. ^ Plante, C. N., Reysen, S., Roberts, S. E., & Gerbasi, K. C. (2013). International Anthropomorphic Research Project: Furry Fiesta 2013 Summary
  47. ^ Griffiths, Mark (2012年4月5日). “Animal magnetism: Inside the world of the furries”. 2012年9月1日閲覧。
  48. ^ Story, MD (1982). "A comparison of university student experience with various sexual outlets in 1974 and 1980". Adolescence. 17 (68): 737–47. PMID 7164870.
  49. ^ Joyal, C. C., Cossette, A., & Lapierre, V. (2014). "What Exactly Is an Unusual Sexual Fantasy?". The Journal of Sexual Medicine. 12 (2): 328–340. doi:10.1111/jsm.12734.
  50. ^ Crépault, Claude; Couture, Marcel (1980). "Men's erotic fantasies". Archives of Sexual Behavior. 9 (6): 565–81. doi:10.1007/BF01542159. PMID 7458662.
  51. ^ Josh Quittner (March 1994), “Johnny Manhattan Meets the Furry Muckers”, Wired, "People describe themselves as furry cuddly animals; more times than not, they have furry cuddly animal sex. FurryMuckers like to write long, loving, animal-sexy descriptions of themselves" 
  52. ^ “Heavy Petting”. Loaded magazine英語版. (March 1998). 
  53. ^ Gurley, George (2001年3月). “Pleasures of the fur”. Vanity Fair. http://www.vanityfair.com/culture/features/2001/03/furries200103 
  54. ^ "Fear of Commitment". ER. NBC. 2001年3月5日放送. 20回,シーズン7.
  55. ^ "Fur and Loathing". CSI: Crime Scene Investigation. CBS. 2003年10月30日放送. 5回,シーズン4.
  56. ^ "Mama Told Me I Should Come". The Drew Carey Show. ABC. 2002年10月21日放送. 6回,シーズン8. See The Drew Carey Show on WikiFur for more information.
  57. ^ MTV. “Sex2K Fursuit Video”. 2006年8月26日閲覧。
  58. ^ "The Day Fuckers". Entourage. HBO. 2007年7月28日放送. 7回,シーズン4.
  59. ^ "Death Over Easy". 1000 Ways to Die. Spike. 2009年2月8日放送. 4回,シーズン1.
  60. ^ Jordan (2011年8月10日). “Tosh.O Web Redemption: The Larper”. larping. 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月11日閲覧。
  61. ^ Markos (2013年9月5日). “Kusa the Arctic Fox gets Web Redemption on Comedy Central’s Tosh.0”. Furry News Network. オリジナルの2014年11月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141129021404/http://www.furrynewsnetwork.com/2013/09/kusa-the-arctic-fox-gets-web-redemption-on-comedy-centrals-tosh-0/ 
  62. ^ "Emanuelle Goes to Dinosaur Land". 30 Rock. NBC. 2010年5月13日放送. 21回,シーズン4.
  63. ^ Baldwin, Denis (2006年8月). “Walk With the Animals: Local furries explain it's not about perversion, furpiles and plush”. Ann Arbor Paper. オリジナルの2007年2月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070204003446/http://www.annarborpaper.com/content/issue23/furries_23.html 2007年2月2日閲覧。 
  64. ^ Belser, Ann (2006年6月18日). “All about 'furry fandom' at confab”. Pittsburgh Post-Gazette英語版. http://www.post-gazette.com/pg/06169/699273-51.stm 2006年6月30日閲覧。 
  65. ^ “We're at it like rabbits”. The Sun. (2007年4月3日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/woman/real_life/article23610.ece 2007年4月11日閲覧。 
  66. ^ Togneri, Chris (2007年7月6日). “Furries purr over Pittsburgh reception”. Pittsburgh Tribune-Review英語版. オリジナルの2007年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070712153806/http://www.pittsburghlive.com/x/pittsburghtrib/news/cityregion/s_515974.html 2007年7月14日閲覧。 
  67. ^ Meinzer, Melissa (2006年2月2日). “Fur Ball In The Works”. Pittsburgh City Paper英語版. http://www.pittsburghcitypaper.ws/gyrobase/Content?oid=oid%3A27825 2007年5月25日閲覧。 
  68. ^ Abel, Jennifer (2007年11月1日). “Hell Hath No Furries”. Hartford Advocate (Advocate Weekly Newspapers英語版). http://www.hartfordadvocate.com/featured-news/hell-hath-no-furries.html 2010年4月26日閲覧。 
  69. ^ Award Winners 2009”. Ursa Major Awards (2010年5月3日). 2010年6月25日閲覧。
  70. ^ TheChainedWolf (2010年3月14日). “Ursa Major Awards 2009: predictions and forlorn hopes”. FurteanTimes.com/Flayrah. 2010年11月11日閲覧。
  71. ^ “The Brewers Meet the Furries”. Deadspin英語版. (2007年7月6日). http://deadspin.com/sports/does-he-prefer-furries%2C-mr%27-belvedere-or-his-stalker/the-brewers-meet-the-furries-275569.php 2007年6月7日閲覧。 
  72. ^ Parry, Laurence (2007年7月17日). “Anthrocon 2007 draws thousands to Pittsburgh for furry weekend”. Wikinews. http://en.wikinews.org/wiki/Anthrocon_2007_draws_thousands_to_Pittsburgh_for_furry_weekend 2009年11月6日閲覧。 
  73. ^ “Furry Convention Creates Wild Scene In Pittsburgh”. WPXI News. (2008年6月26日). オリジナルの2008年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081205050919/http://www.wpxi.com/news/16721130/detail.html 2008年7月4日閲覧。 
  74. ^ Ferreras, Jesse (2016年3月10日). “Syrian Refugees Get Put Up in Same Hotel As Furries. Kids LOVE It.”. The Huffington Post. The Huffington Post B.C. http://www.huffingtonpost.ca/2016/03/10/furries-convention-syrian-refugee-kids-vancouver_n_9432534.html 2016年12月27日閲覧。 
  75. ^ Brennan, Christopher (2016年3月10日). “Syrian refugee children dance with furries after being placed in same hotel as VancouFur convention”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/news/national/syrian-refugees-meet-furries-surreal-scene-vancouver-h-article-1.2559408 2016年12月27日閲覧。 
  76. ^ Gerbasi, Kathleen; Plante, Courtney; Reysen, Stephen; Roberts, Sharon (2015). “The origins of the international anthropomorphic research project”. In Howl, Thurston. Furries among us: Essays on furries by the most prominent members of the fandom. Nashville, TN: Thurston Howl Publications. pp. 102–105. ISBN 0990890260. 
  77. ^ a b c d e f g h i j k l m Plante, Courtney N.; Reysen, Stephen; Roberts, Sharon E.; Gerbasi, Kathleen C. (2016). FurScience! A summary of five years of research from the International Anthropomorphic Research Project. Waterloo, Ontario: FurScience. ISBN 978-0-9976288-0-7. https://sites.google.com/site/anthropomorphicresearch/home/publications 2016年12月27日閲覧。. 
  78. ^ Roisin Kiberd (2017年1月12日). “Pony Nationalism and the Furred Reich: Inside the Alt-Furry's Online Zoo”. Vice Media英語版. 2017年1月25日閲覧。

関連文献[編集]

  • Ferreday, Debra. "Becoming deer: Nonhuman drag and online utopias." Feminist Theory 12.2 (2011): 219-225.
  • Hilton, Craig. "Furry Fandom — An Insider's View from the Outside", parts 1 & 2. South Fur Lands #2 & #3, 1995, 1996.
  • Martin, Watts. Mange: the need for criticism in furrydom 1994, 1998 (Archive.org mirror)
  • Morgan, Matt. Creature Comfort: Anthropomorphism, Sexuality and Revitalization in the Furry Fandom. Diss. Mississippi State University, 2008.
  • Probyn-Rapsey, Fiona. "Furries and the Limits of Species Identity Disorder: A Response to Gerbasi et al." Society and Animals 19.3 (2011): 294-301.
  • Plante, C. N., Reysen, S., Roberts, S.E., & Gerbasi, K. C. (2016). FurScience! A summary of Five Years of Research from the International Anthropomorphic Research Project. Waterloo, Ontario: FurScience.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]