鼻眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
C-ブリッジ型の枠無し鼻眼鏡をチェーンを付けて着用している セオドア・ルーズベルト

鼻眼鏡(はなめがね)は、耳当てのテンプル(ツル)がなく、を挟むことで掛ける眼鏡である。19世紀から20世紀初頭の欧米で流行した眼鏡の種類で、フィンチ型とも呼ばれる。

英語で鼻眼鏡はパンスネ pince-nez とも呼ばれるが、語源はフランス語で鼻を挟むという意味である。今日の英語で アイグラシズ eyeglasses と スペクタクルズ spectacles は眼鏡を指す同義語だが、鼻眼鏡の流行期には鼻眼鏡をアイグラシズ、耳かけはあるが鼻当てのない現代でいう一山をスペクタクルズ、耳かけと鼻当てのある現在一般的な眼鏡を スペクタクレッツ spectaclettes と呼び分けていた[1]

以下、本項では耳にかける眼鏡を耳掛眼鏡と呼ぶ。

概要[編集]

15世紀から17世紀の間に一般庶民に徐々に浸透し、1840年代に現代的な鼻眼鏡が登場した。1880年から1900年にかけて大流行した。

初期は金属製のリム(眼鏡の枠)だったが、次第に枠無し (Rimless) のもの、さらにセルロイド製のものが登場してきた。銀(スターリングシルバー)製のもの、鼈甲製のものも存在した。1879年のカタログでは、鉄製、鼈甲製、ゴム製、金メッキ、銀製、金製の順に鼻眼鏡が紹介され、金メッキ以降が際立って高く根付けられており、鼈甲製は鉄製やゴム製と並んで安価であった[2]。鼻パッドは、初期はブリッジと一体化された金属製のもの、あるいはコルクを貼り付けたものだったが、後年にはセルロイドを添付したものや落下を防ぐために粘着性にしたのもの[3]が作られた。

鼻眼鏡の流行していた当時から、レンズを眼の前に固定する手段としては耳掛眼鏡のほうがずっと優れていることが知られていた。鼻眼鏡の長所として当時言われていたことは、掛け外しの手軽さ、見た目が良く洒落ていること、外見を極力変えずに視力を矯正できることであった。短所として指摘されていたことは、長時間の装用が耳掛眼鏡ほど快適になりがたいこと、顔つきによっては掛けられないこと、そしてレンズが回転してしまいやすいため乱視やプリズムの入ったレンズに向かないことであった[4]。レンズが回転しやすい短所は、C-ブリッジ型の、ブリッジ自体がバネを兼ねる構造によるものであり、それを解消するためにスプリング・ブリッジ型を始めとするブリッジとバネを分離した形式が作られたが、重く不恰好であることが嫌われてなかなか一般化しなかった。鼻の上の落ち着きやすいところに置いただけではレンズと眼との間隔が正しくなるとは限らないことも光学上の問題点として指摘され、当初レンズと同一平面上にあった鼻当てを後方に片寄せたオフセット・ガードも工夫された。19世紀末の書籍では、プリズムが不要で乱視もないか軽い人が適切に調整されたオフセット・ガードつきのものを掛けるならばとの条件つきで、縁無しの鼻眼鏡がもっとも「現代的」で端麗な眼鏡として推薦されていた[5]

右のレンズ脇の金具はハンドル、つまり持ち手と呼ばれた[6]。1912年のアメリカン・オプティカル・カンパニーのカタログには、今日(1912年)の鼻眼鏡のハンドルは単なる紐の取り付け穴と化したものや極端に小型化されたものが一般的になってきており、装飾的なハンドルは減ってきたと記されている。注文時に指定すれば好みのハンドルを取り付けることができたが、製造の始めの段階に関わるので早く指定してもらわないと納期が遅れるとしている。金製の眼鏡では、注文に応じてハンドルに装飾の彫刻を施すこともあった。縁なしの鼻眼鏡では、ハンドルは注文なきかぎり省略された。

ハンドルに鎖や紐を取り付けてかける人(参考右写真)もいたが、鎖などを付けずにかける人々(参考右写真)も多かった。鎖などを付けても鼻眼鏡が鼻から外れること自体は防げないが、外れた後に地面まで落下して破損したり紛失したりすることを防ぐことができる。鎖などの他端を固定する手段としては、耳かけ、服に留めるホック、主に女性用にヘアピンなどが使われることもあった[7]が、中でも一般的だったのは鎖・紐を環状にしてネックレスのように首からかけることであった。当時の肖像写真にも、鼻眼鏡やモノクル(片眼鏡)を首から下げているものが多く見られる。1912年のアメリカン・オプティカル・カンパニーのカタログでは、標準的な鎖の長さを

  • ヘアピン用で229mm(9インチ)
  • フック用で330mm(13インチ)
  • 短いヘアピン用で203mm(8インチ)
  • 耳かけ用で102mm(4インチ)

と記載している[8]

日本では吉田茂後藤新平佐藤春夫らが愛用していたことでも有名である。現代でもハード・ブリッジ型の鼻眼鏡を復刻させて製造・販売することがある。映画『マトリックス』において登場人物の一人であるモーフィアスが掛けていた鼻眼鏡を模したものも販売された。今日の日本でも吉田茂を題材にしたテレビドラマの小道具として当時の様式のものを製作した眼鏡店や、多彩なバリエーションを揃えたフチなし眼鏡のシリーズの一環としてツルなし眼鏡との売り文句で販売している眼鏡店がある。

種類[編集]

C-ブリッジ[編集]

Cブリッジの鼻眼鏡

C-ブリッジ (C-Bridge)は鼻眼鏡のタイプとしては古い、シンプルな機構の型で1820年代から1940年代にかけて広まった。レンズとレンズをつなぐブリッジがCの字を横倒しにした形になっているのが名前の由来である。金属ブリッジ自体のバネ圧によって鼻パッドで押さえ込む。左右の手で左右それぞれのレンズを上下からつまんでブリッジを広げ鼻に当てた後、手を離すとバネが元に戻ろうとする力で鼻パッドが押さえ込まれる。年代が下るにしたがって、ブリッジに使える金属が多様化し、ブリッジが小さくなりデザイン的にも洗練されていった。C-ブリッジは外したときと掛けたときとでブリッジの幅が変わるため、次のような手順で瞳孔間距離すなわちPDを合わせた。フィッティング・セットから使用者に適したブリッジを選び、鼻に合わせて調整した後、かけたままの状態で片方のレンズの内端からもう片方のレンズの外端までの距離を実測する。当時の眼鏡レンズは幾何学中心と光学中心が同一であることが原則だったので今測った距離がその眼鏡のPDに等しい。眼鏡のPDと使用者のPDとを比較し、両者に差異があれば、ブリッジとレンズの間に挟みこまれる金具の幅かレンズの幅かを変更することで両者を一致させた。鼻当てを使用者の鼻の形に合わせて様々なものに付け替えられるようになっていた他、出目か奥目か普通かに合わせてブリッジに対するレンズの奥行きを変える金具も用意されていた[9]

ハード・ブリッジ / フィンガーピース[編集]

ハード・ブリッジ (Hard-Bridge)、もしくはフィンガーピース (Fingerpiece)は、1890年代から1950年代にかけて広まり、鼻眼鏡のタイプとしては一番多く製造された一般的な型である。レンズとレンズをつなぐブリッジは現在のものと変わらないが、左右それぞれに独立した鼻パッドの機構があり、金属コイルのバネ圧によって鼻パッドで鼻を押さえ込む。表のツマミを指で挟むことで裏の鼻パッドを広げて鼻に装着し、ツマミから指を離すと鼻パッドが圧着する。下の写真のように親指と人差し指とでツマミを持つ挿絵が流行当時の書籍にも見られる一方、親指と人差し指だけでは落としやすいとして、ツマミは親指と中指で持ち、人差し指をブリッジに添えるべきだとする書籍もある。片手で持って装着できるという他の鼻眼鏡のタイプには無い利便性もあり、鼻眼鏡の中では一番ポピュラーで広まった型である。ただし、鼻パッドの機構が独立しており、他の鼻眼鏡よりも機構が複雑で調節がしにくく、内部の金属巻線が経年劣化のために折れやすいといった欠点も存在する。鼻眼鏡をかけられる全ての鼻に対応するためには、この銘柄のブリッジを数個、あの銘柄を数個用意するといった間違いを犯さず、一つの銘柄で用意された全てのブリッジを揃える必要があった[10]。1912年のアメリカン・オプティカル・カンパニー社のカタログには、レギューラーブリッジとショートブリッジそれぞれについてブリッジの幅、高さ、張り出しに応じた12種ずつが掲載されている[11]。C-ブリッジと違って掛けたときでも外したときでも幅の変わるのは鼻当てだけでブリッジの幅は変わらないので、かけた状態で眼鏡のPDを実測する必要はなかった。鼻に合ったブリッジを選択した後、そのブリッジに当時標準的だった0アイと呼ばれるサイズのレンズをはめてみてレンズの光学中心の間隔を測り、装用者の瞳孔間距離と比較して、両者に差異があればレンズの大きさを加減して両者を一致させた。例えば、前者が後者より1mm狭ければ、1mm大きい00アイのレンズにすることで一致させた。数ミリ以内の差異であれば規格サイズのレンズへの交換で吸収できたが、差異が大きい場合は規格外のレンズを作成して対応した[12]

スプリング・ブリッジ[編集]

縁無しのスプリング・ブリッジ型

スプリング・ブリッジ (Spring Bridge)は、1890年代から1930年代にかけて広まった型で、両レンズの最上部をコイルスプリングで結んでいるもの。装着方法はC-ブリッジ型と同様に両手でレンズを持ってスプリングを伸ばして装着する。C-スプリング型の、レンズが回転してしまい斜位や乱視の矯正が正しくできない恐れがある欠点を解消すべく作られた型である。乱視矯正(astigmatic correction)を可能にするものであることから、astigs とも呼ばれた[13]

オックスフォード眼鏡[編集]

オックスフォード眼鏡 (Oxford spectacles、または略してOxfords)は、1930年ごろに広まった型で、19世紀にオックスフォード大学教授が誤って持ち手を折ってしまった柄付き眼鏡(オペラグラスの一種en:lorgnette)に鼻パッドとスプリングをつけて鼻の上に載せたのが始まりとされる。ただし、その証拠となるようなものはなく、噂話の域を過ぎるものではない。形状・機構としては上述したスプリング・ブリッジ型に近く、スプリングの代わりに一本の細い金属板で2つのレンズをつないでおり、その板バネの力で鼻パッドが鼻を押さえる。その多くは半分に折りたたんで留める事ができ、長いチェーンで首から提げたり、革ケースなどに入れて小さく携帯しやすいように作られている。その機構上から枠無しのものは作れない。

ギャラリー[編集]

鼻眼鏡の人物が珍しくなかった時代もあるため、鼻眼鏡が当時これらの人物の個性と捉えられていたとは限らない。鼻眼鏡の流行期の人物であれば、鼻眼鏡をかけていることはその人物の個性としてよりもその人物の生きていた時代の風俗と捉えるべきである。

商品及び役務の区分[編集]

商標法施行規則に定める商品及び役務の区分では、鼻眼鏡およびその関連品は次のように位置づけられている。強調は引用者による。

  • 第九類
    • 十 眼鏡
      • (一) 眼鏡
        • 運動用ゴーグル コンタクトレンズ サングラス 水中マスク 水中眼鏡 鼻眼鏡 普通眼鏡 防じん眼鏡
      • (二) 眼鏡の部品及び附属品
        • コンタクトレンズ用容器 つる 鼻眼鏡のマウント 鼻眼鏡用鎖 鼻眼鏡用ひも 眼鏡ケース 眼鏡ふき レンズ 枠

類似のもの[編集]

鼻載せ眼鏡 (Nose spectacles)
鼻眼鏡、さらには眼鏡の原型。15世紀から18世紀にかけて作られた。鼻パッドは無いか、あるいは簡素なもので調整できず、単純に鼻の上に載せて使用された。鼻を押さえる機構がないためにフィンチ型とは区別される。当然のことながら装着して歩いたりすることはできず、室内で読書をする時のために使われた。

コメディ・グッズとしての鼻眼鏡[編集]

グルーチョ眼鏡

一般的なツル付き眼鏡に鼻がついているもの。ほとんどが黒縁で独特の眉毛口ヒゲもついていることが多い。

元々はコメディ俳優グルーチョ・マルクス(Groucho Marx)の扮装を模したもので、海外では文字通りグルーチョ眼鏡(en:Groucho glasses)と呼ばれる。(他にfunny glasses等の呼び名もある)

現在でも宴会芸等で需要があり、パーティー・グッズとして安価に売られている。

日本のドリフ世代以降、あるいはマルクス兄弟などの喜劇映画を好んでいた世代にとっては、「鼻眼鏡」と言う言葉は即座にお笑いに直結する。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 9-15. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich. 
  2. ^ Goldbacher, Ernes (1879). 1851-1878 illustrated catalogue and price list of optical, meteorological and mathematical instruments manufactured and imported. New York : E. Goldbacher. p. 31-41. https://archive.org/details/04331200R.nlm.nih.gov/page/n35. 
  3. ^ Pince-nez - The eyewear that got a grip.”. the College of Optometrists. 2018年6月23日閲覧。
  4. ^ Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 26. https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil. 
  5. ^ Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 42. https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil. 
  6. ^ American Optical Company (1912). (Catalog) American Optical Company. American Optical Company. p. 156-157. https://archive.org/details/109550Watermarked/page/n145. 
  7. ^ American Optical Company (1912). (Catalog) American Optical Company. American Optical Company. p. 288-302. https://archive.org/details/109550Watermarked/page/n271. 
  8. ^ American Optical Company (1912). (Catalog) American Optical Company. American Optical Company. p. 290. https://archive.org/details/109550Watermarked/page/n271. 
  9. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 30-32. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich. 
  10. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 32-34. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich. 
  11. ^ American Optical Company (1912). (Catalog) American Optical Company. American Optical Company. p. 142. https://archive.org/details/109550Watermarked/page/n133. 
  12. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 33. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich. 
  13. ^ Pince-nez - The eyewear that got a grip.”. the College of Optometrists. 2018年6月23日閲覧。

関連項目[編集]