ギーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギーク(geek)とは、アメリカ俗語で卓越した知識があるということを指す。

そもそも良い意味では使われなかったが、インターネットが注目されるようになると共に、コンピュータインターネット技術に時間を費やし、深い知識を有する者が「ギーク」と呼ばれるようになった。現在[いつ?]ではけなす意味合いが薄れてきており、自称としても用いられている。なお、日本ではしばしば「オタク」と訳されるが、"geek" には「サブカルチャーの熱心な愛好家」という意味はあまり含まれず、「(コンピュータ系などの)技術オタク」という意味合いに近い。

語源と意味の変遷[編集]

もともと "geek" とは、サーカスパレードなどの見世物で、ヘビニワトリを食いちぎったり、昆虫を呑み込んだりするパフォーマーのことを指していた。さらに多くの辞書学者によると、"geek" の語源は16世紀にシェイクスピアアメリカ的表現を用いた頃の "geck" という語に遡るといわれる。これは中世低地ドイツ語で「愚者」「嘲笑すべきもの」「騙されやすい者」といった侮蔑的な意味の語であった。

現代[いつ?]のアメリカ俗語でいう "geek" の意味が世に知れ渡ったきっかけは、1953年からプロレスラーフレッド・ブラッシーが挑発の決め台詞として用いていた、"Listen, You Pencil Neck Geeks!"(このヘタレ野郎どもめ)というフレーズである。この台詞は1976年にブラッシー自身が発表した歌 "Pencil-Neck Geek"、また彼の自伝 "Listen, You Pencil Neck Geeks" のタイトルとしても有名となった。

この頃から "geek" は原義の「サーカスの芸人」から転じて「社会に適応できない者」という意味合いを持つようになり、特にコンピュータ・マニアを指して使うようになった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]