ヤラカシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤラカシとは、いわゆる芸能人追っかけの中でも、特にマナーの悪い人物に対して付けられる蔑称裏オリキ(うらオリキ)とも呼ばれる。

元々はジャニーズ事務所所属のアイドルのファンで使われていた用語で[1]、一般的な追っかけであるオリキに対し、芸能人の自宅や滞在先を突き止め張り込む、プライベートな時間の行動を尾行するなど、プライバシー侵害ストーキングに当たるような行為を行う人物のことを指していた。

ヤラカシが芸能人の携帯電話を奪って逃げるといった事件も発生しており[2][注 1]、芸能人側でもヤラカシ対策が急務となっている。

嫌がらせ電話をする、持ち物を盗む、郵便物を持ち去るなどの犯罪を行う。同様の傾向のファンの中には、ヤラカシは犯罪者であるにもかかわらず、ヤラカシグループの過激な行動に憧れてヤラカシのファン("信者")になる者がおり、ついにはヤラカシが握手会を開くなどということまで起きている[3]

また、韓流の拡大に伴い、韓国のアイドルなどに対してこういった行為を行う者は韓国語に由来する「私生(サセン)ファン」「サセンペン」、あるいは単に「サセン」と呼ばれる。[4][5]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 窃盗罪に当たる。

出典[編集]