眼鏡キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
「真美人」 眼鏡をかけた明治時代の女性。明治31年(1898年)、楊洲周延画。

眼鏡キャラクター(めがねキャラクター)とは、眼鏡をかけていることが特徴の一つとなっている人物をあらわす言葉。明確に定義された言葉ではないが、眼鏡の有無をキャラクター分類の基準にすることは広く行われている。

概要[編集]

眼鏡が描かれた最も古い絵画は、トマッソ・デ・モデナが1352年に描いたヒュー・オブ・サン・シェールの肖像画である。ヒューの生前には眼鏡は発明されていないが、死後一世紀も経ってから描かれたこの肖像画では、尊敬のしるしとして眼鏡が描き入れられた。聖者の肖像画に生前存在していなかったはずの眼鏡を描き入れる慣行はその後数世紀に渡って続いた。学識とか識字能力の持ち主、あるいは当代の実力者であることの証と考えられていたのであろう[1]

このように眼鏡は古くから知性の象徴であったが、これを利用すると、ファッションであれば眼鏡を着用することで知性的なイメージをかもし出すことが可能になり、またフィクションの世界では頭のいい登場人物に眼鏡を掛けさせることで外見と性格を一致させ、より印象の強いキャラクターを作ることが可能になる。

ただし、最近はファッション性に富む眼鏡が広く知れ渡っているものの、それ以前はレンズが極端に厚い「瓶底眼鏡」(渦巻きを書き込むことでこれをさらに強調する)など、あまり見た目の良くない眼鏡のほうが認知度が高く、眼鏡を掛けることをむしろイメージを下げることと考える人もいた。

現在では眼鏡キャラクターに一定のファンがいることが認知されている。多くのフィクションでもこれらのファン(特に異性キャラのファン)を意識したキャラクターが存在し、現在では萌えのジャンルの一つに挙げられることもある。

フィクションにおいては、普段は冷静に保っている登場人物が、何らかの拍子で眼鏡が外れてどこかに行ってしまうと「メガネメガネ…」と足元を探したり、眼鏡が曇ったり泥がついたりのアクシデントで見えなくなってしまうとそれぞれにおいてパニックになることがあったり、眼鏡がないと壁や電柱に頭をぶつけたり、精神的ショックを受けて眼鏡が割れたりといった、現実ではありえないことが古典的に用いられる。漫才においても、落ちた眼鏡を探すのがやすし・きよしの持ちネタであったが、きよしが「本当は見えてんねやろ」などと突っ込みを入れた途端にやすしが迷うことなく眼鏡を拾い上げ、本来の筋に戻るものであった。眼鏡を落としたからといって眼鏡を探すことすらできなくなることなど現実にはないことを踏まえて、眼鏡を探すネタのわざとらしさを茶化した落ちである。

漫画表現における描写[編集]

眼鏡の装着によってキャラクターの外観を大きく変えることなく、個性も表現するための漫画的デフォルメ描写として、目にかかる部分を省略する、あるいは逆ナイロールフレーム(アンダーリム)や鼻眼鏡が用いられることがあり、キャラクターの瞳の印象が見た者に素直に伝わる。そのため、瞳を大きく描く美少女系の絵柄(萌え絵)においてはこの表現が用いられることがしばしばある(また、場合によっては敢えて目に重ねたまま省略せずに描かれる場合もある)。また、キャラクターの造形もしくは絵柄(前述の美少女系も含む)によっては普通の眼鏡を掛けさせることが困難な(あるいは、かけさせると不格好となる)ため、それを回避するためにこの表現を用いることもある。

呼称[編集]

女性キャラに対しては「メガネっ娘」「メガネ女子」、男性キャラに対しては「メガネ君」「メガネ男子」という呼び方がある。特に「メガネ男子」は女性が男性眼鏡キャラに使う呼称として有名であり、女性向けに男性眼鏡キャラを特集した本のタイトルにもなっている。

少年のメガネキャラといえば、『ドラえもん』の「のび太」が有名である。連載初期当時、眼鏡をかけたひ弱な少年が主人公[2]という設定は斬新であったと原作者は語っている。

男女共通のものとしては「メガネっ子」があるが、同じ発音である「メガネっ」が存在する影響で、男性に対してこの呼称を使う機会は少ない。

「メガネっ子」、「メガネっ」の呼称起源に関する明確な資料が存在しないため正確な成立時期は不明である。現在確認可能なものでは漫画『Dr.スランプ』の作品内で既に主人公「則巻アラレ」に対してこの呼称が使用されている。

評価[編集]

先述のとおり、眼鏡キャラクターには眼鏡を掛けることで知的さがアップしているもの、逆にドジ性や野暮ったさ、おたく性を強調させているものが存在する。

黒石翁(作家・石黒直樹ペンネーム)は、いわゆるドジッ子を除く多くの知性的な女性の眼鏡キャラクターについて、相手に威圧感を与える・相手より優位であることを眼鏡を掛けることで暗に示していると指摘している。一方、心理学者の香山リカは、男性の眼鏡キャラクターに女性ファンがいることについて、眼鏡を掛ける=視力の悪さというハンディキャップを背負っているという感覚が一般的にあることを指摘し、安心感や信頼感が生まれていると考察している。心理学者の内藤誼人は、フィクションの世界では眼鏡をかけたキャラクターが相対的には希少であるために、希少性の高いものに惹かれる人間の心理が眼鏡キャラクターを魅力的に見せているのではないかと考察している[3]

良いイメージの眼鏡キャラクターの概念が登場したのは決して最近ではない。P・G・ウッドハウスは1930年にまとめた小説家用の眼鏡着用基準ともいうべきもので、眼鏡の種類ごとにそれを掛ける人物を列挙しているが、当時でいうスペクタルズ、現在でいう一山を掛ける者の筆頭によき伯父、鼻眼鏡を掛ける筆頭に善良な教師、単眼鏡を掛ける筆頭に善良な公爵と、多くの種類で善良な人物を筆頭に挙げていた。鼻眼鏡と単眼鏡については悪人はたぶんこれを掛けないとも述べている[4]。日本でも、記事冒頭に掲げたように眼鏡をかけた女性を真の美人とする浮世絵が描かれている。手塚治虫スター・システムの最古参である花丸博士は多くの役柄で片眼鏡をかけているが、もっぱら善人を演じた「スター」である[5]。フィクションでは眼鏡を掛けている姿を仮の姿とし、眼鏡を外すと元の人物に戻るなどという演出も存在した。実際スーパーマンは一般人として能力を抑えている間は眼鏡を掛けており、映画や漫画では「眼鏡を外すと素顔は美人である」という演出が定番の一つであった。アイザック・アシモフが『アシモフの科学エッセイ』中でこのことを“ハリウッドで使い古されたネタだ” “知性の象徴である眼鏡を捨てることを美化するのは、無学を礼賛する愚劣極まりない行為”と批判していることから「眼鏡を外すと美人」という演出がこの当時すでに使われていたと分かる。現在はそのような演出はまれであり、眼鏡を掛けているときこそが素顔とする考え方さえ存在する。しかし、眼鏡をかけている人は野暮ったい、というイメージは未だ多くの人に持たれている。

日本国外での事情[編集]

日本国外でのフィクションに登場する日本人の多くは眼鏡を掛けているとされる。日本人=眼鏡というイメージは古くからあり、ビゴーの風刺画などにも眼鏡を掛けた日本人を見ることができる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. p. 22-23. 
  2. ^ のび太が主人公と設定されていたのは連載初期であり、後に原作者自身が「ドラえもんが主人公でのび太は副主人公」と明言している。
  3. ^ ペンダコ (2012年1月22日). “心理学のプロが分析! アニメで八重歯やメガネ女子が人気の理由”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/c_cobs/jijinews/trend/2012/01/post_727pt1.html 2012年3月19日閲覧。 
  4. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. p. 252. 
  5. ^ 花丸博士”. 2018年2月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]