Xchange

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Xchange
XchangeR
対応機種 Windows 95(無印)
Windows XP/ME/2000/98SE(R)
発売元 CROWD
ジャンル マルチエンディングアドベンチャー
発売日 1997年10月24日(無印)
2000年9月14日(無印復刻版)
2004年10月1日(R)
2004年10月15日(Xチェン-BOX!)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 7(無印)
10(R)
セーブファイル数 60(R)
画面サイズ 800×600(R)
キャラクターボイス なし(無印)
あり(R)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード なし(無印)
あり(R)
メッセージスキップ あり
オートモード なし(無印)
あり(R)

Xchange』(エックスチェンジ)は、1997年10月24日CROWDから発売されたWindows18禁恋愛アドベンチャーゲーム、およびシリーズ作品名。

概要[編集]

本作は、性転換TSF)を題材にしたアダルトゲームである。

以後シリーズ化され、現在までに6作(復刻版・リメイクなどを含めると13作)が発売されている。なお、『Xchange3』までは本作の主人公である相原拓也(相原たくや)を主人公にしたシリーズであり、『Yin-Yang! X Change Alternative』以降はシリーズ名を冠しているものの、世界観は別の物語となっている。

また、本作の廉価版やリメイク版も存在する。2000年9月14日にはパッケージを変更した廉価版『Xchange 復刻版』が、2004年10月1日にはフルボイス化・CGリニューアル・キャラクターとシナリオを追加したリメイク版『XchangeR』(エックスチェンジ・リメイク)がそれぞれ発売された。なお、『XchangeR』は2004年10月15日発売の『Xチェン-BOX』(ペケチェンボックス)にも収録されている。

他にも1998年に、清水マリコによる小説版がパラダイムノベルスから発売されている。

あらすじ[編集]

科学部に所属する相原拓也は、ある日怪しげな薬を浴びて女の子(たくや)になってしまう。それからというもの、痴漢には遭うわ、義理の姉や保健室の女教師には弄ばれるわでエッチな体験の連続。果たして、たくやは無事に男に戻れるのだろうか。

登場キャラクター[編集]

相原 拓也(あいはら たくや)
宮野森学園2年生。化学部員。ある日、怪しげな薬をかぶって女の子になってしまう。
相原 たくや(あいはら たくや)
拓也の女の子バージョン。身体の女性化と同時に言葉遣い等精神も女性化している。
片桐 明日香(かたぎり あすか)
拓也の幼なじみで同級生。毎朝拓也を起こしに来てくれる。
佐藤 麻美(さとう あさみ)
宮野森学園3年生。科学部部長。
工藤 弘二(くどう こうじ)
宮野森学園1年生。女になったたくやにラブレターを送ってくる。
相原 夏美(あいはら なつみ)
拓也の義理の姉。血は繋がっていない。宮野森学園出身。
松永 啓子(まつなが けいこ)
宮野森学園の保健教諭。かわいい女の子に目がない。

スタッフ[編集]

  • 企画 - OCT-X
  • キャラクターデザイン・原画 - 赤碕やすま
  • シナリオ - 八雲意宇
  • Xchange R追加シナリオ - 騎西ソアラ

シリーズ作品[編集]

ここでは廉価版を含むパッケージ販売された作品を記述し、ダウンロード版や機種移植版は除外する。

外部リンク[編集]