二見書房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二見書房
正式名称 株式会社二見書房
現況 事業継続中
代表者 堀内誠人代表取締役社長
本社郵便番号 101-8405
本社所在地 東京都千代田区神田三崎町2丁目18-11 堀内三崎町ビル
資本金 8,000万円
従業員数 40名
主要子会社 マドンナ社、リヨン社
外部リンク https://www.futami.co.jp/
テンプレートを表示

二見書房(ふたみしょぼう)は、日本出版社

概要[編集]

サブカルチャー系の書籍、海外翻訳小説などに強く、またいくつかの社内カンパニー、レーベルにより特性の異なった出版を行っている。またジョルジュ・バタイユの全集が良く知られている。

歴史[編集]

二見書房は、昭和16年に千代田区に創業されました。 すでに企業として軌道に乗っていた堀内印刷所に出版業を併設し、印刷と出版の二つを見るという意味を込めて、『二見書房』と命名されました。ロダンの『フランスの聖堂』、森銑三の『学芸史上の人々』、モーパッサンの『女の一生』などの刊行を始めます。 しかし、第二次世界大戦は日ましに深刻な様相を呈し、3月の空襲により全てが灰燼と帰し、その後、二見書房は沈黙を強いられていました。

新しい二見書房が出発したのは、昭和35年の1月でした。世はベビーブームに沸いておりそんな世相にあわせて出版したのが、吉岡専造の写真集『人間零歳』です。予想以上の反響で、続くノン・フィクション・シリーズ、NHK特別報道班の『アフリカ大陸を行く』、『中近東を行く』、『中南米を行く』など、いずれも当時のベストセラーとして話題を呼びました。その後、南海の島で発見された元日本兵の手記『グアム島』(昭和35年)は、英、仏、独、オランダなど海外6ヵ国で『天皇の最後の兵隊』として出版されました。

初めて手がけた小説『女のいくさ』(昭和38年)は、直木賞を受賞し3ヵ月間、全国ベストセラー第1位を続けました。<山の遭難シリーズ>の『この山に願いをこめて』群馬県警察本部編につづき『この山なみのこえ』信濃毎日新聞社編が注目を集め、昭和44年には、『素顔の日本』『エマニエル夫人』を出版し、ともに異色な出版物として世評を沸かせベストセラーとなりました。この年『ジョルジュ・バタイユ著作集』の発刊を開始。 日本中を驚かせた『白い本』は昭和47年に登場。発売と同時に売り切れ店続出し各書店でベストセラーを独占。また、世界中の話題となった『チビっ子猛語録』の翻訳も発売され、中・高校生の間で人気沸騰、年度後半のベストセラーになります。

昭和49年には、新書版分野へ進出し、新企画として『刑事コロンボ』シリーズ/全36巻・別冊2巻や『コックリさんの秘密』など、次々ヒットが生み出されました。 児童向けの新しいミニ判が人気となり、なかでも、ニッポン放送の番組から採録した『なぞなぞの本』(昭和50年)は、ベストセラーとなりました。

昭和51年、テレビの人気番組『まんが日本昔ばなし』を出版。全30巻累計800万部をこえるミリオンセラーとなります。平成17年10月からテレビ放映されリニューアル発売を開始しました。

近未来小説のさきがけとなった『第三次世界大戦』(昭和53年)を出版。ヨーロッパ・日本でベストセラーとなりました。昭和55年には、新社屋完成し三崎町から、文京区音羽に移転。ゲイ・タリーズの『汝の隣人の妻』上下2冊(昭和55年)をアメリカと同時出版すると、世界的に話題となります。さらに、『ペントハウスペット690』は高額な定価にかかわらず初版6万部を1ヵ月で完売する。人類の火星移住計画を暴いた『第三の選択の謎』(昭和57年)は、3ヵ月で40万部を売り、上半期でのベストセラーとなります。

日本テレビアナウンサー小林完吾の『愛、見つけた』(昭和58年)は、全国の人々に感動を与え続けました。昭和59年には、手芸テキスト『ソープバスケット』を50万部売り、この年のベストセラーとなります。

ファミコン・ブームにのり『裏ワザ大全集』シリーズの『スーパーマリオブラザーズ』は100万部を突破。裏ワザブームをつくります。この年から、オトナの文庫『マドンナメイト』の毎月定期刊行を開始。

昭和61年には、アーヴィング・ウォーレスの『第七の機密』、ローレンス・ブロックの『聖なる酒場の挽歌』など、海外ミステリ専門文庫『ザ・ミステリ・コレクション』がスタートした。その後グレン・ミードの『雪の狼』(平成9年)は、日本冒険小説協会大賞<外国部門>を受賞しベストセラーとなる。アイリス・ジョハンセンの『スワンの怒り』(平成9年)をはじめ、リンダ・ハワードの『二度殺せるなら』(平成11年)など、ロマンス&サスペンスの傑作がベストセラーを続ける。また、映画『プラトーン』の原作、デイル・A・ダイの同名の小説(昭和62年)が30万部突破のベストセラーとなります。その後も、ノストラダムス物のキワメ付け『ノストラダムス全予言』、豆本『10回10回クイズ』(ともに昭和63年)など、ベストセラーとなります。

帯津良一の『ガンを治す大事典』(平成9年)など、ガン治療関連図書をはじめ、南山宏の『オーパーツの謎』(平成5年)、爆笑問題の『天下御免の向こう見ず』、『ヒレハレ草』、『三三七拍子』(平成9年~)、福知怜の『タイタニック号99の謎』(平成10年)、三浦佑之の『童話ってホントは残酷』(平成11年)など、次々とベストセラー、ロングセラーを出版します。

平成15年に文京区音羽から千代田区神田神保町に移り、韓流ブームのきっかけとなった『冬のソナタをもっと楽しむ本』(平成15年)、ジャンボ旅客機の機体に秘められた驚きの秘密を公開した『ジャンボ旅客機99の謎』(平成16年)、また『二見時代小説文庫』(平成18年)の定期刊行を開始し、ともにベストセラー、ロングセラーとなる。

平成20年、本社を二見書房発祥の地、千代田区神田三崎町に移転。 [1] 同年発行された「読めそうで読めない間違いやすい漢字」が未曾有の大ブームとなり、シリーズ累計170万部を超え、翌年オリコンで年間販売数1位を獲得。

事故物件怪談 恐い間取り」(平成30年)が話題となり、第2弾発売と同時に映画化され、ともに大ヒットを記録。 また、世相を反映して「自分でできる遺言書」「もしものときのエンディングノート」「高齢ドライバー脳活ドリル」などの実用書がロングセラーとなっている。

『ハニー文庫』(平成26年)、『二見レインボー文庫』(平成27年)、『二見サラ文庫』(平成30年)、『二見ホラー×ミステリ文庫』(令和3年)などを創刊し、さまざまなジャンルでの定期刊行を行っている。

二見書房の社内カンパニー・レーベル[編集]

サラ・ブックス
1974年から出版開始。「刑事コロンボ」シリーズ(ノヴェライズ小説)が大半を占める。現在は絶版だが、出版されなかった「愛情の計算」以外は、後述の「二見文庫」で再発行されている。
他にNBCミステリー・ムービーシリーズ(「警部マクロード」「マッコイと野郎ども」「ミセス・コロンボ」)「エマニエル夫人」「ロッキー」など映画のシリーズ小説(原作またはノヴェライズ)、ユリ・ゲラーやノストラダムスの超能力・予言もの、「景気の波」などビジネス書も発行された。
マドンナ社
従来「サラ・ブックス」シリーズで刊行していた官能小説を分離、「マドンナメイト」で発行する。この「マドンナメイト」シリーズは、1985年に創刊され、文庫本のマドンナメイト、マドンナメイト写真集AV女優の喋り・歌・テレホンセックス風のよがり声から成る「マドンナメイト・カセット」、アダルトビデオ「マドンナメイト・ビデオ」より構成されていた。
1980年代から90年代にかけて『犯された教室』『女子高生 あぶない体操着』『セーラー服 快感の口淫』などを上梓した「麻耶十郎」はスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画コクリコ坂から原作者佐山哲郎のペンネームであったことが、2011年に明かされた。
リヨン社
健康に関する本、詩集エッセイなどを主に発行する。
シャレード
ボーイズラブ小説を主に出版する。
ハニー文庫
男女の恋愛をテーマにし、現代ものを含まない、ラブシーンのある読切作品。ティーンズラブ小説を主に出版する。
すずらんコミックス
成人向けマンガを主に発行する。二見ブルーベリーシリーズと同系。2006年5月末から新刊発行なし。

その他[編集]

かつて営業車にダイハツ・シャレードを使用しており、リアガラス付近に「Charade」のロゴが入ったステッカーが貼られていた。

二見文庫
「ザ・ミステリー・コレクション」、「官能小説シリーズ」他を刊行中。金曜プレステージにて、「女医・倉石祥子」シリーズ既刊2作が、片平なぎさ主演でドラマ化された。
ザ・ミステリ・コレクション
1986年(昭和61年)創刊。リンダ・ハワードアイリス・ジョハンセンなどのロマンス&サスペンス、トム・クランシーローレンス・ブロックなどのミステリ等、海外の翻訳小説を多数刊行。
二見時代小説文庫
2006年創刊。「剣客相談人」、「公事方裏始末」、「与力・仏の重蔵」の各シリーズ他を刊行中。
二見レインボー文庫
2015年に創刊された雑学、実用を中心としたレーベル。
「【文庫版】読めそうで読めない間違いやすい漢字」「童話ってホントは残酷」「子どもって、どこまで甘えさせればいいの?」などを刊行。
二見サラ文庫
1970年代に創刊された「サラ・ブックス」の理念を受け継ぎ、2018年に新レーベル「二見サラ文庫」として創刊。エンターテインメント作品を中心に刊行。
二見ホラー×ミステリ文庫
2021年創刊。「わざわざゾンビを殺す人間なんていない。」「ふたりかくれんぼ」「宵坂つくもの怪談帖」などホラー小説、ミステリ小説を刊行。

脚注[編集]

  1. ^ 二見書房の沿革・歴史」 二見書房公式HP 会社情報より

参考文献[編集]

  • 堀内俊宏『おかしな本の奮戦記』(二見書房 1987年)

外部リンク[編集]